「45歳女性は結婚できますか?」という相談から見える過酷な婚活市場 「見合いを申し込んでくるのは50~60代ばかり」など

ヤフー知恵袋に4月中旬、「45歳の女に結婚は無理でしょうか」という質問があった。質問者は、正直結婚したいが、今まで彼氏はできても結婚まで至らなかったという。外見は悪くないというものの、結婚相談所でも街コンでも望むような出会いはなかったそうだ。 「もう、生涯独身を覚悟しなきゃいけない年齢でしょうか?」 「もし、そうだとすると今の職場だと雇用形態もお給料も不安が広がります」 と不安を吐露。この質…

続きを読む

男女関係Comment (0)

恋愛がわからない、性的なことが気持ち悪い…アセクシャル女性の告白

 年頃になったら誰かに恋するのが当たり前――という従来の“常識”が揺らいでいます。恋愛感情も性的欲求も抱かない、「アセクシャル」と呼ばれる人が最近少しずつ増えているようです。  そういう人は以前からいたのでしょうが、口に出さなかったり、もっと昔(明治以前とか)は恋愛なしで結婚して普通に生きていく人もいたでしょう。 画像はイメージです  アセクシャルの胸のうちはどんな感じなのでしょうか。「…

続きを読む

男女関係Comment (0)

「有休とれ!」コロナショックで会社が強制、「どこにも行けないじゃん」嘆く労働者

新型コロナウイルスの影響で、企業活動に大きな影響が出ている。必然、働く人にもしわ寄せがきている。 旅館の客室係をしているという女性は、弁護士ドットコムのLINEに「客数が減った」と体験談を寄せた。 「今月はもともと9日の休日数でしたが、お客さまが来ないので、追加で有給休暇も4日とるように言われました」 同僚とは、「コロナが終わったあと、有休がなくなったらどうするんだ」などと話をしているそう…

続きを読む

会社の出来事Comment (0)

海外反応 大阪市長が「女性は買い物時間が長いから男性が行く方がいい」と発言、中国ネットで話題に

2020年4月24日、新浪新聞の微博アカウント・頭条新聞は、新型コロナウイルスの感染防止対策として、女性は買い物時間が長いから男性が行く方がいいと大阪市長が発言したと伝えた。記事は、大阪の松井一郎市長が23日、記者会見で「女性は商品をよく選ぶので買い物に時間がかかるが、男性は買うように言われた物を手にしたらすぐに買うので店内にいる時間が短くなる」との趣旨の発言をしたと紹介。日本のネットユーザーか…

続きを読む

生活Comment (0)

「コロナに感染して死ね」 旦那デスノートで爆発する妻たち…弁護士は「リスク高い」と警鐘

新型コロナ感染拡大防止のため、夫婦で過ごす時間が増えた家庭は少なくない。しかし、家にいる夫に対して不満を募らせる女性たちもいる。 そんな女性たちが夫に対する「毒」を容赦なく吐き出すことができる場所がある。それが、夫に「死んでほしい」という願いを書き込むサイトだ。「旦那デスノート」と呼ばれている。実際に「旦那デスノート」に書き込んだ後、夫が体調を壊すなどの「効果」があったという喜びの投稿も複数寄…

続きを読む

法律Comment (0)

外出自粛“家飲みゲンカ”平手打ちで妻が死亡 夫がキレた一言

「ガン!」  平手で殴り倒した妻の頭は床に打ちつけられ、鈍い音を響かせた。だが、直前の妻の言葉に激高した夫の耳には届いていない。 「またふざけて、死んだふりでもしてるんだろう……」  起き上がらない妻を横目に酔ってテレビを眺める夫。数十分後、ようやく異変に気付くと、焦って電話を掴み119番を押した――。 ◆◆◆  事件は4月5日夜、東京・江戸川区の篠崎駅近くのマンションに住む、初老…

続きを読む

事件Comment (0)

「法や金は君の体を守ってはくれない」 バイク事故で“足が4つに折れた”漫画家が体験レポで伝えたいこと

 壮絶なバイク事故の経緯と、その後の出来事をまとめた漫画「漫画家の足が4つに折れた日」が注目を集めています。作者は『ブレイクブレイド』を連載中の吉永裕ノ介さん。最後のコマの言葉が、とても重い。 【漫画】足が4つに折れた漫画家の体験レポ(1/8)  意識が戻った時にはストレッチャーで搬送され、地獄のような痛みを感じたという吉永さん。事故は十字路の交差点で発生しました。  走行中の道路には路上…

続きを読む

事故Comment (0)

在宅勤務中に上司から出社命令 与えられた条件が「バイオハザード」

(hanohiki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)ツイッターユーザーのダーウィンズかなべるさんが22日、在宅勤務の中、上司から来た指令をツイートした。その内容にリプライ欄では「どうかご無事で…」といった声が寄せられている。■まさに「バイオハザード」 上司から、在宅勤務中申し訳ないが仕事に必要な道具を会社で受け取って持ってきてほしい。会社内で昨日感染者が見つ…

続きを読む

会社の出来事Comment (0)

コロナ労働相談に5000件、弁護士らが危機感「数カ月で大量の失業、廃業」「うめき声は阿鼻叫喚に」

NPO法人や弁護士などでつくるグループが4月23日、新型コロナウイルスの影響で困窮する人たちに継続的な現金給付をおこなうなどの措置を求めて、厚生労働省に緊急要望書を提出した。 4月18日、19日に実施した電話相談会には全国から約5000件の相談が寄せられたことを受けてのもの。電話は開始から終了まで鳴り続け、「家賃を払うと所持金が尽きる」、「収入が途絶え生活が苦しい」など悲痛な声が相次いだという…

続きを読む

社会Comment (0)

人気記事