イラク日報:部隊に迫撃砲や投石 戦闘地域と変わらぬ実態


 防衛省が公開した陸自イラク派遣部隊の日報は、1万4929ページに上る。詳細に見ると、部隊の宿営地に迫撃砲が撃ち込まれたり、投石を受けたりした記述がある。イラク派遣で隊員は「非戦闘地域」で「人道復興支援」に当たるとされたが、戦闘地域と変わらないリスクを負わされ、緊張を強いられた実態が浮かぶ。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

公表された陸上自衛隊イラク派遣部隊の日報のコピー=防衛省で2018年4月16日、藤井達也撮影


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

別に驚いてない自分がいる


自衛官もたまには緊張感もって仕事せねばな。


PKOなんだから100%安全地帯であるハズが無いのですが・・・・


タテマエ論なのは誰もが分かってたことなんじゃなかったのかな?あと、「非戦闘地域」に異論があることは分かってるんだけど、「人道復興支援」に疑問符がつかないと、この活動を正面から否定するのはちょっと難しいように思うぞ。


これは最初からわかってたことだからなぁ。非戦闘地域っていう建前がなければ派遣できなかっただけの話。派遣しなければ大国の仲間入りさせてもらえないから行ったんだし。結局中途半端だったからあんまり意味なかったけど。


非戦闘地域とは、「現に戦闘行為(国際的な武力紛争の一環として行われる人を殺傷し又は物を破壊する行為をいう。以下同じ。)が行われておらず、かつ、そこで実施される活動の期間を通じて戦闘行為が行われることがないと認められる」地域。国際的な武力紛争とは、「国または国に準ずる組織の間において生ずる一国の国内問題にとどまらない武力を用いた争い」。リスクの問題じゃない。


相手が「非戦闘地域」って事を配慮してくれれば良かったのにね。


小泉「非戦闘地域にしか行きません」野党「100%の安全地帯なんてあるわけないだろ」小泉「自衛隊のいる場所が非戦闘地域です!」という経緯で派遣してるのに、実際には戦闘がありました→100%の安全地帯なんてあるわけないから仕方がないじゃん という擁護はおかしいでしょ


それでよく死人が日本人からでなかったな。


ダブル敬遠>どこが?「自衛隊のいる場所は非戦闘地帯」なんでしょ?その非戦闘地帯で投石や迫撃砲を撃ち込んだ人が居た。責められるべきはそんな場所で撃った方なんじゃ?どこが変なの?


誰も弾が飛んでこないなんて言ってないぞ


それは「人生色々」の小泉節なので答弁の綾というか・・・


非戦闘地域に認定すれば攻撃されなくなるなら、地球全体を非戦闘地域に指定すれば戦争がなくなるな。これで俺もノーベル平和賞もらえるわ。


守備配置や装備や弾丸数などの情報が記載されてる日報が公開されている方が問題


非戦闘地域の福岡でも銃弾が撃ち込まれるのに何を言っているのやら。安全なんて誰も言ってないだろ?


「安全が担保されてるかどうか」という意味で野党が聞いているのは理解しているし、小泉さんが単に言葉の定義上で「非戦闘地域」という呼称を使った(安全が担保されているという意味ではない)ことも理解している。つまり小泉さんは論点をずらして、野党は対応できなかったってことだけど。


サマーワの時は族長さんが「自衛隊に手を出した奴に対しては、我が部族総出で山狩りするから安心してくれ」って言われてんだよね。


野党は「自衛隊に危険任務を行わせるべきではない」というのが主張の要旨であるなら、これは「有事の際の日本の防衛力が消失する」と同意なので、これを明確に肯定するべきだった(そして国民から非難を受けるべきだった)と思う。


野党の立場上それが言えないのは分かってるんだが、その野党が与党に対して「自衛隊に危険任務を負わせる」と言わせようとしているのがどうにも卑怯に映る。この二つはセットで切り離しができないんだ。だから整合性を取るために憲法改正をやるって言っているんでしょ?


まぁ、非戦闘地域なんてただ戦闘になる可能性が低いってだけだし、それに自衛官がその非戦闘地域に来たから、内情が変わったかもしれんしな。 そもそも「戦闘」の基準がわからんし、本当に非戦闘地域なら自衛官が行く必要はないと思う。




この記事へのコメント