【大相撲】<貴乃花親方が沈黙守る理由…>妻明かしていた“封印された真実”

1: Egg ★

10月に起きた平幕力士・貴ノ岩(27)への暴行事件。加害者の横綱・日馬富士(33)は11月29日に引退を発表したが、騒動は収束するどころか日本相撲協会と貴乃花親方(45)のバトルへと発展してきた。
貴乃花親方は貴ノ岩が暴行されたことを受け、警察に被害届を提出。いっぽう相撲協会には連絡せず、危機管理委員会の調査協力を拒否してきた。

そんななか女将である花田景子さん(53)は全国で講演を行ってきた。11月11日には茨城県を、11月14日には北海道を訪問。夫が沈黙を守るなか粛々と講演を続けてきた。
だが、それも限界だった。11月23日に愛媛県で、彼女は「連日の報道は本筋とズレているような気がします」と告白したのだ。また彼女は、ひそかに本音を漏らしていた。
騒動後に行われた後援者の集まりでのこと。景子さんは支援者を前に、こんな本音を口にしたのだ。

「一部マスコミが『貴乃花親方はおかしい』と報じていることに、景子さんはひどく腹を立てていました。彼女は『親方は角界のために身を捨てる覚悟で臨んでいます。
自分の立場や保身などを考えての行動では絶対にありません』と言っていました。穏やかな口調ながら、強い意思を感じました」(後援会関係者)

彼女はこれまで報じられていない“封印された真実”も明かし始めたという。

「景子さんは『貴乃花親方は警察の捜査にゆだね、いっさい語っていません。それには理由があるんです。日馬富士関の個人的な暴行事件として幕引きが図られようとしていますが、本当はそれだけではない』と明かしたのです。
実は白鵬関を中心とするモンゴル力士と貴ノ岩関の間で、もっと根深いやり取りがあったそうです。景子さんは『そもそも日馬富士関は来年での引退を検討していたそうです』と言っていました。
だから彼が責任を一身に負うことで、周囲への影響を食い止めようとしたとも……」(前出・後援会関係者)

景子さんから飛び出した衝撃発言。それは事件がまだ終わっていないことを意味していた。

「親方は角界の浄化に繋がればと思って行動している。でも協会に言ったとしても、すべては隠ぺいされてしまうから――それが、“沈黙の真意”だそうです。景子さんの発言は真実が言えない“親方の無念”を代弁しているかのようでした」(前出・後援会関係者)

連日、講演会で全国を飛び回る景子さん。それだけ地元を留守にすることも増えるため、批判にもさらされることになる。だが、近所の住人はこう語っている。

「土俵開きのとき、景子さんがちゃんこ鍋を振る舞ってくれたんです。『300食用意したけど、全然足りなかった。まさかこれだけ来てくれるとは思いませんでした』と笑っていました。普段は地方を回ったりしているので、見ることは多くないかもしれません。でも時間があれば部屋にも来ていますよ。気取った感じもないし、とても気さくな方なんですよ」

12/12(火) 0:01配信 女性自身
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171212-00010002-jisin-ent

写真
no title





98: 名無しさん@恐縮です

>>1
日馬富士を厳罰に処する為に
検察に電話や手紙を出しましょう!

これは物凄く効果があります!!!

ぜひ皆さんやりましょう!

これは日本相撲協会の不正との戦いです!!!


129: 名無しさん@恐縮です

>>118
八角
完全に反社、八百長組織側
ってのがバレバレだよなw


126: 名無しさん@恐縮です

>>121
加害者擁護一色で被害者叩きしかしない協会に協力するわけないだろ?
協力して弟子を売ったら軽蔑もんだわ。


127: 名無しさん@恐縮です

>>121
腐った相撲協会の一体何に協力しろと言うのかね?


161: 名無しさん@恐縮です

>>1
女性自身、やるじゃん
相撲協会の顔色窺って本当のことを言わないテレビやスポーツ紙は見習えよ
嘘の発表だらけだもんな
昨夜のNHKも酷かった
起訴されたくない日馬富士側の代弁するように、無言の圧力を貴ノ岩にかけて、示談に持ち込もうとする姑息な報道だった
NHKがあんな偏向報道する限り、受信料なんて払う理由はまったくない


