藤井聡太六段、中学生ラスト対局は飾れず… 年度勝数、勝率は歴代4位タイに


 将棋の中学生棋士・藤井聡太六段(15)が3月28日、王将戦一次予選で井上慶太九段(54)との対局に敗れ、中学生最後の対局を飾れなかった。公式戦の連勝は「16」でストップした。藤井六段が50代以上の棋士に敗れたのは、デビュー以来、今回が初。

 2017年度の対局も今回で最後となった藤井六段は、同年度の各部門成績で他の棋士を圧倒。全棋士トップの73局、61勝(12敗)、勝率0.8456、29連勝(年度またぎ)で、史上最多の29連勝を筆頭に勝数、勝率では歴代4位タイにランクインした。各部門の歴代記録は以下のとおり。


◆対局数

89局 羽生善治 2000年度

88局 米長邦雄 1980年度

86局 谷川浩司 1985年度

86局 佐藤康光 2006年度

82局 中原誠 1982年度


73局 藤井聡太 2017年度


◆勝数

68勝 羽生善治 2000年度

64勝 羽生善治 1988年度

63勝 森内俊之 1991年度

61勝 羽生善治 1992年度

61勝 木村一基 2001年度

61勝 藤井聡太 2017年度


◆勝率

0.8545 中原誠 1967年度

0.8511 中村太地 2011年度

0.8364 羽生善治 1995年度

0.8356 木村一基 2001年度

0.8356 藤井聡太 2017年度


◆連勝数

29連勝 藤井聡太 2016~2017年度

28連勝 神谷広志 1986~1987年度

24連勝 丸山忠久 1994年度

22連勝 塚田泰明 1986年度

22連勝 羽生善治 1992年度

22連勝 山崎隆之 2002~2003年度

(C)AbemaTV


▶3/30(金)8:30~ 第43期 棋王戦 五番勝負 第五局 渡辺明棋王 対 永瀬拓矢七段




(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

負けが記事になる15歳


やったぞ井上先生!!将棋界で最も好きな先生だからうれしい!


こう言ってはあれだけどやっと負けたか…。


藤井六段の人間アピールでしょ・・・(すっとぼけ)


対戦出来てる時点で人間アピール失敗してません・・・?


アホな疑いだろうが、本当に中学生なのか。


敗北を切っ掛けにして、更に強くなって帰ってきそう。


将棋ロボのくせに人間アピールしやがって・・・!


中村王将めっちゃすごいんやな…


藤井衰えたな


まあ「早熟タイプの天才」じゃない事を祈るよ…


さすがに連勝で浮ついたかな。。たまには負けて気を締めないとね。。がんばれ!


「こいつ1回負けたら連勝するよな」ってなったらあなたはもう頭がおかしくなってます!


あくまでほぼ格下とばかりやっての連勝数だからね、来季からが本番聡太くん頑張れ


学校の最期くらいはそっちを優先しなきゃならんだろうし、まだわからん


なんか同じ名前が並んでますね…………


女ができるとすぐこれだ


改めて羽生さんの凄さが分りますね・・・


まだまだこれからだよ。・・・上の履歴見るとやはり羽生は化物だな・・・


なんか同じ人いっぱいいるね(すっとぼけ)




この記事へのコメント

人気記事