【宇宙】中国の無人宇宙実験室「天宮1号」、3月中旬から下旬にかけて北海道南部か東北に落下の可能性高し…すでに制御不能か

1: ニライカナイφ ★

◆CHINA初の無人宇宙実験室 北海道南部、東北「3月落下可能性高い」 すでに制御不能か 中国は反論

中国が独自の有人宇宙ステーション建設に向けて打ち上げた初の無人宇宙実験室「天宮1号」が今年3月ごろ地球に落下する見通しだ。
欧米の専門家はすでに制御不能となっていると分析し、有害物質の付着した破片が人口密集地域に落下する可能性も指摘するが、中国側は「制御下にあり南太平洋に落下させる」と反論。
双方の主張は真っ向から対立している。

「わが国は天宮1号の監視とコントロールを継続しており、今年前半に落下させる」
「大気圏に突入後、燃え残った残骸は指定海域に落下させるので地上への被害は発生しない」

中国の宇宙開発を担う国有企業「中国航天科技集団」で空間実験室システムの総責任者を務める朱樅鵬氏は1月上旬、中国紙・科技日報にこう語り、天宮1号が制御を失っているとする欧米メディアの報道を打ち消した。
2011年9月に打ち上げられた天宮1号は、中国が22年前後の完成を目指す宇宙ステーションの原型だ。

打ち上げ時の重量は8500キロで高さは10・5メートル、主要部分の直径は3・4メートル。
無人宇宙船「神舟8号」や有人宇宙船「同9号」「10号」とのドッキング実験に成功し、後継の「天宮2号」が打ち上げられる半年前の16年3月にその任務を終えた。

当初の高度は約350キロ前後だったが、中国有人宇宙プロジェクト弁公室によると昨年12月31日から1月7日までの平均高度は281・3キロ。
「体勢は安定し形状に異常は発生していない」とされるが、徐々に高度を失っている。

軌道を回る宇宙ステーションなどは退役後、地上からの制御によって南太平洋の深海エリアに落下させるのが国際的な慣行とされる。
宇宙開発の専門家、●(=まだれに龍)之浩氏は科技日報に対し、天宮1号も「適切な位置、角度、体勢」の下で落下させると説明。
具体的には落下時に方向を転換して「後退」の状態になり、逆推進力により軌道離脱を行うという。

綿密な計算に基づき、正確にピンポイントで南太平洋上に落下させるというわけだが、欧米の専門家の見方は違うようだ。
米政府と宇宙事業を展開している非営利団体「エアロスペース・コーポレーション」のサイトは、朱氏が「制御維持」を主張した後の今月10日に更新した記事で、こう主張している。

「これは制御された再突入ではなさそうだ。
公式な発表はないが天宮1号のコントロールは失われており、再突入までに制御が復活することもないとみられる」

大型の宇宙ステーションなどが大気圏に再突入する場合、落下地点を制御するのが通例だ。
だが、同サイトが米国防総省戦略軍統合宇宙運用センターのデータを分析したところ、最後に軌道の高度調整が行われたのは15年12月と判明した。
米国の専門家は天宮1号が当初計画を変更して後継機の予備とするため長期間温存され、その結果、「燃料が尽きてコントロールを失った」との見方を米メディアに語っている。

同サイトは天宮1号が3月中旬から下旬にかけて大気圏に突入すると予測し、「再突入時に少量の破片が燃え残り、数百キロの範囲にわたって地表に落下する可能性がある」と指摘。
残骸が落下する可能性が「比較的高い」「比較的低い」「まったくない」3つのエリアに分類した世界地図を公表した。

日本列島は北海道南部と東北地方が「落下する可能性が比較的高い」エリアに含まれ、それより南側が「可能性が比較的低い」エリアとなっている。
破片が人間を直撃したり、建物に深刻な被害を与える可能性は非常に低いと同サイトは指摘する。
一方で、残骸には腐食性液体で毒性の強いヒドラジンが残留している可能性もあり、残骸を触ったり、排出される気体を吸い込んだりしてはならないとも警告した。

解説図:no title


▼記事を一部引用しました。全文はソースでご覧下さい

産経ニュース 2018.1.23 08:00
http://www.sankei.com/premium/news/180123/prm1801230004-n1.html
http://www.sankei.com/premium/news/180123/prm1801230004-n2.html
http://www.sankei.com/premium/news/180123/prm1801230004-n3.html







689: 名無しさん@1周年

99 名無しさん@お腹いっぱい。 ▼ 2017/10/15(日) 02:16:32.52 ID:jTrDZWgj [2回目]
制御不能で落下した事例をピックアップしてみた。
以外に多かった。

