【ゴゴ通信】韓国メディア「茶道は朝鮮半島に影響を受けた 漢字と仏教も韓国から来た」と報じる

screenshot.11.jpg
1: ■忍法帖【Lv=9,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb

【簡単に説明すると】
・韓国メディアが茶道は朝鮮半島の影響を受けたと紹介
・『利休にたずねよ』という小説にその一文が
・漢字と仏教も韓国から?

韓国メディアが「日本が誇る茶道は朝鮮半島に影響を受けたもの」という記事を公開していたので紹介したい。
東亜日報に公開されたその記事によると、茶道は日本文化として紹介される。建築から書道、絵画、陶器、生け花、衣服、懐石料理、
お菓子などが網羅されているからである。

こう書いている日本の茶道が好きなこの記者は1冊の日本の小説に出会った、それは『利休にたずねよ』という小説。

『利休にたずねよ』は2008年権威ある文学賞である直木賞を受賞し、日本茶道を完成した千利休(1522~1591)の生活を扱った小説である。
千利休は日本の美意識の頂点とされる。

小説の中には千利休が確立した美の原点に、朝鮮から拉致された女性と彼が残した綠釉(リョクユウ)の向かいにあると書いた。
もちろん作家である山本兼一の想像である。しかし、意味するところは明確である。日本の茶道と美意識が韓半島の影響を受けたものである。

更にこの記者は「同作が2013年に映画化された際に右翼が強く反発した。日本が世界に誇る茶道文化が朝鮮半島から影響を受けたことを認めたくなかったのだろう」と書かれている。

この記者は「いきなりある日突然、茶道文化が生まれるはずがない。
茶道文化は中国で発展し生まれ、韓国を経て日本に入ったと考えるのが自然だ」としている。

しかし、この小説で書かれている内容はあくまで一部想像やフィクションが入っている。
そのほかにもこのニュース記事は「漢字と仏教は朝鮮半島を経由して伝えられた」としている。

(以下略)

ゴゴ通信
http://gogotsu.com/archives/34825





49: 名無しさん@おーぷん

>>1

んで、韓国茶はどれくらい種類がおありで?


44: ケサラン◆6c3T18WtTLBI

日本の作動は、茶を点てた本人が呑んだりしない


45: 名無しさん@おーぷん

また起源の主張かよ
芸のねぇ野郎だ


46: 名無しさん@おーぷん

>>43
つーか馬鹿チョン、仏像がらみで倭冠(日本人)に奪われたニダ!と言ってるし

阿呆かキチガイがとしか


47: 名無しさん@おーぷん

半島にそんだけの文化があったなら昔の日本人は命懸けで中国大陸に行ってねえよ


48: 名無しさん@おーぷん

そんなことより仏像返せよ
この盗人野郎


50: 名無しさん@おーぷん

また、ウリナラ起源説ですかw
朝鮮人も芸がねえなあ


51: 名無しさん@おーぷん

起源主張するんなら、何故その文化が韓国に欠片も残ってないかの説明も併せてやれ
何もかも焼き付くした超時空間兵器HIDEYOSHIのせい以外でな


53: 名無しさん@おーぷん

基本中国起源でしょ
韓国は通過点
これがほぼ9割強なんじゃないのかね


54: 名無しさん@おーぷん

漢字を教えてやったという割には、漢字捨ててますねw。


55: 名無しさん@おーぷん

韓国の古墳から日本製の土器がみつかったのは
どういう解釈になったんだろ?


56: 名無しさん@おーぷん

ドラえもんもピカチュウも韓国起源だろ


59: 名無しさん@おーぷん

あんな国じゃなかったら一つの説として素直に受け入れられるんだがな。
ネパールだったりインドだったりしたらロマン感じるんだが。


61: 名無しさん@おーぷん

おまエラの先祖は、いにしえの半島の外れ大陸との間あたりの辺境で、追いはぎやってたんだろ。
三国志の魏志倭人伝だかに載ってなかったっけ。


62: 名無しさん@おーぷん

>>30
日本の仏教の漢字の読みは「呉音」
仏教は大陸の南方から直接来たのじゃよ

朝鮮半島は関係ない


63: 名無しさん@おーぷん

小説がソースなら今頃日本は個人で軍隊を倒せる女子高生やら
超能力者やらであふれかえっているはずだが……

それといつも思うに〇〇は韓国が起源だ、と主張する割には
韓国人には侘寂もおもてなしの心もない


65: 名無しさん@おーぷん

茶道は日本固有のものであり、他国には存在しません。
韓国人は、茶道・花道等の歴史すら知らずに捏造するんだね。


66: 名無しさん@おーぷん

半島にも製品としての茶の持ち込みくらいはあったよ。宗主国から下賜されてただろ。だけど文化的な何かを生み出すのは、高価で少量の下賜品の茶では当然無理。

寒冷な半島で茶の木が栽培可能になったのは日本の委託統治下以後。茶にまつわるあれこれは単なるいつもの日程残滓をフィクションで糊塗しようとの無駄な試みでしかない。


74: 名無しさん@おーぷん

>>40
そもそも古くは朝鮮半島の大部分は漢に併合され、
日本は漢との直接を交流を盛んに行っていたわけで、
そこに割り込んで来たのが高句麗や百済。

そこで争いがいろいろあって ”わざわざ半島を避けて” 遣唐使や遣隋使が出されるようになった、
史実としては日本は朝鮮を避けるようになったってのが正しい。


79: ■忍法帖【Lv=14,まほうつかい,Fbp】

>>74
そんな無理してどうこういう必要はないですよ。
少なくとも日本で仏教云々言ってる時代には、
すでに楽浪郡は高句麗に滅ぼされている。

一方、日本はその時代は半島南部に勢力圏を築いている時代。
なんでわざわざそんな場所に勢力圏を築いていたかといえば、
半島から鉄や技術を導入するメリットがあったから。

隋や唐が出来る前は、中原は統一されておらず中華圏との交流先も安定しなかったという事情もある。
そもそも、国境を陸地で接する百済や新羅と交流がなかったと無理に言うほうがおかしい。
任那滅亡、そして王子を人質にとっている百済滅亡までは、
日本は半島に出先があったも同然なので。


91: 名無しさん@おーぷん

>>79
中国に茶道と呼べるものは無いよ
茶を飲むための道具等までの文化と
茶会などを嗜む文化には発展したけどね。
日本の茶道とはまったく異なるし「道」に該当する領域までには至っていない。


75: 名無しさん@おーぷん

そもそもね、お茶の木は朝鮮半島では自生出来ないので存在していない
それともう一つ重要な事として、茶道以前に茶葉は中国から医療として持ち込まれた。
これは紀元前・紀元後の頃の中国の神農書に書かれている。
日本に持ち込まれ医療として活用され続けた後に茶道へと発展したので日本固有の文化となっている。


86: 名無しさん@おーぷん

日帝が全て奪い去ったわりに
なぜかある日突然、文化の起源だった資料がでてくる国


この記事へのコメント

人気記事