小6女子たちの悪夢のいじめパーティー


子供たちはなぜ残酷ないじめに走るのか。そして、もしわが子がいじめ被害者になったら、どんな対応をすればいいのか。これまでに5000件以上の相談を受け、今も解決に奔走する私立探偵が、「いじめの現場」を解説する。連載第1回は、小学6年生の女子グループで起きた「悪夢のいじめパーティー」について――。

いじめ行為は、そのほとんどが大人の世界であれば刑法犯に当たる。殴る蹴るなどは暴行罪、悪口を言う、暴言を吐くなどは名誉毀損(きそん)になるだろうし、加害者が被害者を思い通りに従わせているようなケースでは、その経緯に強要罪に当たる行為があるだろう。性的行為が伴うもの、自殺の練習をさせる行為などは、間違いなく犯罪そのものである。
また、仲間はずれについても、人権侵害行為であることは間違いない。限られたコミュニティの中に生きる子どもが、その仲間の中で存在を否定されるのであるから、心への傷害行為に等しいとも言えるのだ。

■誕生日を祝ってあげると誘われて

ある小学6年生の女子児童のケースを見てみよう。自分の誕生日をクラスメートが祝ってくれるという話が持ち上がり、彼女はその会場となった友人の家に、目いっぱいおしゃれをして向かった。

実は彼女は、この友人グループ内ではいわゆる「いじられキャラ」扱いをされており、貸した物を返してもらえなかったり、グループ内で自分だけ外された別のグループが作られていたりすることに苦痛を感じていた。だからこそ、友人たちが誕生日を祝ってくれることがうれしかった。前日の日記には、祝ってもらうことの喜びや、普段は冷たい友人たちをほめたたえる言葉が踊っていた。

ところが、用意されたバースデーケーキのろうそくの火を吹き消したとたん、彼女は両脇にいた2人の女の子に後頭部を捕まれ、思い切りケーキに顔面を押し付けられた。顔はケーキまみれ、襟(えり)口なども生クリームなどでベトベトだ。何が起きたかわからずに顔を上げると、他の子たちはスマートフォンで何枚も彼女の写真を撮っていた。その場にいた全員が大爆笑しながら、写真をいろいろなLINEグループに送り始めた。

「やめて!」。そう抗議する彼女を、他の子供たりはむしろ攻め立てた。せっかくあなたがウケを取れるよう、ケーキを1つダメにしてまでみんなでお膳立てして「あげた」のに、怒ったり泣いたりするのはおかしい、と。

とっさにうまく反論できなかったものの、それでもこの場にいることが何より苦痛だと感じた彼女は、そこから逃げるように駆け出した。走りながら、「良かったね」と優しく送り出してくれた母の顔を思い出し、このまま帰ったら母を悲しませると思った。自然と、その足は家路ではない方へ向かった。

公園のトイレで顔を洗い、そのまま向かった先は、小学校低学年まで住んでいた団地だった。このままあそこから飛び降りたら、自分がどんなに苦しかったか、あの子たちにわからせることができるかもしれない。そんな思いと、母の笑顔が、彼女の頭の中で交錯した。

私は、彼女の母親からそれまでにも何度かいじめの相談を受けており、この件の一報を受けたときは、同じ区内で別の打ち合わせをしたその帰り道であった。人を探すのは私の得手な調査であったから、この女子児童が階段の踊り場で階下をのぞき込んでいるところを、無事保護することができた。

しかし、もしも私の発見が遅かったら、母の笑顔を思い出せなかったら――。ボタンが1つでも掛け違っていれば、彼女は自殺してしまっていたかもしれない。

■反省しない子、逆ギレする親

この後、私は何が起きたかを聞き取ってから、被害者である彼女とその母とともに、いじめた側の連中に抗議しに行くことになった。彼らがばらまいた例の写真はすでに拡散しており、若干の「炎上」を起こしていた。

その場で反省し、謝罪をする親子もいたが、遊びだったと一切反省をしない子、子供のやることに親が出てくるのは間違いだと、抗議することそのものに反論した親もいた。そのくせ、自分が同じ目にあうことは嫌だとも主張する。

こうした子や親と話していると、未成年に強要して違法行為をさせたり、女性を脅してアダルトビデオに出演させるようなアウトローと、なんら変わらない思考回路の持ち主だということがわかる。そんな加害者とのぶつかり合いを経て、被害者は自らの常識や許容範囲を超えた、到底受け入れられないような別次元の考えを持つ人物の存在に気づくのだ。

ところが、クラス主義で団体行動を基礎とする学校社会では、このような危険な人物がいても、いじめの被害者は彼らと同じ空間で、表面上は仲間として過ごす事を強要される。法律上は、未成年の犯罪行為は刑法犯としては裁かれることはない。だが、いじめの加害者のしていることは犯罪行為と何ら変わらないのであり、被害を受けた者の心身の痛みは、法の定めとは無関係に、犯罪被害を受けた者と同じなのである。

それが、被害者が子どもだからという理由で、容易に癒やされたり回復したりするものだと考えていいのか。答えは否である。

■大人になっても残る心のダメージ

いじめ事例ではよく、学校が介入して加害者による「謝罪の会」をセッティングしようとして、被害者側がこれを拒否するケースがある。これこそ、学校側も加害者側もいじめ被害を軽く見ているから起きる事態だ。いじめの被害が、冒頭に述べたように犯罪被害となんら変わらず、被害を受けた者の心身の痛みも同等だと考えることができれば、学校も加害者もこんな愚かな対応はしないだろう。だが、実際にはこうした無神経な対応が無数に行われている。

