『池の水ぜんぶ抜く大作戦』現場は専門家不在でグダグダ



2017年1月から不定期で放送されている番組『池の水ぜんぶ抜く大作戦』(テレビ東京)。手付かずで放置されていた池を水抜きして、どんな生物が住んでいるのかを検証するバラエティで、放送初期からタレントの伊集院光がラジオで絶賛するなど、にわかに話題となり、視聴率も上がってきている人気企画だ。

現在は第6弾までが放送済みで、第7弾が3月11日に放送予定だが、この回の撮影参加者のひとりが当日の様子をブログに掲載し、話題となっている。

ブログエントリのタイトルは「池の水ぜんぶ抜く大攪乱! 2/18」。岐阜県笠松町のトンボ天国にあるトンボ池で行われた収録に参加したブログ主。現地には、子どもを含む大勢の一般参加者がいたものの、スタッフからの事前説明は一切ない。

「泥の攪拌や参加者の踏み荒らしにより,イトモロコやゼゼラ等の小型魚を中心に瀕死個体や死体が池の各所に浮く」「瀕死の大型魚(コイやカムルチー)も散見」といった状況だったという。

その後、「とった生き物を持ってきてください」とのアナウンスがなされ、生き物が集まるも、「そもそも半数近くが死んでいるなか,集められた魚は過酷な環境に置かれ続ける」という事態に。

「途中で『ニシシマもいた』『ドジョウは3種』という情報が流れるも,私がバットに分けられたドジョウ類をすべて見たところ,ニシシマドジョウなんて1匹もおらず,ドジョウとトウカイコガタスジシマドジョウだけであった」とのことで、魚を同定できる専門家もいなかったという。

今回の番組企画趣旨では「トンボのヤゴが、外来種の魚に食べられているらしいので駆除してほしい、との要請を受け出動」となっているが、その外来種を判別できる専門家がいない状態だったようだ。

Twitterでも、他の参加者からの声が寄せられていた。

“大人数が長時間に渡り池底を踏み荒すもんだから稚魚や今回の保護対象のヤゴまでがプカプカ浮いてる始末。著しく今後の生態系に影響を及ぼすんじゃないかと思う”

“最初からどの魚をどの箱に入れるかの指示もないままで、参加者同士口コミでフナはここ、外来種はあっちみたいにやってました。小魚は酸欠でプカプカ・・・スタッフは「魚よりヤゴを捕まえてくださーい」の連呼でゲンナリ・・・”
“岐大や名古屋生物多様性センターなど,池干し関連で頼れる専門家が最も密集する地域で誰にも協力を求めずに,てきとうなことを実行するというのもスゴイことですが…”

また、はてななどのネット上でも、

“「事前説明ぜんぶ抜く」、じゃん”
“この番組割と好きだったのに裏はこんななの?残念”
“以前から進行がグダグダだなあと思ってたけど、陣頭指揮取れるスタッフも居ないまま、専門家まで現地で補うとか、ほんとどんどん酷くなって来てるな。生き物扱ってるんだから、もうちょいちゃんとしてくれ”
“企画の人気が先行するとロクなことにならんうえ影響甚大なので色々ちゃんとやるべき。今回でいえば死んだヤゴほか希少な水生生物の取り返しつかんのだぞ”

と批判が殺到している。人気企画だけに放送の要望も多いのだろうが、在来種の保護という原点を忘れてはいけないはずだ。
(飛鳥 進)

■関連リンク
池の水ぜんぶ抜く:テレビ東京
http://www.tv-tokyo.co.jp/ikenomizu/
池の水ぜんぶ抜く大攪乱! 2/18
https://blogs.yahoo.co.jp/aiamuhuna/16099345.html

「第1弾の撮影現場はしっかりしていた」という声もあった ※この画像はサイトのスクリーンショットです(テレビ東京公式サイトより)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

最初はちゃんとやってても人気が出て需要を満たそうとすると量産しなければならず、結果として質を落とす。そうなったらもう何のためにやってるのかわからんわな。世の中そういうの結構多いわ


ただでさえTVは前時代の遺物になりつつあるってのに


参加者のショタをスタッフのお姉さんが全部抜くだって?(妄想)


岐阜大に淡水魚・河川生物の専門家がいるんだから協力を仰いで意見を聞けば良かったのに…番組が生まれたときの志は高くても、バラエティ性偏重になればおのずと質は下がっていく。これからも番組を続けるつもりならそこら辺はちゃんとして欲しい


オワコン化はえーな


一回だけの特別番組なら面白いし、クオリティも高いんだろうけど、なぜシリーズ化しちゃったのかな


そもそも安定してる環境を破壊するわけだからそこに生息してる生き物にダメージがいくのは当たり前だろうに。河川等だって治水という面があるから仕方ないって面もあるけど日本古来の生物が激減してるのは殆ど工事によるもの、外来魚に矛先を誘導してるっていうね。


TOKIOを呼ぼう(提案)


最初から無駄に参加者がいて小さな子供がいたけど泥遊びになるだけじゃ??とか思ったし、なんだかんだタレントが美味しい所だけ出てるような感じでこの番組嫌いだった。


マスコミが取り上げるとバカな庶民たちが沸いて出てくるのよね。池の中の生態系調査なんて大人数が参加すること想定していない。参加するために来ている人って何もする事無い暇な人だとよ


そもそも私たち人間の勝手で汚くしたのに、やり方が悪い、と更に非難するだけってのもどうだろう…。生物に関する知識を持っているのなら、批判ではなく提案をしつこく上げてゆけばいいんじゃないの? 提案ではなく批判をやり続けても、何も変わらんし。提案をする場合は、具体策を講じる必要があるから、それをわかりやすく、まとめないとね。


企画は好きなんだけどね、悪者扱いのデカイ外来種とかが近所にも居そうで・・・お宝鑑定団と似た感覚なのかな


この番組の原点は「在来種の保護」じゃないよ。大事な軸だけど、それは後乗せ。


所詮テレ東か。雑だなと思ってはいたけどここまでとはね。今皇居外苑の濠の浄化やってるけど、4か月かけるそうだしそっちの丁寧な仕事が見たい。


トンボ池ってあれか、”うずまき”で桐絵の父が焼き物の土を取っていた


これ毎週番組になったらヤバくね?伊藤P


そもそも、ずっとその池にいた微生物などの生態系は度外視しているのよね。


昔は年に1回くらい水を抜いてた。今は全然やらなくなっただけ


人気になってきて適当になりだしたか・・・じゃあもう見る価値ないな


正直番組人気への嫉妬で嘘松してるだけにしか思えないんだが。こういう水差すような行動する人間のほうが信用ならんけどね。




この記事へのコメント

人気記事