西暦3300年から来たタイムトラベラーが未来を激白「人類とAIは戦争する」「3日間で12体の敵を倒したが…」


西暦3300年から来たタイムトラベラーが未来を激白「人類とAIは戦争する」「3日間で12体の敵を倒したが…」 | ニコニコニュース



“自称タイムトラベラー”が相次いで登場している。その中でも西暦3300年からやって来たタイムトラベラーは、我々の未来は人類とロボットが戦争をする“ターミネーター”の世界であると話している――。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/02/post_16080_entry.html

■西暦3260年、人類とロボットとの全面戦争が勃発

 人工知能が指揮する機械軍と人類の戦争が描かれた近未来SFの名作『ターミネーター』だが、最近のAIの急激な進歩をみると映画の世界がもうすぐそこまで来ていそうで薄気味悪さを感じるのは筆者だけではないだろう。

 そして先日、西暦3300年からやって来たという“自称タイムトラベラー”の男性が、西暦3260年に人類とロボットの間で大規模な戦争が起こることを我々に伝えている。『ターミネーター』は現実になるのである。

 YouTubeチャンネル「Paranormal Elite」に先日投稿された動画では、フランス・パリで収録されたタイムトラベラーの独白が確認できる。男性は西暦3258年12月1日に「ヨーロッパ帝国」で生まれ、現在42歳であると明かしている。そして彼がまだ2歳時の3260年、人類とロボットとの全面戦争が始まったのだ。

 戦争の前からすでにスーパーコンピュータによるAIが多くのロボットをコントロールしており、人類は劣勢であったという。それまでにもAIは人間以外の生物をことごとく絶滅させてきたのだが、この時に遂に人間までをも排除すべく動き出したのである。

「何が憎らしいって、そこら中にロボットがはびこっているんです。単純なロボットだけじゃない。とても賢く判断し、お互いにコミュニケーションを取り合うロボットもいる。偉大なAIに完全な権力が与えられましたが、事もあろうに人間とすべての生物を破壊する決定を下したのです。地球は“人工知能生命体”だけになるでしょう」

 西暦3260年以降、すでにかなりの生物がAIによって絶滅させられており、彼は生まれてこの方一度も鳥を見たことはなかったという。また自然の風景はまったくなく、公園には一本の樹木すらないということだ。

 テクノロジーもこの2018年の世の中とは大きく異なっており、あらゆるデバイスは“デジタル腕時計”のようなものになっているという。ちなみにタイムマシンが公式に発表されたのは西暦2322年ということだ。しかしその後、タイムマシンの不適切な使用が問題となり、民間での使用は禁じられたという。

 長く続く人類対ロボットの戦争の最中、彼は18歳になると徴兵され軍に入隊。実際にロボット相手の戦争に参加。ロボットとの戦争では十億人単位の人々が犠牲になった。それまで80億人いた地球の人口は西暦3300年の時点で30億人にまで減ったという。そして別の銀河からやってきたエイリアンもこの戦争に加わっていたというから興味深い。


■勝ち目のないゲリラ戦のさなかタイムトラベル

 彼の話によれば人類とロボットとの戦争はお互いにレーザー砲などの最新兵器を用いた激烈なものであった。

 そして今ここに彼がいるきっかけは、西暦3300年に起きた偶然の出来事によるものだったという。この時点で劣勢に立たされていた人類はエイリアンと共闘してロボットに立ち向かっていたという。しかし、ある日に通信回線やエネルギー供給などの人類側のインフラが失われてしまったのだ。唯一、レーザー式の自動小銃だけがロボットに対抗できる武器であった。

 インフラが復旧するまでは戦闘継続は無謀であり、彼らは廃墟にしばらく身を潜めることにしたのだった。しかしこの“隠れ家”周辺にもロボットがやって来て散発的な戦闘が起こり、3日間で12体のロボットを倒したものの、人間側はもともと800人ほどいた人員が250名にまで減ってしまったという。

 その後“隠れ家”を変えながらロボットの追跡を逃れ、同じように各所で身を隠していた同志と次々と合流することになる。人員は3000人まで膨らんだ。しかしながらもはやロボットに勝つことは不可能であり、できる限り戦いを長引かせるしか方策がなかった。

 身を隠しながらの“ゲリラ戦”が2カ月ほど続いたある日、隠れ家の近くに見知らぬ少年がやって来た。彼らは少年をかくまったところ、少年は2011年の過去からやってきたと話した。少年は物理学者で(タイムトラベルの影響で若返ったのか?)、友人の研究者の実験でこの時代にタイムトラベルしたという。少年の手には携帯型タイムマシンが握られていた。

