「朝昼2回着替えろ」「臭かったらその都度呼び出す」…根拠のない「体臭指導」はパワハラ


職場で体臭に関する指導を頻繁に受けてつらいーー。弁護士ドットコムの法律相談コーナーにこのような相談が複数寄せられています。

ある男性の相談者は、上司から2週間に1回ほど「臭い」と指導を受けています。「朝昼2回着替えろ」「臭かったらその都度呼び出す」と言われる一方、どんな臭いかといった具体的なことは一切教えてもらえません。「苦情が来ているから何とかしろ」と一方的に言われるものの、改善する方法もなくとても傷ついています。

また、別の女性の相談者は、職場の人から「あんた、ニンニク食べてきたんか」「すごく臭う」と毎日言われ、総責任者からは「あんたの匂いのせいで周りが迷惑している。今度やったら辞めてもらうからな」と脅されたと話しています。

●具体的な指摘がなければパワハラ

今回の2つの事例における上司や職場の人の言動は、パワハラに該当するのでしょうか。三輪貴幸弁護士は「『業務の適正な範囲』内の指導・助言といえるかどうかがポイントだ」と指摘します。

パワーハラスメント(パワハラ)とは、「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場関係を悪化される行為」をいいます。

「体臭は、体調の異常や病気が反映される場合があったり、顧客対応をする上で問題となtたりすることもあることから、職場内での指導・助言の対象となること自体は違法とは言えません。

しかし、どんな臭いなのか、どんな苦情が来ているか、などの具体的な指摘がないのであれば、指摘される人はどうすることもできません。そうなると、業務の適正な範囲内の指導や助言とはいえないので、パワハラに該当すると思います。

また、具体的な原因や対処方法を指摘することもないまま『今度やったら辞めてもらう』という上司の発言も、業務の適正な範囲内の指導・助言とはいえないので、パワハラと言えます。

会社は安全配慮義務の一環として、職場環境を調整しなければならない義務があります。こうした行為を受けている場合は、まずは社内相談窓口や担当者などを通じて、指導を止めてもらうよう求めてください。その際、上司等の発言を録音したデータなどの証拠もあれば、より良いでしょう」

(弁護士ドットコムニュース)

【取材協力弁護士】
三輪 貴幸(みわ・たかゆき)弁護士
2008年、大阪の法律事務所にて弁護士業務を開始。2015年、樟葉法律事務所開設。埼玉弁護士会所属。2016年、さいたま市非常勤特別職(行政不服審査専門員)就任。さいたま市役所法務・コンプライアンス課所属
事務所名:樟葉法律事務所
事務所URL:http://shouyou-lawoffice.com/

「朝昼2回着替えろ」「臭かったらその都度呼び出す」…根拠のない「体臭指導」はパワハラ


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

でも実際の所は、本人がスメルハラスメントに気付かずに、周りが我慢するっていう。


パワハラ対スメハラの誰も得しない頂上決戦


難しい問題で、体臭が少ない奴ほど自分の体臭が気になるし、体臭がきつい奴ほど自分の体臭には気が付かないんだよね


いやマジで臭い奴おるんだが、どうすればええんやっていう。直接言っても直さないし。


私も自分の臭いはあまりよくないと思いますがわかりません。自分の臭いは常に嗅ぎ続けているから認識できないと聞いたことがあります。「臭いの根拠」と言われても「○○みたいな臭い」としか説明できないかと。「パワハラだぞ」と匂わせても続くようなら本物かブラック企業では?あと記事書くなら見直せ。


臭気センサーとか、客観的に測定する方法でマージン切って、誰であれ違反したら処断すればいい。上司がそれを拒むなら、気に入らない部下を追い出す口実にしてる可能性が高い


ニンニク臭いっていうのは具体的では? 食べてないのに文句言われるならともかく、「なんで他人に好物のこととやかく言われなアカンの」って反発してるのならヤッカイなひとですねえ


上司が蓄膿症ってパターンもあるで。上司が常に健康体とは限らないわけで。基本年寄りだし。


まず風呂に入らないヤツ。論外だが存在するんだよなあ。次に毛深い奴。剃れ!!


自分の臭いわからない人は定期的に鼻洗浄お勧めする。すぐわかるようになるぞ。臭い人は特にな


問題となtたり


体臭に対する具体案教えて欲しい。制汗剤(無香料含む)色々試してもダメなんだけど。対価案なく臭い言われるのかなり傷つく。


臭いはセンサーで強さや成分を測定できるから、測定しないでクレームで処罰するというのは問題になりそう。ただ、臭い臭くないで言ったら、クレームを出すのが多い女性側のほうが臭いことは科学的に明らかにされているし、臭いの成分自体も、女性の生理や妊娠、出産などで、好みと嫌いが入れ替わったり変化するというので、まに受けて対処してもあまり意味はないはず。


一般には、若い女性は父親の臭いを好む。その後婚期になると、未婚女性は若い男性の臭いを好み、父親の臭いを嫌う。その後妊娠すると安心できる父親の臭いを好む。それから出産が済むとおやい臭いとして嫌うようになる。これが生理的に好き嫌いとして女性に起きるのが解明されているわけで。臭いで男性の存在自体を生理的に受け付けないのだから、男性が対処する意味がない。


実際はとんでもないスメハラを振りまく人物に周囲が耐えてる場面にしか遭遇しないからちょっと同情し難い。直接言える人はかなり勇気がいる


男女限らず中年は耳の後ろ、頭の後ろ、首の後ろを毎日徹底的に洗え そして枕カバーは毎日変えろ これでかなりマシになる


スルメハラスメントなら日本酒片手にいつでもウェルカムなんですが(すっとぼけ)


パワハラとスメハラの対決に周りはハラハラ


それから、換気の悪い部屋や、朝仕事に行っても誰も窓を開けて換気しないなど、エアコンの普及で、同じ空気を対流させるしかないなど近年の労働環境にも問題がある。そういう環境だと、カビやホコリ、ウイルスなどの感染症が広がりやすいだろうし。当然、臭い臭くない言うのも増える。


経験上、体臭が酷い奴は自己管理能力か向上心が欠けてるのがほとんどだよ。ごく一部、病気の人もいるけどね。なんだかんだ言い訳して本気で改善しようとしないクズが多い。食生活や生活リズムを見直したか?太ってるなら痩せないのか?体毛は剃ったか?通院や手術はしたのか?たいした努力もせず他人に迷惑かけ続ける奴は、見下されても仕方ない。差別と区別の違いは理解してほしい。




この記事へのコメント

人気記事