菅官房長官の記者会見、東京新聞の望月衣塑子記者が「金正恩の要求をどうして飲まないのか」と追及する

screenshot.13.jpg

東京新聞、 望月衣塑子記者の菅官房長官への質問

「アメリカは21日から始まっている合同演習で2万8千人の兵力を動員していますが、北朝鮮を叩いたり、金委員長の断首計画を行ったり、またレーザーに映る飛行はしないようにと求めております。金正恩委員長が再三に渡ってアメリカサイドに要求していることです。こういうことを実際にアメリカで米韓合同演習で続けていることが金委員長のICBMの発射を促しているとも言えると思います。アメリカ側もしくは韓国側と合同演習の内容を金委員長の要求に答えるように冷静になって対応するようにと、そういう働きかけは日本政府はやっているんでしょうか?」





菅官房長官
「我が国としては日米の強力な同盟の中で国民の安全を守っていくと。万全の体制に取り組んでいます。その内容については北朝鮮の委員長に聞かれたらどうですか?」


評論家の石平太郎さんは、この質問に対し、

ヤクザが民家の上に向け銃の一発を撃った後、別の人がやってきて「親分の話を聞いた方が良いよ」と言うなら、それは「恫喝の連携プレー」に違いないが、北朝鮮は日本の上空にミサイルを撃った直後、東京新聞の望月記者が「金正恩委員長の要求に応じろ」と政府に迫ったのは、それと同じ構図ではないか。

望月記者についてはこれよりも前に、質問の場で長々と政権批判の演説をするとして批判の声が高まっていた。

その姿はもはやジャーナリストというより左翼活動家。

ああ

この記事へのコメント