言 葉 の 力

多くの人は言葉の力を過小評価しています。

人に聞こえないところで隠れて、ねたみの言葉を言っても、
その影響は自分に跳ね返ってきます。

ねたみは他人の成功を否定する行動です。

他人の成功を否定するという「表現」は必ずや、自分の成功をじゃまします。

ねたみをの言葉を吐いている人は、決して成功しないのです。

当然、自分のことを否定する言葉を吐いている人も決して成功しません。

自分は謙遜のつもりなのでしょうが、
「いえ、いえ、私はそんなことできませんよ。」
と言う人がいます。この人は、決して「そんなこと」はできません。

自分で否定しているのですから、間違いありません。

謙遜している人も決して成功しないのです。

良い表現、明るい表現、建設的な表現の後に、
必ず「しかし、~」と否定的な表現をする人もいます。

この人も決して成功しません。

なぜならば、せっかく建設的なことを言っているのですが、
それを「しかし」でうち消して台無しにしているからです。

「しかし」という逆説の言葉は要注意です。

前の表現よりも、後の表現の方が強調されるからです。


幸福になる言葉
人を幸福にする言葉があります。

「良かったね。」「うれしいね。」「楽しいね。」「幸せだなあ。」「気持ちいいなあ。」

人を成功に導く言葉があります。「運がいい。」「ついてる。」
「ラッキー。」「うまくいくよ。」「ありがとうございます。」

人の潜在能力を引き出す言葉があります。

「すごいね。」「さすが、君だね。」「すばらしい。」

人の心と体をゆっくりとリラックスさせる言葉があります。

「ゆっくりいこうよ。」「ゆったりしようよ。」「やさしいね。」
「柔らかく。柔らかく。」「ゆたかだね。」「休もうよ。」

疲れたときはがんばらなくていいんですよ。

どの言葉を使うかはあなた次第です。


この記事へのコメント