「どんな絵にも描いた奴の努力は出る!」 東京五輪マスコットを描いた元“専門学校の先生”のエピソードに反響


 イラストレーターのスイカ原さんが専門学生のころに“先生”として出会った、東京五輪マスコットキャラクターをデザインした谷口亮さんとのエピソードを描いた漫画がTwitterで話題になっています。

【その他の画像】漫画の続きを見る

 マスコット発表会の記者会見でテレビに出ていた谷口先生にビックリしたスイカ原さん。以前から個性的な服装をしていたことや、笑うときは大声など、約13年前に通っていた専門学校の非常勤講師だった谷口さんの人柄と、その当時の授業を思い出します。

 授業の内容は、それぞれ自分の描き方で「オリジナルのマスコットキャラクターを描く」というもの。イラストの提出となる2回目の授業で、谷口さんから「次の授業で描いたキャラを公開評価するから」という言葉が出て教室から「エー!!」といやそうな声が上がるなか、スイカ原さんは少しドキドキしながらもイラストの続きにとりかかります。

 すると、スイカ原さんのことを“田舎者”と笑っていた生徒がいち早く描けたことを報告。先生から雑なことを指摘されると、それは味だと主張し「ラフな感じを出すために 超 努力して 描きました!」と笑って答えます。

 そこで谷口さんはスイカ原さんの絵をその生徒に見せ、同じ犬の絵でも「大違い」だと指摘。授業中にずっとしゃべっていた生徒の絵に「どこに努力したと?」と指摘し、スイカ原さんが下書きからペン入れにトレース、さらにミリペンで絵の枠を描いて、それから線を塗った前回の絵をコピーし、2回目の授業で納得いくまで何枚も色を塗っていた姿を挙げて「これが努力たい」と話します。

 他の人より作業に時間がかかっているけれど「これを続けたら原はいずれ短時間でもいい絵が描けるようになるったい!」と、努力することの意味を具体的に述べつつ、

「正しい描き方があるわけやない! 絵の世界は努力が評価されるわけやないし タレントが描いた絵が知名度で売れたり… 運もある 狙ってできん味やセンスも大事たい! ただな… どんな絵にも描いた奴の努力は出る! それは覚えとけ」

 と、“超 努力”したと自称する生徒にきっぱり告げるのでした。心に刺さる言葉を熱く語る姿がかっこいい!

 漫画ではその後の2017年に谷口さんと飲んだときのエピソードも描かれ、地元で働きながら描いているスイカ原さんの絵を見て「いい絵描いとるやんか!」「自信もて!」「俺が保証しちゃるけん…」「昔から原にたりんのは自信たい!」と、酔うとやたらと熱い“谷口先生”の姿も見られます。イラストへの情熱と人柄の良さが伝わってくる……。

 スイカ原さんは漫画の「あとがき」も投稿していて、「こんなこと言ってもらえた!」という大事な思い出だと述べています。また専門学校について、感謝もありつつも、“学びの場”としての「『場』が『場』ではないことが多々ありました」と当時の思いを語り、働くようになってからは「払ったぶんを活かせなかったのは自分のせい」とも考えるようになるなど、後悔を感じる部分があったことも振り返って記しています。

 しかし、谷口さんの絵が東京五輪マスコットに選ばれたことを、当時学費を出してくれた両親に話したときには、「高いお金払って専門学校に行かせたかいが…って思ってたけど、あんたが慕ってた先生はすごい人だったんだね。そんな先生に教えてもらえて良かったね。そっか…苦労してあんたを専門学校に行かせて良かったんだね…」と喜ぶ両親の姿が。その言葉を聞き今回の漫画を描くことにしたスイカ原さんは、「こういう授業があったから今でも絵を描いています」として「専門学校に行かせてくれて、ありがとう」と両親への感謝の言葉で締めくくっています。

 スイカ原さんは現在、会社で冊子・新聞・チラシ制作やデザインの仕事をしながらイラストを描いていて、FMラジオの公式「番組ステッカー」の似顔絵を担当したり、お店のロゴやのれんのデザインも担当するなど活動中。また好きなロックバンドの似顔絵を普段から描いているほか、郷土愛あふれる「西浜いも(※島根県出雲市湖陵町の特産物)」や「出雲弁」のLINEスタンプも制作しています。気になった人は、これまでのイラスト等を公開している公式サイト、ブラック企業に勤務していたときのエピソードなどを描いた漫画等を公開しているブログをのぞいてみるといいかもしれません。

 Twitterでは一躍有名になった谷口さんのことが描かれた漫画に「素晴らしい先生だ」「かっこええ」などの声が寄せられ、その熱い言葉に「励まされた」「胸が熱くなりました」と人気に。谷口さんも教え子のスイカ原さんの投稿に「嬉しい漫画」とツイート。他にもあとがきに「親御さんの言葉に泣いた」といった声が寄せられたり、中にはスイカ原さんが描いた犬のグッズが欲しいといった声も上がるなど多くの反響を呼んでいます。

画像提供:スイカ原(@suikahara)さん

テレビに出ていた谷口先生にビックリしたスイカ原さん


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

これ好き


持ってない奴が持ってる奴と戦うための唯一の武器


>ぽこぺむ  そういうお前は何一つ持ってなさそうだね


ぽこぺむ 何一つ持ってない*が何言ってんの?


運をモノにするのは努力なんやろなぁ


マスコットみたいなおじさんだと思ってたけど普通に凄い人だった。東京五輪のキャラ好きやで。


>>ぽこぺむその通り。結局お前もその『武器』を以って戦わんとならんのやで?自分もだがな。


最初に巨大ブーメランを投げた奴ぇ・・・


努力と言うのは宝くじを買うためのお金のようなもの。お金をかければかけるほど(努力をすればするほど)宝くじを沢山買う事が出来、当たる確率も上昇する。逆に努力をしない者は宝くじを1枚も買う事が出来ない。俺はそう言う風に思っている。


>>けあるが様 ところが1枚買って大当たり引き当てるのも居るのが『努力が全て』と言い切れない恐ろしさ・・・ それが豪運か天賦の才かは別だが


人柄がいいのはわかったけど、周りから利用されやすいってのもよくわかったわ。


努力と自信!


何かよく分からんが、言われるまでもなく俺は自分を何も持ってない人間だと思ってるんだけど、言いたい事が伝わってないみたいで困惑しかない


「狙ってできん味やセンスも大事たい! ただな… どんな絵にも描いた奴の努力は出る!」そうなんだよなあ。。。


この記事読んで谷口さんの好感度アップしましたわ




この記事へのコメント

人気記事