年収1800万円でも負け組…50代独身の孤独はカネで解決できなかった


給料泥棒、ガハハおじさん、名誉副部長etc. 存在自体が目障りな50代社員はどの会社にもいるが、彼らとて望んで“負け組”になったわけではない。負け組50代の主張と打算に耳を傾けつつ、誰もが通る“加齢”の恐怖にどう抗うか、その中から学んでいこうではないか。

◆高級外車も都心タワマンも“独身”の闇を癒やしてはくれない
…梶原洋介さん(仮名・54歳)総合商社/年収1800万円/勤続32年

 勝ち組、負け組の判別は収入の多寡だけでは決まらない。

「年収1800万円。住まいは麻布のタワーマンションで愛車はマセラティのグランツーリズモ。それでも負け組感でいっぱいです」

 そう語るのは大手総合商社で課長職を務める梶原さん。世間的には十分すぎるほどの勝ち組だが、そこまで卑下する理由とは?

「部長クラスの同期の年収は3000万円近く、出世競争に負けたというのが一つ。もう一つは生涯未婚が確定しそうなことですね」

 現役バリバリの30、40代。「男は出世すれば、いくつになっても嫁は見つかる」を信条に、仕事第一に働いてきた。プラント開発事業で巨額の損失を出し、出世競争から大きく外れたことで、本格的に嫁探しを始めたのが50歳のとき。

「職場で一般職として働く仲里依紗似の女性(28歳)とディナーやドライブなどのデートを繰り返し、意を決してプロポーズしたら……断られたんです。『俺は収入も貯金もある。生活には不自由させない』と主張したときの彼女の言葉がショックでした。『梶原さんと結婚して子供が生まれて、その子が小学生のときに梶原さんは何歳だと思う? 60歳だよ。運動会とか恥ずかしくて行けないよ』と。正論すぎて返す言葉が見つかりませんでした。カネなんていくらあっても墓場まで持っていけるわけでもない。俺、何のために……誰のために働いてるのかなって」

 50代独身の不遇感は、カネで解決できるものではないのだ。

― 負け組50代の背中 ―

※写真はイメージです


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

金があっても負け組ではなく、年齢で弾かれただけだろ。これはハズレと割り切れよ。まあ、子供が小学校に入学した時に定年になっていれば「無職の夫」となるが。


50代なら、40歳くらいの女性ならまだ望みはあるだろうに、20代と結婚できるわけないだろうが・・・30代も厳しいだろうし


結局、記事になっている男性って、何才能なかっただけ、単に会社の指示に従っただけ、才能あれば仕事のミスも未然に防いで成功さしている。会社に巨額の損失出した時点で人生終わっている。社内の女性に結婚迫るのもバカの証。社内の女性なんて噂でみんな知っているの判らないの。すべて会社内で完結している時点で負け組み。


収入と人柄や性格は比例しないからね。


60歳で若い奥さんと小学生の子供がいて格好がつく男を想像するんだ。少ないがパターンはある。まあ、今から目指すなら70歳の想定をしなきゃいけないが。


今の日本では結婚した男性の方が人生負け組


結婚とかいう昭和の名残の制度w 資産を手に入れ自立できたのに何が負け組なのか 結婚していても子供がいても*ときはひとりだ これからはおひとり様が当たり前の時代になる 勝手な価値観を押し付けるな


カネで解決できないってより、他人と比較している時点で永遠に満足できないんじゃない


男の賞味期限は40歳。その相手もせいぜい30代だろ。そのくらいの常識は知っとこうぜ。


50代?バブル世代は金に踊ってろよ


隣の芝が青く見えてるだけやん。


とら婚はたしか自分の年齢より5歳下ぐらいまでが限界とかなんとか言ってた気が。子供あきらめて同年代の相手を探せば寂しい人生の終わり方はないと思うが、子供欲しいなら30代までの相手を探さないといけないから、年の差10以上は難易度だいぶ上がると思う。


金で孤独を癒すよりも、孤独でもストレスを感じないように精神構造を作り替えるほうが簡単だよ


こいつ結婚してても家庭に縛られてるとか言って文句言うと思うよ。独身貴族のいいトコ見ずに悪いとこばっか見てる。隣の芝生は青い状態


あたりまえの生き方をしていると、どうしても見えなくなるものがあるんだよね。この問題は、豊かな生活をしているとどうでもいいことに思えてしまうが、実はもっとも根本的で本質的な問題だから、直面した時にそのあまりの大きさに驚愕するんだよね。自分のことを一番よく知らないのは実は自分なんだよ。


仕事以外何も楽しみとか知らずにここまで来たんだろうね。だから金で家やら車やらとガワだけ幸福を演出しても幸せに感じられないんだろう


マジかよ。二次元の嫁すら金欠で手に入らない俺と同じじゃねえかよ。飯奢れよ。


空想取材の定期日刊SPAの妄想記事




この記事へのコメント

人気記事