【芸能】松井玲奈、愛読書は広辞苑 結婚したら「ねだりたい」


松井 玲奈(まつい れな、1991年7月27日 - )は、日本の女優、タレントであり、女性アイドルグループSKE48、乃木坂46の元メンバーである。兵庫県生まれ、愛知県豊橋市出身。Grick所属。身長162cm。血液型O型。 デビュー前 小学校1年生の頃までは明るい性格だったが、小学校2年生の
164キロバイト (21,394 語) - 2018年1月31日 (水) 00:59





1 サイカイへのショートカット ★ :2018/02/10(土) 17:32:33.81 ID:CAP_USER9.net

松井玲奈愛読書は広辞苑 結婚したら「ねだりたい」
2018年2月10日17時25分 日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201802100000524.html

トークイベントで笑顔を見せる松井玲奈(撮影・遠藤尚子)

(出典 www.nikkansports.com)


第2回「広辞苑大学」に講師として出席し、トークイベントを行った松井玲奈(撮影・遠藤尚子)

(出典 www.nikkansports.com)


女優松井玲奈(26)が10日、東京・朝日新聞東京本社で、第2回「広辞苑大学」に講師として出席し、トークイベントを行った。

広辞苑を通して新しい文化や価値観に触れ、ことばの面白さを知ろうというイベント。松井は、広辞苑の編集部員と対談した。

子どもの頃から読書が好きだったという松井。実家の本を読み尽くしてしまい、「母親に本を買って欲しいとねだったら、広辞苑を持ってこられました」と広辞苑との出会いを語った。それ以来読み物として愛読しているといい、「先生の話が聞きたくないなって時に、電子辞書で『あ』から読んでました」と苦笑交じりに学生時代を振り返った。

最近の“若者言葉”に話しが及ぶと、松井は10代の若者の間で流行している「卍(まんじ)」を例に挙げた。「意味はなくて、うれしい時も、怒った時も使うんですって」と説明。ともに登壇した編集部員は初めて聞いた言葉だと驚き、「次版では是非関わっていただきたい」と熱望すると、松井は照れ笑いを浮かべた。

読書好きは母譲りのようで、母親が結婚して初めて夫にねだったのものが、広辞苑の新版だったという。「うちの家族には思い入れのある本。私も結婚したら、広辞苑をねだりたいです」と笑顔を見せた。





26 名無しさん@恐縮です :2018/02/10(土) 17:44:40.28 ID:FingesaL0.net

>>1
卍はやらそうぜ
ナチとは無関係であることを明確にするためにも


95 名無しさん@恐縮です :2018/02/11(日) 05:53:58.64 ID:aCUP2FEC0.net

>>1
髪の色も服もホントに変
普通にダサい
無理矢理矯正しなきゃヤバいレベル


55 名無しさん@恐縮です :2018/02/10(土) 18:20:14.41 ID:LRkaFR0v0.net

うちの母親が昔騙されて12冊ぐらいの図鑑買わされてたけど正直ガキの頃に読んでて結構面白かったな
広辞苑も面白いのか?


57 名無しさん@恐縮です :2018/02/10(土) 18:23:25.38 ID:ag24p3O90.net

>>55
騙されてって、百科事典でしょ
ネットが一般化するまでは普通に子供に買ったもんだよ
ウチも百科事典有ったし爺さんの家には一揃え100万超えの超豪華の海外の有名な百科事典が有ったよ
見てるだけで楽しかった

広辞苑も紙版は面白いよ
デジタル版はまったくおもしろくないけど
紙版は、ペラペラめくって、たまたま目についた項目とかで感心したりする
雑学の教科書だね









この記事へのコメント