学生スポーツは9割が「日大アメフト部」


日本中を揺るがせている日大アメフト部の悪質タックル問題。本来、学生スポーツの最優先事項は「勝つこと」ではないはずだ。だが指導者たちは「強豪である」という実績により、長年チームを率い、絶大な権力をもつようになる。スポーツライターの酒井政人氏は「これは日大だけでなく、学生スポーツ全体の問題だ」と指摘する。旧弊を打破するには、なにが必要なのか――。

■日大アメフト部だけじゃない、名門チームの“闇”

日大アメフト部の悪質タックル問題が世の中の話題をさらっている。内田正人監督(当時)と井上奨コーチは、いまだに悪質タックルの指示を否定しているが、「相手選手をつぶせ」と選手を追い詰めたことは認めている。そして5月29日、関東学生アメフットボール連盟はこの2人を事実上の永久追放にあたる「除名」とする処分内容を決めたと発表した。

この問題について、私の周囲では、「いつかこういう問題が起こることを心配していた」と話す人が少なくない。なぜなら、球技、陸上、体操などの学生スポーツでは、強豪校であればあるほど、日大アメフト部に近い「指導者」「雰囲気」を持つチームが増える傾向があるからだ。これまでたまたま明るみに出なかっただけで、この件は学生スポーツ全体の問題としてとらえるべきだろう。

▼「監督としては一流、人間としては最低」

今回の問題で、筆者は、ある五輪競技種目において日本トップクラスだった元選手のこんな言葉を思い出した。

「監督としては一流かもしれませんが、人間としては最低です」

その元選手は、恩師に対して、優秀なアスリートに育ててもらったことは感謝していると言いつつ、その一方で人間としては「NO」を突きつけたのだ。

筆者は陸上競技を中心に中学、高校、大学、実業団、プロ、とさまざまなカテゴリーの取材をしてきた。また今回、筆者の実感を裏付けるため、他の競技を取材しているスポーツライターにもあらためて聞いた。そのうえで、学生スポーツの「闇」について取り上げたい。

■普通にトンでもない指導者が生まれる理由

学生スポーツの強豪チームには、とんでもない指導者がたくさんいる。たとえば、未成年を預かる身でありながら、「酒やタバコに興味がないのはダメだ」と豪語する監督。不祥事で「謹慎中」にもかかわらず、試合会場に当然のように現れる監督。成績がいいときは饒舌に語るのに、悪いときは逃げるように去っていく監督。自分にだけ取材させ、選手には一切取材させない監督……。

そして、そんなとんでもない指導者の決まり文句が、「選手が成長するため」だ。選手のために私は尽くしている。表向きはそう話すのだが、実態とはかけ離れていることがある。

以前、ある学生スポーツの注目大会で、「名監督」として知られる指導者が、優勝会見でこんな話をした。

「私は(競技のイメージ向上などの)改革案をメッセージとしていろんなところに伝えておりますが、(自分が率いるチームが)強くなければメッセージを伝えることはできません。だから、(試合前の)最後のミーティングで(選手に)、今後もこうしたメッセージを伝えるためにも、『俺に力をくれ』と言いました。『そのためにぜひ勝ってほしい』と学生にお願いして、学生は頑張ってくれました」

選手たちは「指導者のため」にプレーするわけではない。ところが、優勝して気が大きくなったのだろう。高名な指導者であっても、主人公は学生ではなく自分だ、と言わんばかりの態度をとってしまう。本来なら指導者は、学生たちの夢をかなえ、成長を支える縁の下の力持ちとなるべき存在だろう。学生スポーツの指導者の非常識ぶりがくっきりと見えた会見だった。

▼「レギュラー」「就活」を決める権限を持つ絶対的な権力者

日大アメフト部がそうだったように、強豪チームの指導者は、しばしば選手たちにとって絶対的な存在になる。その理由は明確だ。監督やコーチといった指導者が、「レギュラー」を決める権限をもっているからだ。

全国から優秀なプレーヤーが集まる強豪チームの「レギュラー争い」は激しい。誰もが試合に出場したいと思っているし、レギュラーとサブの実力差はわずかしかない。そのなかで、監督やコーチの指示に反発するような選手は外されるリスクがある。レギュラーの座をつかむためには、監督の「イエスマン」にならざるを得ない。

さらに、「就活」にも監督の影響力が大きく働く。高校や大学の監督が、プロや実業団の監督と「マッチング」を行うケースが多いからだ。なかには選手の希望を無視して、監督が勝手に話をつけて卒業後のチームを決めてしまうこともある。選手をコマ扱いしているわけだ。

名門チームには、独自の就活ルートが存在する。そのルートをつくっているのも監督やOBだ。仮に競技を続けず、一般企業への就活を希望する場合も、そうした就活ルートがつかえれば有利だ。スポーツに明け暮れていた選手たちは、就活の事情もよくわからない。このため競技だけでなく、就職先についても監督の指示を待ってしまう。そうした構造から、強豪チームの監督は絶大な権力を持つことになるのだ。

