沖縄:基地全国で引き取りを 「屈辱の日」に訴え


 沖縄が本土から切り離されて米国統治下に入った1952年のサンフランシスコ講和条約発効から66年となった28日、在日米軍専用施設を全国で分担して基地の引き取りを呼びかける街頭活動が福岡市中央区の繁華街・天神であった。米国統治下に置かれたことから、沖縄の人々にとってこの日は「屈辱の日」とされる。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

「沖縄に基地を押しつけて知らんぷりするのはやめよう」と道行く人たちに問いかける里村和歌子代表(左から2人目)=福岡市中央区で2018年4月28日午後5時42分、青木絵美撮影


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

沖縄が地理上の要衝にあるから連合国は沖縄を接収したし返還後も米軍基地が集中してるわけでなあ。9条改正で自衛隊に先制防衛を認めれば代わりに自衛隊の駐屯地が置かれて沖縄どころか在日米軍基地そのものの数を減らせるんだが、反米軍基地派は9条改正反対派でもあるというこの矛盾よ。


普天間の人達の想いを逆なでする翁長wwwwwwwwwwwwwwwwはやく消えろwwwwwwwwwwwww






この記事へのコメント

人気記事