まるで本物!熊本城のミニチュア 特撮美術監督が総指揮

screenshot.2.jpg
1: ■忍法帖【Lv=12,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb

朝日デジタル
 特撮美術の技を駆使し、熊本城の天守閣や城下の街並みを再現したミニチュアセットが16日から、熊本市中央区の
市現代美術館で披露される。本物の城は、昨年の地震からの復旧工事で見えにくくなっているため、熊本出身の特撮美術監督らが助力した。

 展示されるのは、難攻不落の名城として知られる、熊本城の大小の天守閣と宇土櫓(やぐら)の約20分の1スケール
(高さ最大約2メートル)、市電などが走る街並みを再現したジオラマ。街並み越しに城が見え、来場者は特撮映画のように撮影を楽しむこともできる。

 制作を指揮するのは、映画「シン・ゴジラ」などの特撮美術を担当した三池敏夫さん(56)。
被害の大きかった熊本県御船(みふね)町の出身だが、「地震発生の時、故郷を心配するだけで何もできなかった思いがずっとあった」。
何か力になれないかと思っていた矢先、美術館から「在りし日の熊本城の姿を特撮美術で見せられないか」と打診された。

 映画の特撮美術の場合、映像に映らない部分は省略する場合が多いが、今回はミニチュア自体が作品のため、
制作図面を起こして精巧に再現。
公式資料や写真、映像などを参考に細部まで忠実に作った。
特に「武者返し」として知られる石垣の形や並べ方も実際のものと同じように表現。
熊本や福岡からのボランティアも協力した。特撮美術の裏側がわかる、制作工程のメイキングも展示される。

 熊本城は震災前、年間約178…(以下略)

残り:325文字/全文:907文字

朝日デジタル/安斎耕一2017年12月14日08時27分
http://www.asahi.com/articles/ASKDD4RCRKDDTIPE00X.html





2: 名無しさん@おーぷん

画像見てきたら凄かったな


3: 名無しさん@おーぷん

日本中の城を作って欲しい


4: 名無しさん@おーぷん

ミニチュアなら東武スクエアで見た(´・ω・`)。
あの石垣が崩れたのは残念だな(´・ω・`)。


5: 名無しさん@おーぷん

旅行で城とか博物館に行くと、このミニチュアが楽しみなんだよな
力を入れてるのもあれば、そーでもないのもあったり...


この記事へのコメント

人気記事