「そんなに有能な人ばかり必要?」匿名投稿に共感多数「ほとんどの人が精鋭ではない」「凡人でも回る社会にしないと」


「使えない新人」「無能な上司」など、ネット上では無能な人に対する不満を目にすることがよくある。先月のはてな匿名ダイアリーでは、こうした風潮に「そんなに有能な人ばかりが必要なのか?」と疑問を呈するエントリがあった。

投稿者は、「無能のせいで世の中がこうなってしまっている」「有能な人間はそれに足を引っ張られている、だから無能は滅びろ」などと無能を嫌う人たちは、さほど有能とは思えないという。有能・無能は相対的なもので、「世の中の人を全て比較していけば99%の人は無能な人間」であり、残り1%の人たちだけを集めても、今度はその中で有能無能が分かれるとしている。(文:okei)

個人の能力に依存しないで、全体のシステムでカバーしていく必要がある

投稿者も言っていますが、有能無能は相対評価ですよね。

つまりほとんどの人類が無能であり、「無能は滅びろ」は、「人類が滅びることと同義」と自論を語る投稿者。個人の無能が目立つときは、それを補うはずの「『組織』や『教育』に問題があると考えるのが筋だ」と意見した。

「組織の規模が大きくなればなるほど、個人の優劣が組織の優劣に影響しない事が良い組織の条件になっていくのだと思う」

つまり、個人の能力に依存しないで、全体のシステムでカバーしていくことが大事、という主張だろう。さらに次のように問題提起している。

「日本の組織の問題点は平社員や中間管理職、教師、アルバイト店員などといった、本来は無能でもさほど問題ないはずの末端の人々にまで有能さを求めてしまっている事にあるのではないだろうか」

ほとんどの人を「無能」として語るのはちょっと乱暴だが、要するに、ほとんどの人は「凡人」や「平均的な普通の人」なので、個人に対する過度な期待や責任の押しつけはよくないと言いたいのだろう。確かに大きな組織になれば全員が優秀なわけではないし、教育が上手くいっていればもっと優秀な人が増えているとも考えられる。

個人への過度な期待や厳しい目を多少手放すだけで、平凡な人も生きやすくなるのでは

ブックマークは600近く付き、様々な意見が挙がる中、

「増田(筆者注:投稿者)は正しい。ほとんどの人間が精鋭ではないのだから凡人でも回る社会、組織にしないと続かないよ」
「ネットの鋭利な議論を見てると、無能まで行かなくても、『偏差値45の人でも生きやすい社会とはどんなもんだ』と三流の人間として切実に思う」

など、共感するコメントは多かった。

他方、「人は狭い分野でしか有能になれないと思う。興味無い分野では誰もが無能だ」との意見や、「そういった不満は適材適所が成立していないからそうなる」など、人材のマッチング不適合に対する指摘も随分出ている。中には「ネットでわめいてる人のいう無能っていうのは(中略)見下して優越感を得る格好のターゲットって意味。言葉に拘る意味はあまりない」という声もあった。筆者も同感だ。

ただ、このエントリは1カ月近く経ってもコメントが付いていて、多くの人にとって見過ごせない議題だったことがうかがえる。やはり世の中、自分の能力に自信がある人ばかりではない。「個人に対する過度な期待」や、「失敗=即無能と断定」などの厳しい目を多少手放してもらうだけで、平凡な人も生きやすい社会になるのではないだろうか。



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

日本軍はパイロットは熟練が一番良いとしていた、育成が消耗に追いつかなくなり全体の練度は大きく下がった。一方アメリカ軍は誰でも簡単に扱える機体を作った結果、自国の強みである物量を更に効率良くすることが可能になった……。 やっぱり誰でも使えるのは大事だよ。


他人を許容出来ないのが、一番無能っぽいなあ


「IQが20違うと会話が成立しない」っていうスレでほとんどの人が自分をIQ20高い側に置いて語り始めて笑った 他人の評価ばかりしてないで自己分析少しはしろってツッコミいっぱい貰ってたわ


どんなポンコツでも並み以上の仕事させるのが上司の仕事だけどなパワハラブラックは論外だけどなすぐやめると愚痴る*上司 お前のせいだからな?


人をコストと考える限りこの論議は平行線だと思うけどね。


他人は鏡像だ。周りが凡夫に見えるのはその共同体の中で自分だけが他よりもいくらかマシと錯覚していなければその共同体をいつまでも脱出できない愚かな自分を直視しなければならなくなるから


企業体にせよ国家にせよ、冗長性に欠けて人材に替えの利かない組織は破綻すると相場が決まっている


新人が仕事できないのは当たり前、でもどんな人でも得手不得手はある。出来ない所の底上げをするより出来る所を伸ばした方が成長は早い。でも出来る所を伸ばすより出来ない所を底上げした方が寿命は延びる。結局は程々の折衷で行くのがベストって事になるんだと思う。大事なのはその折衷のバランスどう取るかかな?ここが下手だと確実に無能上司or無能企業になる。


有能である必要があるのではなくすこぶる無能が排斥されるべきだと思う。人間なのだから間違えたり失敗したりするのは当たり前で反省の無い自己正当や高慢暴虐な人間が嫌われるだけ。


そら今までは企業側が人を選べる立場だったんだからそうなって行ってただけで、今からは逆を考えなきゃ回らんようになっていく。でもほんまモンの無能はマジで何をやらせても教えても褒めても叱っても何も出来んという恐ろしい事実


でも正直、有能無能なんて場の人間関係で作られることが多いけどね。傲岸不遜な無能がおとなしくて自己主張の下手な有能を無能認定して排除することとかザラ


有能か無能か、1か0かでしか語れないのは無能のやることだと思う


これは良い記事だと思う、こういう考え方もっと広まって欲しいなぁ


そんな事言ってるうちに有能な人間のほうが生きづらい社会になってしまったんだぞ


とりあえず、新人が間違えるたびに詰める*は教育係に向いてないあの*上司のせいで何人辞めたか


「自分が居なくても(休んでも)誰でも代わりができる」状態にするのって大事よ(マニュアル充実&ルーチン化) これができてないから、『臨機応変に対応できる即戦力』が求められてしまう。結果、自分が休めない。でもルーチン化を進めると、「会社の歯車でいいんですか?」とかって悪く言われてしまうんだよなぁ…


有能な上司は部下を育て、有能な部下は上司を助ける。


だからその「全体のシステム」の重要性を理解してないのが真の無能ってことでしょ。優秀と有能は必ずしもイコールではないと思う


めくじら立ててもしょうがないが無能は突然スライディングして攻撃してくるから


適材適所ができないところや人材を使い捨ての会社が多すぎる。独自に個人の能力を見極められないなら、面接の方法を見直すか、取引先を選定するように社員ひとりひとりをじっくり見るのが必要




この記事へのコメント