「日本一危険な滑り台」、今治市が撤去に向け動きだす


愛媛県今治市の「朝倉緑のふるさと公園」にある、通称「日本一危険な滑り台」。長さは約60メートルを誇り、「滑ってみた」動画が数多く上がり、テレビなどでも紹介されるほどの注目ぶりだった。


しかし、今治市は2018年度予算案で、撤去費の490万円と新遊具の設置費用690万円の計1180万円を計上。「日本一危険な滑り台」は撤去される方向で調整が進んでいる。これにネット上では惜しむ声が多く見られる。

「この滑り台子供の頃何回か滑ったなー」

愛媛県今治市公園緑地課の担当者は、2018年2月27日のJタウンネット編集部の取材に対し、

「愛着のある方も確かにいらっしゃると思いますが、安全第一で考えますとやむを得ない決断でした」

と語る。この滑り台は1991年に設置され、市民からも人気だったというが、2016年にネット上などで不適切な遊び方をしている動画が上がったり、17年には事故が発生したり、安全性に懸念があったという。そのうえで、

「遊具としての安全性が十分に確保できないという点と、1991年の設置とあり老朽化が進んでおりまして、維持・管理費のコスト面の負担が重い、という2点を考慮し、この度撤去する方向で調整が進んでいます」

という。


ネット上では、公園から「日本一危険な滑り台」がなくなることへの無念さを露わにする声や、「滑りたかった」といった声が多く、市民からも愛されていた遊具だったようだ。

愛媛の最強滑り台撤去されるのか・・・
- 米騒動 (@komesoudou8) 2018年2月25日
愛媛の滑り台滑ってみたかったなぁ
- おゆ (@11air18) 2018年2月24日
懐かしい.......愛媛県民の私には思い出深いところだったな.......保育園児の時に良くここで友達と遊んで滑り台から逃げてたっけwあー、撤去されるのかー.......少し寂しい https://t.co/22GwFw1ePe
- 炬燵の中の丸い人 (@DULLIhito) 2018年2月23日
愛媛今治の滑り台撤去かー...別に滑ったことなかったけど見た目だけでも笑けるほど危険物やったからちょっと残念。有るだけで面白かったのに
- かえるぅ (@CG_doll) 2018年2月23日
この滑り台子供の頃何回か滑ったなー。愛媛って普通の公園とか学校にも危険な遊具が多かったイメージ。めっちゃ楽しかったけど。
- おに (@onisenbiki) 2018年2月23日
「日本一危険な滑り台」(今治市提供)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

危険なものでどのように安全に遊ぶか考えさせるってことは考えないのかねぇ。危ないから撤去しましょうじゃ、臭いものに蓋するだけで子供の成長を妨げるだけになるんじゃないかなぁ。


なんか過剰だよなぁ……安全対策とれるならとって現状維持を目指すべきだと思う。子供が外で遊ばなくなっている原因の1つだよコレは


これ後者の維持費が重いってのが大きな理由な気がするなぁ…


「日本一危険な滑り台」じゃなくて「日本一危険な滑り台にされちゃった滑り台」ですな。動画あげた連中とか誤った使用して事故起こした連中とか訴えたらケツの毛まで毟れるんじゃないの?それだけの損害は受けた訳だし。


あれもこれもダメとか言い出す人間の言うことをいちいち間に受けないでいいですよ。俺もよー言われる。武器のパフォーマンスは危ない「かも」って。あのなぁ危なくないようにやってるからパフォーマンスとしてやってんだ!危なくなかったから続けられてんの!この滑り台だって事故の可能性は高くとも楽しむ人もそれだけ多いから残ってんだろ!危ないと思うやつが滑らなきゃいだけだ。


少しくらい怖い想いや痛い経験を積まないと、思いやりのある大人には育たないと思う。


まあ何しろ27年も経てば老朽化は心配になるからねただでさえ危険なわけだし


公園の遊具撤去は過剰反応だけど、今回のに関しては実際老朽化が無視できないし仕方ない


>少しくらい怖い想いや痛い経験を積まないと、思いやりのある大人には育たないと思う。←いや*だらどうすんだよ


えっ、もったいない。マヌケなガキが何人か*だとしても、撤去する必要は無いだろう。


怪我をさせたくないっていう親心も分かるけどさ、あれもだめこれもだめって撤去されまくった遊具の無い公園とか子供の遊び場としてどうなのさ。挙句にはお年寄りがうるさいとか邪魔とか言うのもあるぐらいだし。そりゃ部屋に篭ってゲームばっかりするわな、外に楽しみが減ってるんだもの。


公園って何を置けばいいのかわからなくなってますね。鉄棒、滑り台、ジャングルジム、ブランコ、シーソー、すべて危険だというので絶滅の危機ですし。


危険なものがなくなれば何か危険か分からなくなるぞ。その結果、より重大な事故を引き起こす。


安全を確保するためには当然メンテナンスが必要でその費用はいち地方自治体には重過ぎるし仕方ない


危険なら撤去するのが普通だと思うんだ スポーツでも遊びでも仕事でも安全は大事だろ


遊具撤去は昔から893の息がかかった土建業の仕事。


今回の話では、「この滑り台が危険」なのではなく「この滑り台を危険な遊び方に使うバカが居た」ってだけでしょう。老朽化して維持管理費がバカにならないようなので、仕方のない話だけど。


保守・点検の費用考えると難しいのでしょうね。無限に税金突っ込めるなら別なんでしょうが


老朽化してる場合 危険度が著しく増すのでしかないが あの半分くらいのコースは新しくできるといいね。(それでも長いとは思うので)


それよりも、代わりに新遊具を設置するということに安心。公園の遊具を片っ端から撤去してなくしていったら、外での遊びは駐車場でのかくれんぼという「極めて危険なもの」が選ばれるようになるよ。




この記事へのコメント

人気記事