まさに外道!ペット用ミニブタ、譲り受け先の夫婦に美味しく召し上がられる



ペットとしてイヌやネコを飼っている家庭はあるかと思いますが、長期の旅行に出た際に、お友達や親戚のところに預けるなんてことはあるかと思います。もしくはペットホテルのようなところにお金を払って預けるということもあるのかもしれませんが、預けたあとにとんでもないことになっているなんてことは想像したくありませんよね。
ー譲り受け先のミニブタが食われる
さてこちらの話は、動物虐待から救われたペットのミニブタ「モリー」を動物保護団体が引き取りたいという要請のあった夫婦に譲渡したところ、なんとその夫婦がそのミニブタを食べてしまったということです。動物保護団体は、あまりに悲しくショックで立ち直れないということです。

このミニブタは、「ポットベリー・ピッグ」というミニブタで、動物保護団体が虐待などから救い、その後希望者に譲渡されます。

まさか食べられるとは。
この夫婦が食べてしまった理由はなんと「世話ができなくなった」とのことのようです。





また譲渡する際に「ミニブタ」を決して食べないという契約を結んでいたはずなのに食べてしまったということですが、残念ながらカナダでは動物を食べてしまうことには罪がないようです。

せっかく育てて助けられたミニブタ、結局最後は食べられてしまうという何ともシュールな人生ではありますこのミニブタにとってはせめて苦しまず食べられたことを祈りたいですね。

もしかしたらこちらの異常なほど筋肉ムキムキなブタであれば

食べられずに済んだのかもしれません。


画像掲載元:写真AC

掲載元
http://www.cbc.ca/news/canada/british-columbia/molly-the-pig-1.4550000?utm_content=buffer52b18


(秒刊サンデー:たまちゃん

画像が見られない場合はこちら
まさに外道!ペット用ミニブタ、譲り受け先の夫婦に美味しく召し上がられる


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

いやいやクソかよ最初っから食う目的やったんやないのこれ


ミニ*食べてしまったんですか!!!????


野に放つバカに比べたらマシよ (あくまでも野に放つ奴と比べてマシであって良いか悪いかは別)


捨てるよりは良いけどね…


「最後まで面倒を見た」とも言えるが...うーん


記事書いた奴も屑。笑い話にしようとする意図があり過ぎる。


食べない契約を結んでたなら、なにかしら罰則あるんじゃないの?禁止事項ではあるけど破っても罰則ないやつ?


日本じゃ考えられない話だ。外人ってたまにこういうルール無視の行動をするよなあ。なんなんだろうこの違いは。


こういうトンデモ里親に渡さないように徹底した面接をしないとな。しかしきちんと契約に盛り込んだにも関わらずこの結果は、団体の方はやり切れんね。


虐待されてた方がまだ幸せだったかもな、譲り受け先の夫婦は餓鬼だったんだろう。


世話できないからって…食べたらアカンやろ…  譲り受け先夫婦「さぁ…ミニ*解体ショーの始まりや!」


スタッフがおいしくいただ… (((((;`Д´)≡⊃)`Д)、;'.・


すまんがワロタw


>残念ながらカナダでは動物を食べてしまうことには罪がないようです 動物食べて罰則ある国とか存在しないだろ・・・


未来少年コナンのうまそうでさえ喰われなかったというのに


シュールの意味わかってるのか筆者は? しかし、食べてしまうことには罪が科せないとは、ペット捨てたい奴は犬でも猫でも食べたと言えばリスクなしで処分できるって事か?ザルだろこんなの


飼えなくなったら自分の手で処理する飼い主の鑑。最後まで面倒を見るというのはこういうことも含むんだよ。


いや約束は守れよ世話出来なくなったなら返せよ


野に放つよりはマシと思ったけど食べないよう契約の記載が・・・そんなのがあるなら返却も可能だったんじゃないのかな?って思ってしまった。


ハァァァァァ⁉︎*と言えど愛玩用だろ‼︎




この記事へのコメント

人気記事