マスコミでは報道されていない硫黄島での日本陣青年の手紙

screenshot.23.jpg

米国司令官が全米各地を公演して必ず話していたことは、

硫黄島の戦いで一か月近く激戦を繰り広げ、多大な犠牲者を出したアメリカ軍が硫黄島を占領した翌日3月16日、摺鉢山近くの岩山の穴から片足を失った日本の陸軍少佐が降状のしるしのハンカチを揚げて出てきてこう言いました。

「司令官はいないか。穴の中にまだ有能な30名の青年たちが残っている。彼らを日本のために世界のために生かしてやりたい。私を殺して彼らを助けてほしい」

この少佐を引見した第五艦隊レイモンド・スプルーアンス司令官は、

「お前も部下たちも助けてやろう」 「サンキュー」といい息を引き取った。





その後、アメリカ軍は青年達が残っている穴の中に煙草や缶詰を投げ入れて、穴から出てくるよう何度も勧告しますが、彼らは全く応じずに抵抗をつづけました。

5月になっても日本兵達は抵抗を続け、やがて何名かが餓死し、最後に残された者たちは手榴弾で自決して果てました。

その爆発音でスプルーアンス司令官自身が穴に行くと、穴の入り口に英語と日本語で書かれた手紙が置かれていました。

「閣下の私達に対するご親切なご厚意。真に感謝感激に堪えません。
閣下により戴きました煙草も肉の缶詰も皆でありがたく頂戴いたしました。お勧めによる降状の儀は、日本武士道の習いとして応ずることができません。
最早水もなく食もなければ、十三日午前四時を期して、全員自決して天国に参ります。

終わりに米軍の武運長久を祈って筆を止めます。

昭和二十五年五月十三日日本陸軍中尉 浅田真二米軍司令官スプルーアンス大将殿」

戦後、スプルーアンス大将は全米各地を公演して必ず話していたことがあります。

「アメリカの青年達よ。東洋には素晴らしい国がある。それは日本だ。日本には君たちが想像もつかない立派な青年がいる。ああいう青年がいたら、やがて日本は世界の盟主になるに違いない。奮起しろ」と。

この話はマスコミでも報道されず、学校でも教えず、ほとんどの日本人が知らない話です。
ああ

この記事へのコメント