京都母殺害事件の真実!裁判官も涙した判決

事件内容は認知症の母親の介護で生活苦に陥り、母と相談の上で殺害したというもの。 片桐被告は母を殺害した後、自分も自殺を図ったが発見され一命を取り留めた。 裁判では検察官が片桐被告が献身的な介護の末に失職等を経て追い詰められていく過程を供述。 認知症の母親を殺害した息子の理由を知ったとき、裁判官も涙をこらえきれず。 目を赤くした東尾裁判官が言葉を詰まらせ、刑務官も…

続きを読む

日本は目の前の危機に気づけていない。

虎ノ門ニュースから、ジャーナリストの有本香氏が北朝鮮の核問題について、マスコミが北朝鮮に力を貸していることになっていると批判した。 有本香「目隠ししてる人に対して私が匕首を突きつけたとするよね。 でも本人は見えないわけよね。 遠くから構えていた武器をここ(近く)で持った場合、本当に危機にあるわけでしょ。だけど目隠しで見えない。今の日本ってそういう状態ですよね。 …

続きを読む

菅官房長官の記者会見、東京新聞の望月衣塑子記者が「金正恩の要求をどうして飲まないのか」と追及する

東京新聞、 望月衣塑子記者の菅官房長官への質問 「アメリカは21日から始まっている合同演習で2万8千人の兵力を動員していますが、北朝鮮を叩いたり、金委員長の断首計画を行ったり、またレーザーに映る飛行はしないようにと求めております。金正恩委員長が再三に渡ってアメリカサイドに要求していることです。こういうことを実際にアメリカで米韓合同演習で続けていることが金委員長のICBMの発射を促し…

続きを読む

サンデーモーニングここまでくると異常な偏向報道

金正恩は、Jアラートで慌てふためく日本人の様子を面白がって見ていたらしい。 元共同通信ソウル特派員がサンデーモーニングで飛んでも発言をしています。 1:43:47秒のあたり 以下net geek引用 青木理「今の米朝の対立も分断も日本は歴史的な責任から逃れられないと思うんですよね。 歴史を考えたときに単に北朝鮮と対峙しているだけでなく、どう向き合うかっていうのは…

続きを読む

シルバーバーチの霊訓

ホリスティック医学は西洋医学に代わる医療として期待されていますが、数あるホリスティック医学の中でも近年のブームとともに関心の高まっている分野にスピリチュアルがあります。 スピリチュアルの基本にあるスピリチュアリズムの考えは、「シルバーバーチの霊訓」と言われる記録が根幹にあると言われています。 その内容は人間の本質、大宇宙の摂理をはじめ、多くの「霊的真理」が述べられています。 …

続きを読む

獣医師たちの会費支払い拒否をり上げたテレビ局はゼロ

記事引用 netgeek 加計学園問題にかかわるメディアの偏向報道について、建築費水増し疑惑やワインセラーの問題ばかりが不公平に取り上げられている。 獣医師連盟に不信を抱いた愛媛県の獣医師たちがボイコットを起こしているということは産経新聞が報じた通り。 本来であれば加計学園問題の顛末としてテレビ局も真っ先に取り上げるべきなのだが、このビッグニュースを報じた局は皆無だった。最…

続きを読む

マスコミでは報道されていない硫黄島での日本陣青年の手紙

米国司令官が全米各地を公演して必ず話していたことは、 硫黄島の戦いで一か月近く激戦を繰り広げ、多大な犠牲者を出したアメリカ軍が硫黄島を占領した翌日3月16日、摺鉢山近くの岩山の穴から片足を失った日本の陸軍少佐が降状のしるしのハンカチを揚げて出てきてこう言いました。 「司令官はいないか。穴の中にまだ有能な30名の青年たちが残っている。彼らを日本のために世界のために生かしてやりた…

続きを読む

心の病気

ストレス社会といわれる現代、日本では心の病が急増していると言われています。心の病気にはうつ病をはじめ、パニック障害、摂食障害、神経症などさまざまな種類があります。中で最も多いのがうつ病で、小学生からビジネスマンまで幅広い年代に広がっています。 一般的に近代医学による心の病気の治療では、薬物療法やリハビリ療法、精神療法などを中心に行われています。近年では医学の進歩より、以前には打つ手…

続きを読む

海外の有名機関企業が、韓国人、中国人の採用を禁止

中国や韓国の個人、企業は共にパクリ、スパイ捏造体質がある。 これになれない日本企業がどれだけの被害を被ってきたかは見当もつかない。 それによって傾いた企業など枚挙にいとまがないほどだ。 最近、それは日本だけではなく世界レベルに拡大してきた。 軍事機密、ハイテク技術のぱくりは、大変な時間と莫大な研究開発費の節約となる。 その投資の回収が出来ないうちに、パクリメ…

続きを読む

がん

ホリスティック医学の中にはがんの治癒に効果的なものが多くあります。中でもスピリチュアルな医療は、過去の有名な医師が末期がん患者を治癒したことでも知られています。 がんは日本の国民病と言われています。昭和56年より現在まで、日本人の死亡原因は「がん」が1位を占めていることからもがん患者の多さが分かるでしょう。 日本では長い間がん治療の研究が進められ、今日ではがん…

続きを読む

ああ