あの有名メーカーも…アメリカの名門銃器企業が相次いで破たんする理由


今月12日。アメリカの大手銃器メーカー、レミントン・アウトドア社(以下、レミントン)が、日本における民事再生法である米連邦破産法11条を申請中と発表。2015年には日本ではガバメントと呼ばれる拳銃でおなじみのコルト・ディフェンス社(以下、コルト)も破産。

一方、14日にはフロリダの高校で銃乱射事件も発生し、そろそろアメリカの銃器産業がヤバイ雰囲気なのでは?

* * *

破産申請中のレミントンとは、どんなメーカーなのか? 『拳銃王』『拳銃将軍』(共に光人社NF文庫)の著書があり実銃100種類以上、発射弾薬10万発超えという作家の小峯隆生さんに聞いてみた。

小峯 創業は1816年。ライフル、ショットガンを中心に製造し、日本では『西部警察』の大門団長が撃っていたショットガンでおなじみです。アメリカでは西部開拓時代から愛され続ける超老舗の銃器メーカーになります。

―現在のアメリカ軍でのレミントンの活用は?

小峯 陸軍の狙撃銃としてM24、海兵隊にはM40があります。しかし、狙撃銃やショットガンは欧州メーカー製に更新されつつあります。

―なんで代えちゃうんですか? 元米陸軍大尉の飯柴智亮さん、解説をお願いします。

飯柴 単純に欧州製の製品のほうが、レミントンよりも優れているからです。レミントンならM700、コルトならガバメントという定番商品があり、どちらも大ベストセラーです。両メーカーとも、この商品だけで商売が成り立ってました。しかし、これこそが最大の問題だったのです。

―全然問題ないじゃないですか! スペックも実戦で証明済みですし!!

飯柴 「とりあえず商品は売れる」という状況に、レミントンもコルトもあぐらをかいてしまいました。新技術をアピールして各国の軍隊に銃器を売り込む欧州メーカーに対し競争力がないどころか、100年以上前の技術でしか物づくりができないメーカーになってしまったのです。

―1世紀以上前の技術って、日本だったら任天堂がいまだに花札オンリーで商いやってるようなもんじゃないですか! では、小峯さん、欧州メーカーはどのような新技術を持っているのですか?

小峯 例えばアメリカ軍が1999年に制式採用したショットガン、M1014。これはイタリアのベネリ社が製造し、トリガーを引くだけで、最大8連射できます。私も500発以上撃ったことがありますが、まったく弾詰まりを起こさないほど作動は確実。さらに“カシャ、コーン”と左手で行なう次弾の装填アクションがないので、射撃姿勢がブレることなく命中精度も良いのです。正直、レミントン製より高性能です。

―狙撃銃もアメリカ製でなく、欧州製なんですよね?

小峯 M24の後継のM110はアメリカメーカーのナイツアーマメント社製です。

―アメリカ製、まだまだイケるじゃないですか!

小峯 しかし、耐久性の低さや各所に問題があり、その代替であるM110Aに更新中です。こちらはドイツメーカーのH&K社製になります。狙撃銃どころか、小銃もコルトが開発したM4カービンの問題点をH&Kが改修し、HK416となって採用されているほどなのです。

―アメリカ製銃器は、オールポンコツかよ!

★欧州メーカーが台頭する中、日本が銃器産業に本格参入する裏技が!? 記事の全文は『週刊プレイボーイ』11号(2月26日発売)「アメリカ銃器産業の大改編問題」にてお読みいただけます!

(取材・文/直井裕太)

あの有名メーカーも…アメリカの名門銃器企業が相次いで破たんする理由


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

コルト社に続いてレミントン社も・・・


軍納入品なら性能の他に値段やメンテ含めたサービスも重要、欧州メーカーは世界最強の軍隊に選ばれたって御墨付と米国内の販売拡大ができるから必死になる。あと記事中の二社は過去に品質落としもヤラカシたし、自社製品の特許切れでコピー品が乱立してるってのもある。


ポンコツなんではなく機構が複雑かつ繊細なものになるほど故障も多くメンテの手間も増えるので安っぽい構造の方が結果的に頑丈で兵器として安定した性能になるんだよなあ。


3Dプリンタで安定した物作れるようになったらどうなるんだろう…


3Dプリンタを含め最新技術に何を期待しているのか分からないけど、戦闘などという武骨な状況下では、繊細な物よりカラシニコフの様な単純で頑丈な物が好まれる。記事の通り、命中精度や耐久性も必要だから技術の向上は必要だが出てきた企業はそれを怠ったって書いてある


米ライフル協会は何を守っているのか。米メーカーでないなら、残るのはプライドやノスタルジーだけでないの?


コルトM1911A1とベレッタM92F持ってたけど、ベレッタは大きすぎて引き金に指先が届かなかった。


>100年以上前の技術でしか物づくりができないメーカーになってしまった  これじゃないかなぁ…↑の方でも言ってる人いるけど、シンプルな構造のが堅牢(頑丈)さとメンテのしやすさで有利だとは言われ“名銃”と呼ばれるものはそれを体現してはいたけど、さすがに時代の流れで新素材や新技術は出てくるわけで、それに対応できないと廃れるのは当然っちゃ当然


看板商品も考え物、というのは他産業でも似たような構造の話を聞くよね。でもこのテのものはある程度国産を保護したほうが良いような?素人考えだけれど。


コルトもレミントンもネームブランドで売ってたから仕方ない。ベレッタは美術品としての銃として価値があるし、良くも悪くも*銃を作って攻めてるH&Kなどとは努力の差が顕著だからな。


リボルバーぐらいしか知らんかった子供の頃、ガバメントはすごくクールに見えた。当時の刷り込みがちょっと寂しいような。


尻に火が付いているからこそ任天堂はゲーム産業に全力を尽くして今の地位にいるわけなんだがw


ゲーム規制を推進する某アジア系議員みたいなのが必要か?


これを機に少しずつでも銃を規制していったらいいんだが。銃の所持が当たり前の社会なんて健全であっていい筈がないのだから


アメリカの名器


ガバメントの時点で銃の機構が完成してしまって、更新のしようがないのよね。だから他のメーカーは「なんと!この銃には驚きの新機能が!」と売り込みをかけるのに、それをできなかった


PS4やwiiが主流の今の時代に何も改善をしていないネオジオやネオジオCDという時代遅れのソフトやハードを定価で売るようなもの。そりゃ売れ残るよな。


この様子だとS&Wもそろそろやばくなるんじゃ……


コルトにしろレミントンにしろジョン・ブローニングに頼りすぎ! コルトは後発のスタームルガーやスプリングフィールドの45コピーに、レミントンは豊和のM1500に押されまくってるやん


コルトとかレミントンとか民間向けの銃が大半なんじゃないか?。イタリアのベレッタ、ベルギーのFN、ドイツのH&K、イスラエルのIMI、オーストリアのグロックとか他にも色々銃器メーカーがある。




この記事へのコメント

人気記事