韓国政府が最も暴露されたくない第五種補給品とは、

2017y07m06d_031214761.jpg

渡邉哲也氏が、YouTubeで公開した動画が、

衝撃的な情報として、大きな話題となっている。


「第五種補給品」とは慰安婦のことで、朝鮮戦争当時、

韓国軍は女性たちをドラム缶や鉄製の桶に入れて韓国軍、

米軍、国連軍に慰安婦として「供給」していた。


これは韓国軍の正式文書の中に「○○基地に第五種補給品を20缶供給」

などというかたちで出てくる記述であり、

韓国軍が慰安婦に対して使用していた正式名称である。


慰安婦について語られるとき、よく日本統治時代に

「女性たちがジープに詰め込まれて運ばれた」

「旧日本軍によって拉致された」などといわれるが、

高級品であるジープは当時ほとんど走っていなかった上、

韓国軍が陣頭指揮をとって行っていたというのが事実なのである。


この記事へのコメント

人気記事