米国の銃器メーカー・レミントンが倒産 ドラマ「西部警察」のショットガン


米国の老舗、銃器メーカーのレミントン・アウトドアが現地時間の2018年3月25日、裁判所に連邦破産法を申請したとことを、海外メディアが報じた。今後も営業は続けられる見込みとされる。

トランプ政権になってから、販売が低調で負債の返済に苦戦。2012年の小学校での銃乱射事件の遺族からも訴えられるなど、逆風が吹いていた。

銃に肯定的なトランプ政権下で売り上げ減少

英ザ・ガーディアンによると、政治家が銃規制を求めると、駆け込み需要があり、売り上げが上がるのとは逆に、トランプ政権が銃に対して肯定的なことで売り上げ減少が続き、レミントンの売り上げはトランプ政権が始まって最初の9か月間で27.5%減少したという。

そういった背景から、レミントンはデラウエア破産裁判所に連邦破産法第11条の適用を申請した。負債総額は1億から5億ドルにのぼるといい、レミントンは同法の下で債権者に経営権を譲渡する代わりに負債を減額する計画を提示しているという。

米国の老舗メーカーの倒産に、ツイッターでは

「コルト・ディフェンスが潰れた時は『コルトがやられたようだな』『あの程度でやられるとは銃器メーカーの面汚しよ』とか言ってる余裕があったけど、レミントンまで潰れたとなるとストーリーも中盤に差し掛かった感があるな」
「コルトの次は......」
「ショットガンといえば、レミントンともいえる老舗が。どこか再生ファンドが買うのだろう」

と、驚きの声が相次いだほか、2015年、同様に破産法第11条適用を申請した銃器メーカーのコルトについても言及された。

レミントンは1816年の創業。200年以上の歴史を持つ老舗の銃器メーカーで、ハンドガンやライフルに加え、弾薬の生産も行っている。

日本では、ドラマ「西部警察」シリーズで渡哲也さん演じる大門団長が、同社のショットガン「レミントンM31」を使用していたことで知られる。

老舗銃器メーカーが破産申請(Wikimedia Commonsから)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

ちょっと前のギブソンギターの経営難の話と何か共通点あったりするのかな。アメリカ的なモノを作る老舗製造業の苦戦のニュースが最近続くね。


え…


ベレッタとかシグザウエルとかグロッグのほうが売れてるのか?


世界中のハンターが天を仰いだはず。残念極まる…


ウソだろオイ


偉大なるM700の開発元が、、、嘘だろおい


銃なんてものは使われないほうがいい、だが無くなってはいけないのだレミントンの技術が流失するのは普通にやばいな・・・


銃規制がある方が売り上げが伸びるんかい!w


オートマチックな構造のショットガンが他からぽんぽん出てる中で、あの特徴的なコッキング(「シャキシッ」のアレ)な銃しか作れなかったんだっけ? 日本刀とかと違い、芸術性・鑑賞性より実用性が重視される銃じゃ、古いもの作り続ける老舗メーカーは生きていけないだろうねぇ…


銃剣さえあれば何も問題ないな(イギリス軍人的な発想)日本男児<十徳ナイフで十分>←もはや銃ですらないお


武器屋が潰れるという事は平和なんだろうな。単に戦争の形式が変わっただけかもしれないが。銃火器より戦闘機が売れる時代ですから、最近は泥臭い地上戦なんて余りしませんし


勿体無いな〜時代が時代だ*…


ポンプアクションは単純な構造で頑丈かつ安価に作れる。ガス圧セミオートのM1100とかも作ってたぞい・・・


軍のショットガンがこの先ベネリだらけになりそう


ちょっと前に潰れそうだってニュース見たけど、ついに連邦破産法を申請か


次はイサカかな・・・


十徳ナイフで十分 ← 森永卓郎曰く、日本男子は竹槍で十分だべ。


この会社の世話になった創作キャラは多いはず バイオのレオンとか…バトロワの桐山を倒したショットガンもこの会社の製品


なーんでショットガンってタイトルにあるのに画像はショットガンじゃないんですかねー(イチャモン


M700が価格上がりそう




この記事へのコメント

人気記事