福士蒼汰がBLEACH実写版映像解禁

screenshot.17.jpg

佐藤信介監督の映画『BLEACH』(2018年夏公開)の初映像が7日、解禁

主人公・黒崎一護を演じる福士が、
原作通り髪の毛をオレンジ色に染め上げた姿が公開されたばかりだが、
映像では死神だけが使うことができる刀“斬魄刀(ざんぱくとう)”を一振りして、
虚(ホロウ)と呼ばれる悪霊の腕を切り落とす姿が収められている。



佐藤監督は福士の“死神”姿について、
「はじめて死覇装を着た福士さんを見たとき、
『一護があらわれたな』と思いました」とその佇まいを絶賛。

「人間が死神に“ならされちゃった”話ですが、和装なのにオレンジ髪で、
でかい刀を持っていても、『着てやってらぁ』『やってやったるよ』
というようなブレない余裕を感じて。

キャラとしてもそういう一護であってほしかったので、
これはいけると直感しました」と自信を覗かせている。

福士蒼汰(黒崎一護役)コメント
一護の斬魄刀はどデカイ刀なので、日々振り回してまずは慣れることを考えました。

斬魄刀での攻防は予想以上に大変でしたが、見応えのあるアクションになっていると思います。

監督とCGチームが作り上げる虚が、映画のスケールをさらに大きくしてくれると思います。

一護と虚の対決、魅力的なキャラクターたちの登場を楽しみにしていてください。

この記事へのコメント

人気記事