「漫画村」利用者データ販売疑惑 若い利用者は気にしない?



4月22日、東京都内で「著作権侵害サイトのブロッキング要請に関する緊急提言シンポジウム」が開催された。「ねとらぼ」によると、パネリストのひとりとして、投資家でブロガーの山本一郎氏が登壇し、海賊版漫画サイトの「漫画村」についての調査結果を明かしたという。

山本氏は、2017年11月時点で「漫画村」の売上は月間6000万円前後だったと推測。収入源のひとつはサイトに掲載されている広告で、最も売上として大きかったのは“大手アダルトサイトD社”からの月間売上約350万円。掲載頻度が20%に設定されており、アドネットワークでの月間売上はおよそ1900万円だったという。Twitterでは、

“事実であればボロ儲けもいいところ”
“月6000万って半端ない数字。PVが稼げればなんでもありな広告業界の闇は深いんだな”
“むしろここまで大きくなるまで放置してたことに疑問”

とその収入の大きさに驚く声と、批判が相次いでいる。

その他にも、山本氏は、漫画村には出会い系サイトからの広告収入があり、別の収入源として、ユーザーのアクセスログやクッキー情報の販売も行っていたと推測。これについては、

“ポーカーに「カモがいなかったら自分がカモであると思え。そんな時は退散するに限る」って言葉があるらしいです
金とらないだけで別のもっと価値があるものを奪うのはよくある話”
“いにしえより「タダより怖いものはない」と言われておってな。
無料で得たものは必ずその代金以上の損がどこかに及ぶという経験則じゃよ。”

と、漫画村が“無料”であったことから、なんらかのデータ販売が行われていたことを予見していたという声があった。しかし一方で、

“若い子は個人情報売られたから何?って感じじゃね? 漫画村使えないリスクと、個人情報売られるリスクなら、漫画村使えないリスクのが高そう”
“漫画村とかAnitube使ってたからなくなって悲しいとか言ってる糞みたいな頭すっからかんの若い子いるんだな…”(原文ママ)

と、利用者のデータが販売されることを気にしない若い世代が多いのではないかとの言及も。実際に、23日、NTTグループが漫画村をはじめとする海賊版サイトのブロッキングを発表した後には、

“漫画村まじ終わったのきついわー。漫画買いたくないけど、続ききになる~”
“漫画村まじか!どちゃくそ病んだ! まじで最悪。絶望感やばい。”
“漫画村無くなったのまじできびぃよね笑”

と若い世代と見られる漫画村愛好者たちの悲鳴が殺到していた。無料だからという理由で利用していたユーザーたちは、サイトが閉鎖されたからといって、漫画を購入するわけではない。しかし、海賊版サイトの実情が徐々に明らかになっていることは、業界健全化のための大きな一歩ではあるだろう。
(飛鳥 進)

■関連リンク
・「漫画村」月間売上は6000万前後、利用者データを販売? サイトブロッキングシンポで調査結果が発表される
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1804/22/news025.html



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

漫画村の運営者は一刻も早くみんなで住所実名顔写真その他を特定して殺害するべき。というか殺虫すべき。


まぁ、実のところ漫画村の連中はその内こっぴどい目に遭って惨めに*ことが確定してるけどね。ここでは詳細には言わないけど。


個人情報売られたところで実害ないしなぁ。詐欺系広告は全部無視だし、クレカ情報盗まれても保険きくし。


売り上げだけ試算してるけど、サーバーレンタル費用とかどんなもんだろう 膨大なアクセスに耐えるんだからかなり上等なもんじゃないかと思うんだけど


Megauploadのように正規購入者を煽り続けてるからすぐに逮捕されると思ったが、同じ轍は踏まないらしい、運営者が誰か分からなければ逮捕も告訴も出来ない。


漫画窃盗サイトの”利用者”は、漫画窃盗サイトに”利用”されると。


誰にでも身に覚えのないDM来たりするし、今の時代に個人情報が売られてない人間なんて存在しないからヘーキヘーキ


当件しかりパナマ文書しかり、国をまたがった犯罪行為が未だに無くならないのは、それで暴利を貪っている連中が幅をきかせているからだ。これは資本主義の最大の弱点にして、決して消えることのない癌である。私たちは、この新しい情報社会の未来に向けて、社会制度ごとみなおさなければならない時期に来ている。


個人情報を対価にサービスを受けるのはツイッターやフェイスブックもそうだし、Tカードやポンタもそうだし、googleもニコ動もyahooもそう。そういうのが当たり前の世代なら気にしなくはなるだろう。


漫画村以外でも個人情報なんていくらでも売られてるんだよなぁ。求人サイトをはじめ資格とかも、ニコニコも普通に住所、メルアド、名前くらいはリスト化してるだろうし


"身に覚えがない"ならいいが、漫画村から売られた情報を元に違法コンテンツ利用云々の架空請求が来るんだろうな


昔と違って情報を集めればあつめるほど精度が上昇、あるいは変質するから怖い。そして忘れられることはあっても消えることは無い。触らぬ神に祟りなし


むしろ、個人情報どこにも漏えいしたことない人とかいないんじゃないだろうか問題


若者でなくオッサンでも、個人情報流出で気にするレベルなのは「クレカの情報抜かれたかどうか」であって「迷惑メールが多く来るようになる?ハァ?だから何?」だと思う。海賊版サイト問題で一番問題なのはココ。要は不安煽るには弱く、煽る側に他人の立場に立って考えれる人間がおらず、それが自覚していない


こういう時の問題点の1つに「こういう怪しいとされているサイトで抜かれた個人情報」がどういう人物に渡ってどのように使われるかというもんがあってだな…犯罪組織とかにホイホイ渡ってとんでもない事件に渡る可能性とか考えた方がいいと思うの。今が情報社会だからこそ。


使われ方が想像力が及ぶ範囲で収まると思うのはちょっと楽観的すぎる


YouTubeの漫画版作って閲覧数に応じて広告収入が原作者に入るようにすれば稼ぎも出て海賊版サイトの利用者も減って一石二鳥なんじゃないか?


普通なら許されない行為だけど、利用者も犯罪者なんだからその個人情報がどうなろうとどうでもいい。


利用者は焦らないとダメだよ.君たちを助けてあげようと思う人達はいないよ.


悪いことしちゃいけないのはもっと悪い人に利用されるからだって偉い人もいっとったわ




この記事へのコメント