204: 名無しさん@恐縮です

>>1大方の予想通りのことが起きてんだな


238: 名無しさん@恐縮です

>>1
>実は白鵬関を中心とするモンゴル力士と貴ノ岩関の間で、もっと根深いやり取りがあったそうです。

やっぱ貴乃岩が携帯いじってたのって録音してたのがバレたんだと思う
じゃないとあそこまで攻撃されないよ


289: 名無しさん@恐縮です

>>1

平成18年7月場所 朝青龍 13勝1敗 白鵬 12勝2敗   朝青龍勝ちで優勝。負けの場合、白鵬と優勝決定戦
平成18年9月場所 朝青龍 12勝2敗 白鵬 8勝6敗    朝青龍勝ちで優勝。14日目に優勝決定
平成19年3月場所 朝青龍 11勝2敗 白鵬 12勝1敗   朝青龍勝ち。優勝決定戦で白鵬優勝
平成19年5月場所 朝青龍 10勝4敗 白鵬 14勝0敗   白鵬勝ちで全勝優勝。横綱に昇進
平成19年7月場所 朝青龍 13勝1敗 白鵬 10勝4敗   朝青龍勝ちで優勝。負けの場合、琴光喜と決定戦の可能性があった(琴光喜が負けたため対戦前に優勝決定)
平成20年1月場所 朝青龍 13勝1敗 白鵬 13勝1敗   白鵬勝ちで優勝。
平成20年3月場所 朝青龍 12勝2敗 白鵬 12勝2敗   朝青龍勝ちで優勝。
平成20年11月場所 白鵬 10勝1敗 安馬(日馬富士) 9勝2敗 安馬勝ち。白鵬が安馬との優勝決定戦で勝ち、優勝。安馬は大関に昇進
平成21年1月場所 白鵬 9勝0敗 日馬富士 3勝6敗   日馬富士勝ちで負け越し回避
平成21年3月場所 白鵬 11勝0敗 日馬富士 7勝4敗   白鵬勝ちで全勝優勝
平成21年5月場所 白鵬 12勝0敗 日馬富士 12勝0敗  白鵬勝ち。優勝決定戦で日馬富士が勝ち、優勝
平成21年7月場所 朝青龍 10勝4敗 白鵬 13勝1敗   白鵬勝ちで優勝。負けの場合、琴欧洲と優勝決定戦
平成22年3月場所 白鵬 14勝0敗 日馬富士 10勝4敗  白鵬勝ちで優勝。負けの場合、把瑠都と優勝決定戦
平成23年7月場所 白鵬 12勝1敗 日馬富士 13勝0敗  日馬富士勝ちで優勝。
平成23年9月場所 白鵬 12勝2敗 日馬富士 8勝6敗   白鵬勝ちで優勝。負けの場合、琴奨菊、稀勢の里と優勝決定戦
平成24年5月場所 白鵬 10勝4敗 日馬富士 7勝7敗   日馬勝ちで勝ち越し   
平成24年7月場所 白鵬 14勝0敗 日馬富士 14勝0敗  日馬富士勝ちで全勝優勝。横綱に王手
平成24年9月場所 白鵬 13勝1敗 日馬富士 14勝0敗  日馬富士勝ちで全勝優勝。横綱に昇進
平成24年11月場所 白鵬 13勝1敗 日馬富士 9勝5敗   白鵬勝ちで優勝。
平成25年1月場所 白鵬 12勝2敗 日馬富士 14勝0敗  日馬富士勝ちで全勝優勝。
平成25年3月場所 白鵬 14勝0敗 日馬富士 9勝5敗   白鵬勝ちで全勝優勝。
平成25年5月場所 白鵬 14勝0敗 日馬富士 11勝3敗  白鵬勝ちで優勝。負けの場合、稀勢の里と決定戦の可能性があった(稀勢の里が負けたため対戦前に優勝決定)
平成25年7月場所 白鵬 13勝1敗 日馬富士 9勝5敗   日馬勝ち。14日目に白鵬優勝決定済み
平成26年5月場所 白鵬 13勝1敗 日馬富士 11勝4敗  白鵬勝ちで優勝。負けの場合、稀勢の里と優勝決定戦
平成26年7月場所 白鵬 12勝2敗 日馬富士 10勝4敗  白鵬勝ちで優勝。負けの場合、琴奨菊、豪栄道と優勝決定戦
平成26年9月場所 白鵬 13勝1敗 鶴竜   11勝3敗  白鵬勝ちで優勝。負けの場合、逸ノ城(モンゴル互助会とは距離を置く)と優勝決定戦
平成27年3月場所 白鵬 13勝1敗 日馬富士 10勝4敗  白鵬勝ちで優勝。負けの場合、照ノ富士(モンゴル)と優勝決定戦
平成28年3月場所 白鵬 13勝1敗 日馬富士 9勝5敗   白鵬勝ちで優勝。負けの場合、稀勢の里と優勝決定戦
平成28年5月場所 13日目まで白鵬 13勝0敗 稀勢の里 12勝1敗。日馬富士、鶴竜に連勝で白鵬優勝
平成28年7月場所 日馬富士 12勝2敗 白鵬 10勝4敗  日馬富士勝ちで優勝。負けの場合、稀勢の里と優勝決定戦
平成29年7月場所 白鵬 13勝1敗 日馬富士 11勝3敗  白鵬勝ちで優勝。負けの場合、碧山と優勝決定戦


293: 名無しさん@恐縮です

>>1

相撲協会に任せたらこうなるからね
貴乃花が正解やったね

時津風部屋から稽古中に弟子が死んだと相撲協会に報告

相撲協会から病院と警察に連絡

警察は医師の診断書通り事件性は無いとし心不全で処理

親方は遺族に無断で、名古屋で火葬しようと企てる。(死亡診断書があれば法的に可能)

葬儀屋の職員が、遺族親戚が立会わない火葬は極めて異例と不審に思った。

親方、葬儀屋に「火葬はまだですか」「一刻も早く火葬してください」と催促。
葬儀屋、遺体に刻まれた無数の傷を発見。

葬儀屋の職員は、新潟の両親に電話して、『本当に火葬しても構わないのですか?』と尋ねる。

すぐに父親は電話で親方に抗議。親方に火葬の中止を求める。

親方「もう既に日取りは決まってある」「今さら勝手な事を言うな」と父親の要望を却下。

父親、葬儀屋に電話。葬儀屋、名古屋の火葬を直ちに取りやめ、遺体の搬送を行う。

遺体は両親の新潟に搬送され、両親と涙の対面をした。
(遺体の付き添いは葬儀屋の職員だけ、相撲部屋の関係者は一人も来なかった)

この後遺族が新潟大学へ公費再任解剖をお願いして暴行発覚。マスコミにリーク。


この記事へのコメント

人気記事