【衝撃】“脳だけで生きる豚”の実験成功、人間にも適応へ! 「水槽の脳」から意識のサインらしきものも確認される!


「自分の体験しているこの世界は、水槽の中に浮かんでいる脳が見ているバーチャルリアリティかもしれない」という水槽の脳仮説というのがある。意識や物事の実在を問う有名な思考実験の一つであるが、現実のものとなる日が近づいたかもしれない。米国の神経科学者が胴体から切り落とした豚の脳を最大36時間生存させたと発表したのである。英「Daily Mail」ほか、多数のメディアが報じている。

【その他の画像はコチラ→http://tocana.jp/2018/04/post_16755_entry.html

■脳だけで生かす

 今月25日付の「MIT Technology Review」によると、断頭した豚の脳を最大36時間生存させたという驚くべき発表を行ったのは、米国イェール大学の神経科学者ネナド・セスタン(Nenad Sestan)氏である。今年3月28日に米国立衛生研究所で行われた脳科学の倫理的問題に関する会議の場でのことであった。

 セスタン氏のチームはと畜場から得た100~200匹の豚の脳に、適温の人工血液を循環させる装置「BrainEx」をつないだ。脳が装置につながれたのは断頭から4時間後のことだったが、驚くべきことに、装置につながれた脳の何十億もの細胞は健康で正常な活動を行っていたというのである。

 さらに、セスタン氏はBrainExにつながれた脳が意識を回復するのかについても調べている。彼らは脳波計や電極などを使って意識を示す兆候を探ったのだが、思考や感覚が戻ったという証拠は得られなかったそうだ。ただ、実験中には意識の存在を示すサインが検出されたこともあり、研究室中が驚きと興奮に包まれたこともあったという。しかし残念ながら、そのサインは後に機器のノイズだったと判明している。

 同様の実験は1993年にスイスのチームがモルモットで成功しているが、豚のような大きな生物での成功は世界初とみられる。セスタン氏はこの技術は霊長類を含むあらゆる種に応用できると考えているようで、「(脳を保存できるのは)豚だけではない」と発言したという。

 非常に興味深い研究であるが、実験内容についての詳細は現在のところ不明だ。セスタン氏は論文を学術誌に投稿中であり、これ以上のことは明らかにできないとしている。

■BrainExの「使い道」

 気になるのは、これで脳の保存や移植が可能になるのかということである。米ブロード研究所の精神医学部門のスティーブン・ハイマン氏は「MIT Technology Review」に対し、細胞が生きているならそれは生きた臓器と見なせると話す一方、移植のために心臓や腎臓を保存するのとは違うと語る。ハイマン氏によれば、脳の移植はまだまだ不可能だということである。

 では、この技術は何の役に立つだろうか? セスタン氏は医師から医薬品の実験に使えないかと相談されたことを認めている。この技術で保存した脳を、例えばアルツハイマーのような脳の病気の治療薬の開発に使えないかということだ。

 生物学に詳しい理学博士X氏に解説を求めたところ、細胞工学の発展により、近年では「オルガノイド」という本物に近い機能や構造を持つ、立体的な実験用臓器を作れるようになっているそうだ。脳もまた例外でなく、培養皿の中で脳の主要部分を育てる「脳オルガノイド」は世界中で研究の対象となり、脳の謎を解き明かす鍵として注目されているという。だがもし、薬の試験に実験動物でも脳オルガノイドでもなく、人間の生きた脳が使えたら? 「実物を実験に使えるとなれば、それに越したことはないでしょう」とX氏は話す。

 無論、このような実験には様々な倫理的問題がつきまとう。目も耳もなく何の刺激も与えられない「水槽の脳」にそもそも意識が生じるのか? その脳に保存されているはずの記憶や人格、そして法的な権利はどう扱われるべきか? BrainExに限らず、最近の脳科学の発展が投げかける問いについて、セスタン氏を含む17人の科学者は連名で有名科学誌「Nature」に声明を発表し、早急な議論の必要性を訴えている。

 水槽の脳は夢を見るか? いずれこの疑問にも答えが出るのだろう。とりあえず、近いうちに発表されるだろうセスタン氏の論文を楽しみにしたい。

(編集部)
※イメージ画像は、「Thinkstock」より

※イメージ画像は、「Thinkstock」より


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

知らんうちに地球がミ=ゴに侵食されていたのか


脳だけで生存とか、なにそれコワイ・・・ 移植より高性能CPUとして使う方が実用化されそう。。。ロボコップ量産できるな


TOCANAだこれ。生電社の頭取かな?


え、それって劇場版555の村上社長では・・・。物語のラスボスが自分の敵の俺の肉体を乗っ取ろうと画策する未来も近いな!


フルメタとかPHYREN小説版とか…


ふしぎの海のナディアの劇場版で誘拐した人を脳みそだけにしてたってオチがあった気がする


PSYCHO-PASSかな?


フロントミッションかな?


オバロ感ある話だなぁ。スワンプマンだっけ?自分と同じ精神の別人云々


新宿かな?そのうちコロラトゥーラが量産されそう。クリスティーヌ...クリスティーヌよ...


キャプテン・フューチャーのサイモン博士かな?


シビュラシステム…


脳みそを並列接続してノインツェーン作ろうぜー


頭「ボディ・・・きたか・・・」


生きてるといっても、細胞が*でないっていうのと脳が機能を維持しているっていうのではだいぶ差があると思うが、これは前者の方って感じかな。


とネタを投稿して…正直意識らしきものっていうけどただの信号反射とかそのあたりなだけじゃない?後、脳を保存ができたとしても体がない場合の精神変容とか色々な派生研究が必要だからかなりの検体(使い捨て)しかも人間のが必要なんだが…研究続行できるか?これ


こんなことを実験して何に活かそうとしてるんだか。おぞましさと気持ち悪さしか感じねぇ。


あっ、生命への冒涜だ


オルガノイドで草 開発止まるんじゃねぇぞ


つまり、擬体があればサイボーグが可能とかか。功殻機動隊の世界が見えてきたな。






この記事へのコメント

人気記事