手作りマスクの“ゴムの代用品”を考えてみた…100均アイテム、手編み、古着のリメイクなどのアイデアに「その発想はなかったw」「ありがたい」の声

 今回紹介したいのは、Minlyさんが投稿した『【100均】マスクゴム不足解消!手作りマスクに今すぐ使えるアイデア集』という動画です。投稿者メッセージ(動画説明文より)コロナウィルスと花粉対策の影響でマスク不足の中、手作り派が増えましたが 今度は店頭から手芸用ソフトゴムが消えました。 いろいろと代用できるものはないか試したおすすめアイテムを紹介する動画になります。 少しでも早くこの状況が収束され…

続きを読む

雑学Comment (0)

週に1回以上カップめんを食べる人は2割強、最もよく食べるのは「昼食時」

 マイボイスコムは4月20日、「カップめん」に関するインターネット調査の結果を発表した。調査は、3月1~5日の期間に実施。1万186人から回答を得ている。調査によれば、調査対象者の9割弱がカップめんを食べており、週に1回以上食べる人が2割強、30代の男性で4割弱に達したという。【画像付きの記事はこちら】  普段食べるカップめんの種類として(複数回答)、「カップラーメン」が91.6%、「カップ…

続きを読む

食品Comment (0)

教室や職場「着替えの盗撮」規制できない? 秋田県・改正条例に「立法ミス」の指摘も

盗撮行為などの規制強化を目的とした秋田県の改正迷惑防止条例が4月1日に施行された。 改正前の規制場所は「公共の場所」や「公共の乗り物」などとしていたが、改正後には「事務所、教室、貸切バスその他の特定かつ多数の人が集まる場所又は利用する乗物」が追加された。 また、盗撮目的で写真機等を差し向ける行為や設置する行為も規制されることになった。 ●改正の背景 秋田県では、2019年4月、秋田市の中…

続きを読む

法律Comment (0)

緊急事態宣言でも「稟議申請・決裁は紙」が3割 「押印の文化が根強く,オンライン決裁の妨げになっている」という人も

エイトレッドは4月20日、「テレワーク時の稟議の実態」に関する調査結果を発表した。調査は、4月15日~16日に同社運営「ワークフロー総研」を通じインターネット上で実施。東京にあるテレワーク導入企業で働く会社員324人から回答を得た。 現在、勤め先での主な稟議の申請・決裁方法を聞くと、最も多かったのは「システムでの申請・決裁」で43.5%。次いで「紙媒体による申請・決裁」(31.2%)で、約3割…

続きを読む

会社の出来事Comment (0)

麻薬取締官も驚いた、女子中学生が大麻に手を染めた裏事情

反社勢力と結びつきそうもない「普通の人」が、なぜ薬物に手を染めるのか。元厚労省麻薬取締官の瀬戸晴海氏は「日本は『アジア最大の覚醒剤マーケット』と呼ばれ、薬物汚染が深刻化している。日本人は薬物に対する警戒感や危機意思が足りない」という——。 ■深刻化する日本の「薬物汚染」 ——麻薬取締官について、教えてください。 厚生労働省の麻薬取締部(通称マトリ)は、薬物の取り締まりを任務とする国の捜査機関です…

続きを読む

学校・教育Comment (0)

生え際は狙われている 豆苗が再生してこない原因を目撃!犯ニャンは……

 価格が安定していて使い勝手の良い豆苗。パックを買ったら大概の人は2~3回くらいは再生させて、ある程度伸びたところで料理に使う人も多いかと思います。しかし、どういう訳かなかなか再生してこないという状況が。その原因に、多くの心当たりがある人たちが「あるある」となっています。 【さらに詳しい元記事はこちら】  「豆苗の再生が進まない理由がわかった。生えてくるなり猫が全部食ってた」と、その現場の写真…

続きを読む

動物Comment (0)

「無理難題が多すぎる」この時代に……“毒にも薬にもならない本”が注目されたワケ

 とりあえず飲食店は休んでね、特に休業補償とかはしないけど。あ、あと、通勤者は7割減らしてね――とかく無理難題の多い今日この頃。そんな中、ズバリ『無理難題が多すぎる』(文春文庫)という本が密かに注目を集めていることをご存じだろうか。 4年前に刊行された本がなぜ今?  著者は「週刊文春」の連載コラム「ツチヤの口車」でお馴染みの土屋賢二さん。同コラムをまとめた本書が刊行されたのは、4年前だが、な…

続きを読む

社会Comment (0)

かつや、テイクアウト専用“わんぱく盛り”「全力飯弁当」展開、「生姜焼丼から揚げチキンカツ弁当」「回鍋肉丼から揚げチキンカツ弁当」など4品

かつや「全力飯弁当」4品 とんかつ専門店「かつや」は4月20日から、テイクアウト専用「全力飯弁当」の販売を開始した。国内店舗のうち104店舗限定販売、全4種類で各750円(税別)。在庫がなくなり次第終了する。「全力飯弁当」は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止による外出自粛から、テイクアウト需要が高まっていることを受け開発したもの。「生姜焼丼から揚げチキンカツ弁当」「回鍋肉丼から揚げチキンカ…

続きを読む

食品Comment (0)

自民党が少子化対策で“100万円の誕生お祝い金”を提言…それでも解消されない出産・育児の不安とは

 「出産時に少なくとも100万円、しかも子どもが増えると手厚くなるという、思い切った“誕生お祝い金”として、新たな給付の新設を提言した」。  自民党は14日、5年ぶりの見直しが迫る政府の少子化社会対策大綱に対し、独自の緊急提言をまとめた。第一子の誕生に際しては“お祝い金”100万円を支給、児童手当の支給対象は高校生まで拡大。また、多子世帯への増額、高等教育を無償化。さらに妊活・不妊治療への支援…

続きを読む

社会Comment (0)

周囲は不快、本人無自覚? クチャクチャ食べる「クチャラー」は治せる?

 食事中に「クチャクチャ」と音を立てて食べる人のことを指す「クチャラー」という言葉があります。 ネット上では、クチャラーの人と食事をした経験のある人から「とにかく、そしゃく音が不快」「正直、もう一緒に食事したくない」と辛辣(しんらつ)な声が上がる一方、クチャラー側からは「指摘されるまで自覚がなかった」「治すよう言われてもピンとこない」という声が出ています。 ほかにも「5歳の息子がクチャラーなので…

続きを読む

マナーComment (0)

人気記事