■米国、制御不能の偵察衛星を迎撃ミサイルで破壊に成功(動画)
2008年2月21日
http://www.veoh.com/watch/v6024619J5nCTz6g
※制御不能となり落下の危険があった偵察衛星USA-193をイージスシステムで破壊。
 大量のヒドラジン燃料が満載されていた。

■大気観測衛星UARSが地球へ落下
2011年9月27日
http://www.astroarts.co.jp/news/2011/09/27uars/index-j.shtml
>>5.9トンの大型の気象観測衛星。非常に大型のため落下物が懸念された。

■ベンガル湾上の大気圏でROSAT再突入(仮訳)
2011年10月25日
http://www.mext.go.jp/a_menu/kaihatu/satellite/detail/1312171.htm
>>2.4トンの大型X線天文衛星。反射鏡など一部の部品は燃え残ると予想された。

■ロシアの火星探査機「フォボス・グルント」、太平洋上に落下
2012/01/18
http://sorae.jp/030201/4582.html
※フォボスサンプルリターンを目指した13.5トンの大型探査機。
 8トンものヒドラジン燃料を搭載し、環境影響が懸念された。

■衛星2基を載せたプロトンロケット、打ち上げ失敗
2012/08/08
http://sorae.jp/030201/4680.html
※プロトンロケット上段の連続失敗の一つ。静止衛星2機が制御不能で落下。

■欧州重力観測衛星「GOCE」 太平洋に落下
2013.11.11
https://jp.sputniknews.com/japanese.ruvr.ru/2013_11_11/124224449/
※GOCEはイオンエンジン推進の極低軌道衛星。耐熱シールドが燃え残ると予想された。

■制御不能のプログレス補給船が大気圏に再突入
2015年5月9日
http://japanese.engadget.com/2015/05/08/7/
※軌道投入後姿勢制御不能になり回転。復旧の努力も空しく落下した。

■TRMM、17年間の歴史に幕 南インド洋上空で大気圏に再突入
2015年6月23日
http://www.jaxa.jp/projects/sat/trmm/
※寿命を迎え機能停止した日本の熱帯雨林観測衛星TRIMMが落下


69: 名無しさん@1周年

>>1
裏も表も内部も外部も何から何まで腐りきってるな、汚職便所支那!ペッ!


113: 名無しさん@1周年

>>1
これノストラダムスの予言である?


123: 名無しさん@1周年

>>1
>北海道南部か東北に落下

これ、福島第一を直撃したら、その後の処理は誰の責任になるんだろう?


325: 名無しさん@1周年

>>1
「北海道南部か東北に落下の可能性高し」

さすがにこれは誇張が過ぎると思うがw


514: 名無しさん@1周年

>>1
迎撃ミサイルで
打ち落とせばいいだけ
世界から喝采を浴びるぜ


549: 名無しさん@1周年

>>1
はあ?
北海道と東北だと!

絶対狙ってるだろ


583: 名無しさん@1周年

>>1
もし日本に落下したら
中国による先制攻撃と見なしても良いのん?


646: 名無しさん@1周年

>>1
ヒドラジンなんて浴びたらゲル状になって死ぬからかなりきついだろうな


658: 名無しさん@1周年

>>646
ヒドラジンて名前からして怖そうだよなあ


744: 名無しさん@1周年

>>740
打ち上げ時にはなぜ燃え尽きないんだろう?


745: 名無しさん@1周年

>>744
フェアリングに保護されてるからだろう。何言ってんの?


767: 名無しさん@1周年

>>1
中国の主張では天宮1号はコントロールされているということらしいね。
つまり、日本に落下した場合は「わざとやった」ということになるね。


839: 名無しさん@1周年

>>1
ミサイル防衛の実証ないし演習として利用させてもらおう


981: 名無しさん@1周年

>>1

アメリカのNASAは、宇宙飛行士を最初に宇宙に送り込んだとき、
無重力状態ではボールペンで文字を書くことができないのを発見した。
これではボールペンを持って行っても役に立たない!
NASAの科学者たちはこの問題に立ち向かうべく、10年の歳月と120億ドルの開発費をかけて研究を重ねた。
その結果ついに、無重力でも上下逆にしても水の中でも氷点下でも摂氏300度でも、
どんな状況下でもどんな表面にでも書けるボールペンを開発した!!(FISHER AG-7)
同盟国日本でも、無重力でも上下逆にしても水の中でも氷点下でも摂氏300度でも、
どんな状況下でもどんな表面にでも書けるボールペンを開発した!!(MITSUBISHI SN-200PT-0X)

一方、ソ連と中国は鉛筆を使った
 
 
 
 
 
・・・・・・のでFODにより全て墜落した。


4: 名無しさん@1周年

もし市街地に落ちたらどうするの。


この記事へのコメント

人気記事