「この花に見覚えありませんか」違法なケシの開花シーズンで保健所が注意喚起


[みみよりライブ5up!-広島ホームテレビ] 2018年5月16日放送の広島HOMEテレビ「みみよりライブ5up!」で、違法なケシへの注意喚起が紹介されました。

愛媛県松山市。花壇に咲いた違法な「ケシ」を見つけました。

「場所によっては、結構密集して生えているところがあります」と取り除いたケシを手にして言うのは、愛媛県中予保健所の職員です。


見つけたら保健所へ連絡を

薄紫色の花は、違法なケシの一種である、アツミゲシです。ケシの中には麻薬の材料となるものがあり、栽培や所持が法律で禁じられています。

毎年4月から6月が、違法なケシの開花シーズン。近隣住民からの通報で、花壇に咲いている違法なケシの花を処分することもあります。

広島県内でも市民からの通報を受け、職員が確認に出向いたり、見つけた場合は土地の所有者に処分を指導しています。去年県内では、およそ2万8千本の違法ケシを処分しました。

違法なケシを見分けるひとつのポイントは、葉っぱ。違法なケシは葉が大きな楕円形で、ギザギザになっており、茎を抱き込むように生えています。

違法なケシの栽培は、もちろん禁止です。所有地で見つけた場合は抜いて可燃ゴミへ。それ以外の場所で見つけた場合は、保健所に連絡してほしいということです。

違法なケシの花が広がらないよう、この時期道を歩く時は注意したいですね。(ライター・石田こよみ)

愛媛県ホームページ中予保健所「植えてはいけない「けし」にご注意ください!(不正大麻・けし撲滅運動)」より


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

人間の都合で栽培されたり、撲滅されたりしてかわいそう


芥子の花はきれいなんだけどな。でも阿片はいかん。


綿花より生命力強いんだよねえ…


見たことある気はするけど、知らずに育てても逮捕されるのかな


可燃ごみで出したらゴミ処理場の陽気なおっさんたちがヘブン状態になってまうやろ!


実が特徴的でわかりやすいんだよねコイツら。セーフな方は割と近所の道端でみかけるよ。


仕事柄、たまに似たようなの現場で見るが、阿片取れる種類じゃないはずなんだよな。確か。


昔は田舎の河原には普通に生えてたなー


あの日見た花の名前を、的な何かかと思った


あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない⇒正解:ケシの花


全ての自然保護は人間が生存できる環境を維持構築するため、人間のためにやってる。人間に都合が悪いものを撲滅することに哀れみを感じるのはいいが、後ろめたさは背負うべきではない。


アツミゲシは無害じゃ無かったっけ?


ポピーのはながいっぱい咲いてるところがあるけど紛れててもわからんな


東京都の薬用植物園で見た違法ケシは、園芸種と比べて花が堂々と大きくてすごく綺麗だったな。特に白い色のが綺麗だったが、あれは日本が満州で栽培していたものらしい


http://akb48taimuzu.livedoor.biz/archives/39568736.html このエピソードは楽しかった


左右どっちの写真もケシなん?


阿片ってダウナー系じゃなかったっけ。まあ処理場のおっちゃんたちが仕事できなくなっちゃうことは変わらんけど。


ナガミヒナゲシは見た目が雑草ぽくないから放置されて大繁殖してる。ドラッグにはならんけど駆除した方がいい


よくスーパーの休憩コーナーでこんなポスター貼ってるな。


板東英二の家の庭に自生してそう




この記事へのコメント

人気記事