被害者の心のケアなどについても、ほぼ無整備といえるくらい具体的な体制がない。いじめによる心理的ダメージは、被害者によって個人差があり、いじめ行為の状況によっても大きく異なる。そのためか、被害者に向かって「いじめへの耐性をつけるべきだ」とか「強くなれ」と要求するような、誤った指導も横行している。

私はあるSNS(会員制交流サイト)で、元いじめ被害者のコミュニティに参加しているが、30代を過ぎてもいじめのトラウマ(心的外傷)に悩み、心が壊れてしまったり、社会人として就業ができなかったり、人との距離感がうまく取れずに悩み続け、常に重いストレスの中で生活していたりする方が多数いることを実感している。

■わが子のフォローは保護者主体で

もしわが子がいじめの被害を受けた場合は、保護者が主体となって、被害を受けた子のフォローをするしかない。学校への登校は、無理をさせる必要はない。特におなかが痛くなったり体調不良が出たりする場合は、欠席も重篤な被害を回避するための効果的な方法だと考えたほうが良い。

本来は、学校がカウンセリングの案内などをすることになっているが、案内がない場合や地域行政としてそのようなフォローがない場合は、自分でカウンセラーを探す必要がある。基本はダメ元ぐらいのつもりで相談し、カウンセラーとの相性が悪ければ、さっさと別のカウンセラーを探す。無償の電話相談などは、匿名で相談できる気軽さはあるが、筋が良ければラッキーぐらいに心得ておく必要があろう。

*本コラムへのご意見、取り上げて欲しいテーマ、ユースガーディアンに相談したい事例等ありましたら、下記URLにぜひお寄せください(ご相談へのお返事については、お時間をいただく場合があります)。https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSeeAI2nGm9-UKz9XTN_ngXmvjkWHA5ErugiIOg_1yHd9jlmUg/viewform?usp=sf_link

----------

阿部泰尚(あべ・ひろたか)
NPO法人ユース・ガーディアン代表理事
1977年、東京都生まれ。東海大学卒業。T.I.U.総合探偵社代表。日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー。教員免許あり(社会科)。2004年、探偵として初めて子供の「いじめ調査」を受件し、解決に導く。以後5000人以上の相談を受け、重大な問題があり、関係各所が動きが取れない状態であった330件(2015年12月現在)に上るいじめ案件を手がけ収束・解決に導き、今も精力的に「いじめ問題」に取り組む。著書に『いじめと探偵』(幻冬舎新書)など。

----------

写真=iStock.com/Misaki Saito


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

いじめはやっぱり何かしらの罰を与えるべきなんだよ。注意だけで反省できるのなら社会問題なんぞになっちゃいない。


苛められてる子に言えるのは、大丈夫本当に死にたくなったら先に相手を*てあげようね☆という悪魔的なアドバイスしかできない、けどそういう心は大事。俺の母親は「なーにつらくなったら金属バットもって体育館裏でボコれ」というアドバイスをいただいた(目がマジだった)正直*うと思えば*る相手に虐められてるとおもうほどばかばかしく思えることはないからね


虐めなん*るゴミは可及的速やかに社会からパージすべきである。何故なら奴らには「反省する」とか「他人の気持ちを慮る」という人間が本来持つべき機能が存在しないからである。


いじめは必要なことなんだよ、イルカだっていじめをする


14歳以下は刑罰に問えないからね。仕方ないね。


えげつな・・・ロリコンにハイエースされれば良いのに


>めめ 貴方も*直前まで虐められて精神崩壊しますように


お前らの場合小6女子にイジメられるのはご褒美だからな


子供がやったことですのでで終わらせる親はマジで意味分かんない


実際未成年のうちになんでもやってやろうと思ってるやつは存在する今は親*ばかりの世の中だし誰かが罰を与えるという意味でも刑罰を与えるべき


イルカさんいつもいじめっ子の言い訳に使われててかわいそう


うん、だれのためにもならないでしょ。だから少年法を廃止しろとこれほど騒がれてるのだわ。DQN親がDQNを産むというサイクルを断ち切るには法で押さえつける以外に方法ないでしょ?だから廃止を急げ。


プレジって何雑誌だったかもうわけわかんねぇな。文春とかSPAと同類かよ


私も小学生と中学生の時いじめられた。クラスの子たちもやめなよ!と言ってくれなかった。だから早く卒業したいと思ったよ


そもそも「ケーキ一つを無駄にしてまでお膳立てしてあげた」っていう、知能に対して倫理がついて行ってない感じが現代の情報の錯綜を象徴してるね。こんなのに「子供だから仕方ない」で済ますのがおかしい話なんですわ。時代背景についていけずに掲げる「少年法」なんて人を*法律でしかない。


なんで少年法が廃止されないの?遅くないか?(無知)


「子供がやったことに親が文句を言うなんて大人気ない!でも自分や自分の子が同じことをされるのは嫌だし許せない!でも謝りたくないから無条件で許せ!」何をどう解釈したらこんな主張が受け入れられると思えるのか本気で分からない。人間以下のサルが子供作るなよこういう害悪にしかならないんだから


集団でイジメをする奴らは精神的に異常を来してる可能性が高いので精神病院に入れた方が絶対良い、社会通念が完全に破壊されたモラルハザードモンスターなので、正常な人間社会での生活は不可能だと言わざるを得ない、「心に悪魔が宿ってる」そう言うのはもう子供とか言ってる場合じゃない殺人事件も平気で起こすようになる


いじめする奴はサイコパスの家系の可能性が高いから人間の常識が通用しない被害者は速やかに警察に通報するしかないね


民事訴訟しよう。*な親にはお仕置きが必要だ。




この記事へのコメント

人気記事