ヘビの毒を25年にわたって注射してきたパンクロッカーの体から35種以上の毒への抗体が取り出される

screenshot.3.jpg
1: ■忍法帖【Lv=12,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb


場合によっては死にも至ることがあるヘビの毒を、なんと25年間にもわたって自分の体に注射しつづけることで、
毒に対する抗体を体の中で作ってきた人物がいます。
そしてこの度、この男性の体から骨髄が取り出され、35種類以上の抗体が取り出されています。(略)

まさに常軌を逸した行動を続けてきたのは、アメリカに住むスティーブ・ラドウィン氏です。
49歳の男性であるラドウィン氏は、パンクロックバンドでシンガーをつとめているとのこと。

25年前に毒の注射を始めたというラドウィン氏は少年の頃からヘビが大好きだったそうですが、
9歳の時に訪れたフロリダのヘビ園で、ある人物にであったことがきっかけでヘビの毒を自分に注射することに関心を持ちました。

その人物とは、西洋人で初めてヘビの毒を自分に注射し、抗体を作る試みを行ったとされるビル・ハースト氏です。
無謀すぎるハースト氏の試みでしたが、あろうことかラドウィン氏も同じように毒を注射して抗体を作ることに憧れに近い感情を抱いたそうです。

やがてラドウィン氏は実際にヘビの毒の注射を開始し、それ以来25年間にもわたって週に一度の注射を続けてきました。
自宅でヘビを飼い、定期的に採取した毒を最初は水で薄めたものを注射しはじめましたが、徐々に濃度を高くして
体を毒に慣らし続けることで、体内で毒への抗体を作ってきたとのこと。ラドウィン氏の自宅では何種類ものヘビが飼われており、
餌やりなどの世話をしながらラドウィン氏は毒を小さな容器で採取。その様子は、VICEが公開した以下のムービーに収められています。

(以下略)

gigazine/12月13日
https://gigazine.net/amp/20171213-inject-snake-vemon-25-years?__twitter_impression=true





2: 名無しさん@おーぷん

中国の呪術の蠱毒みたいだな。
最強の肉体を作りたかったのか。
はたから見れば、ただのバカにしか見えないけど。


7: 名無しさん@おーぷん

>>2
ラーメンマンの毒手拳じゃね?


3: 名無しさん@おーぷん

タイトルをチラ見した時には、「お医者さんが?」 と 思ったんですが、パンクロッカーですか……

まぁ、血清や解毒剤を作る 参考には なると思いますが……


4: 名無しさん@おーぷん

ロックだなw
民明書房の本で取り上げられるべき


5: 名無しさん@おーぷん

シャブ常習犯が「俺は覚醒剤の抗体を作るためにやってるんだ!」て言いそうだな。


6: 名無しさん@おーぷん

生き物とはすごいもんだな


8: 名無しさん@おーぷん

エイズの抗体を作る為にセックスしまくらないとな


この記事へのコメント

人気記事