日ハム清宮、プロ初安打はフェン直二塁打「無我夢中」「あんまり覚えてない」


138キロ直球を右中間へ運ぶ

 日本ハムのドラフト1位ルーキー・清宮幸太郎内野手が28日、本拠地・札幌ドームでの国際交流試合・台湾ラミゴ戦に「7番・一塁」でプロ初スタメン出場を果たし、初安打を放った。

 ここまで実戦は空振り三振、四球、四球という結果だった清宮。両チーム無得点の2回2死走者なしで最初の打席を迎えると、2ボールから左腕ダウンズの138キロ直球をフルスイング。内角高めへの球を右中間フェンス直撃の二塁打とした。

 清宮は実戦4打席目にしてプロ初安打。「真っ直ぐですね。(コースは)甘くはなかったですけれど、無我夢中でした。あんまり覚えていないです。(札幌ドーム初打席は)普段通りでした」とコメントした。(Full-Count編集部)

二塁打を放った日本ハム・清宮【画像提供:PLM】


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

まあこれからプロでどれだけ順応出来るかどうかだろうね・・・投手と違って野手は高卒だとどうしてもレベルの違いに苦しむ事になるしな。そう考えると清原っておかしいよなぁ・・・高卒1年目でいきなり31本塁打を打って常勝西武の4番なんだから


清原は高卒ルーキーで【あの落合】に外角は俺より数段上手いと言わしめ類い稀なるボールを遠くに飛ばすセンスも待ち合わせていた‼( TДT)清宮君はまずはレギュラーだなw(*≧з≦)。




この記事へのコメント

人気記事