 この少年をかくまって数分後、隠れ家にロボットが現れ襲撃してきた。実はロボットはこの少年の跡をつけていたのだった。すぐさま戦闘が始まったが、彼らの圧倒的な攻撃力の前にたちまち多くの死者が出て、防衛は困難であることが誰の目にも明らかであったという。そして不運なことにこの少年もまた銃弾に倒れた。彼は動かなくなった少年の手から携帯型タイムマシンをもぎ取り、武器を捨てて一目散に逃亡をはかった。追っ手のロボットが迫る中、彼は無意識にタイムマシンを操作してタイムトラベルしたのだ。

 こうしてこの時代にやって来た彼だが、タイムトラベル先の実験室を出ると、西暦3300年の世界で銃弾に倒れた少年が、24歳の青年物理学者の姿で彼を出迎えてくれたという。時を越えて再会したこの青年物理学者の支援で今、こうして人々の前に姿を現して“未来の真実”を伝えることができたのである。

 動画では顔はボカされ、声もボイスチェンジャーで変換されているこの“自称タイムトラベラー”の話を信用できるかどうかはそれぞれだが、まずは、迫り来るAIの脅威に未来から警鐘を鳴らす話題ということに落ち着きそうだ。
(文=仲田しんじ)
イメージ画像:「Thinkstock」より

イメージ画像:「Thinkstock」より


(出典 news.nicovideo.jp)










MACKMAN

MACKMAN

だれかシルバーマン先生を呼んで来てくれ

ゆうでん

ゆうでん

AIが人類と戦争するほど進化するのに1000年もいらない。今のペースなら100年以内かなぁ。

鮪城

鮪城

ということは、その青年科学者は7年前の時点でタイムマシンを知人が持ってんじゃないのか?と思ったが、向こうで死んだはずだからここはそもそもパラレルワールドなんじゃないのか。

マッサ

マッサ

随分と古い兵器の画像をイメージにつかうんすね。 せめてSF作品にしては?w

こたつ

こたつ

人間とAIの融合の方向へ進みそうだと思う

AKASAKA

AKASAKA

機械相手ならEMP兵器で圧倒できそうだが

雨ふらし

雨ふらし

エイリアンと共闘ですか・・・・・

heero

heero

設定が雑ぃ……

こばぁち

こばぁち

1200年経って最新兵器がレーザー砲ですかぁ・・・

dodo

dodo

なぜ2018年に来たし、もっと後の方がいいのでは?

小雪

小雪

本当にAIが賢いなら他の生物よりも真っ先に人類を害だとみなして滅ぼすと思うけど

白野ゆかる

白野ゆかる

レーザー兵器って発想は古いというか…。核を使わないコンデンサタイプのEMP兵器とかは普及してそうな気はするけど

にょろにょろ

にょろにょろ

何番煎じって話題だねぇ。今の時代この程度だと誰でも想像できる創作って内容だし。ジョンタイターくらい身近な未来の話だと結構面白いんだが。

kurobou

kurobou

TOCANAの妄想記事はひと時の娯楽。とはいえ未来人多過ぎw

けろんぱ@ツイID無しは偽物だよ

けろんぱ@ツイID無しは偽物だよ

人類滅亡モノは読者が食傷気味だからタイムトラベラーモノに編集方針を変えたのかな?TOCANA

くっそwwww唐澤貴洋ナイフで

くっそwwww唐澤貴洋ナイフで

やっぱりお前病気だね ネットはこういうキチガイに出会えるからやめられない

Shura

Shura

ターミネーターの見過ぎかと思ったらやっぱりターミネーターの見過ぎだった、な… 何を言っている(ry)AIが暴走すればそうなる可能性はあるがな、まあ仮定は未定だし今んとこ大丈夫じゃね(A.I.Channelを見ながら))

蒼志

蒼志

次はワームホール的なものに落ちて過去からやって来たタイムトラベラーの記事がいいなぁ。

yorohoushi

yorohoushi

(笑)なぜ「話」だけではなく、映像や物的な証拠をもって語らないのか?何の目的でこんな大昔に来たかは知らないが、警鐘を鳴らすならもっと知恵を働かせて効率的にできると思うけどな。未来の42歳はかなり幼稚に思える。

at_moon_palace

at_moon_palace

タイムマシンが公式に発表されたのが2322年、過去から来た少年が携帯型タイムマシンを持ってきたのが2011年の過去だそうです()




この記事へのコメント

人気記事