■「4年神様、3年天皇、2年平民、1年奴隷」

学生スポーツは、OBが監督やコーチになることが多い。日大アメフト部もそうだった。そして体育会系には、「4年神様、3年天皇、2年平民、1年奴隷」と言われる厳しい上下関係が存在する。約20年前、大学時代を陸上部で過ごした筆者は、入部してすぐに1学年上の先輩から「明確な用事もないのに、3、4年生には話しかけてはいけない」と注意された。

現役選手の間ではこうした厳しい上下関係はやわらいでいるようだが、監督やコーチがかつての価値観や雰囲気を引きずっているケースもある。日大アメフト部はその典型だろう。

OB以外のスタッフがチームに入った場合も、生え抜きの監督に意見することは難しい。なぜなら、彼らは完全な「外様」で、「監督に雇ってもらっている」という意識が強いからだ。たとえ、それがチームをよくするための意見だとしても、監督に逆らえば、せっかく手に入れたポジション(職場・収入)を失ってしまう危険がある。そのため彼らは監督に何も言わない。すると監督はよくも悪くも「裸の王様」となるのだ。

▼閉鎖的な環境が感覚を麻痺させ、隠蔽体質を形成

監督も最初から絶大な権力をふるおうと考えているわけでもないだろう。同じチームに長く所属しているうちに、いつしか麻痺してしまう部分があるのだ。前任の監督が、さらに前任の監督からチーム独自のルールや文化を受け継いだように、自分もそれがあたかも「世の中の常識」であるかのように受け継ぐ。そうした閉鎖的な体質が、まともな感覚を次第に麻痺させてしまう。

そうしたチームでは「隠蔽体質」も自然と形成される。たとえば、パワハラ・セクハラでスタッフが処分されたにもかかわらず、表向きには「体調不良」と説明する。監督が選手に暴力をふるい、コーチがその問題を大学に報告したところ、監督ではなくコーチがクビになる。そんな理不尽な話はたくさんある。

こうした学生スポーツの体質を知る筆者としては、今回の日大アメフト部の問題で、選手が監督の指示に従わざるを得なかったのは理解できるし、監督がいつまでも指示を認めなかいことも、「特別なことではない」と感じる。

■「ひと」として尊敬されない監督はヤバい

監督はチームのリーダーでなければいけない。経営学の権威であるピーター・ドラッカーは「リーダーとは、目標を定め、優先順位を決め、基準を定め、それを維持する者である」と語っている。

学生スポーツの場合、優先順位の最上位は「勝つこと」なのだろうか。筆者は最上位におくべきなのは、「育てること」だと思っている。学生スポーツは「プロ」ではない。アマチュアの世界の目標は、肉体を鍛えて、スキルを磨き、心を整えること。競技のルールを守り、人間力を磨くことが最上位であるはずだ。

教育者でもあるはずの監督が、「ひと」として尊敬を集めていないとしたら、そのチームは間違いなく危うい。また、その競技で大活躍できるようになったとしても、「ひと」として成長できないようでは、のちの人生で苦しむのは必至だ。

日大の学生数は日本一の約7万人。卒業生は116万人を数える。一方、日大アメフト部は約150人。大学全体からいえば小さいユニットだ。だが、知名度の高いクラブの「不祥事」の影響力は大きい。だからこそ、今回の問題を、旧弊で密室的な体育会系の価値観を根底から改め、学生スポーツが健全な方向に進むきっかけにしてもらいたい。

※写真はイメージです(写真=iStock.com/artisteer)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

これがスポーツマンシップだよ、今頃気付いたの?


高校で練習時間を膨大に取れる体育科と普通科が同じ大会目指したり、いろいろおかしいのは前から知ってた。


勝てば官軍負ければ賊軍みたいにスポーツを持ち上げるマスコミが不祥事が起きたらこの手のひら返しだ。


マスコミは10割かな?


目下を殴りつけたり、パシリにしたり、全裸で走らせたり、酒呑んで暴れたり、女を*たり。日本の部活ってこんなんばっかやんけ。プロの世界は薬物汚染が蔓延し、ヤクザが絡み、金持ち爺の胸三寸でいくらでも自由になるし。なんでいつまでもスポーツマンシップとか言ってありがたがってんの?ただの娯楽、体にいい趣味、それでいいだろ。


日大アメフト部 パワハラの裏技


昔のスポーツは頭の中まで筋肉になるまで鍛えるからバカばかりで根性論しか言わない今のスポーツは、色々なプロの書いた書物やプロのプレイのビデオ見て技術分析して、理論的に理解してそれを元に無理なく短時間の練習する。これから少子化で学生も減って行くのに、パワハラとか根性論で育成していたら毛嫌いされて来なくなる。次の年号に変わるのにいつまで昭和の指導をしている


スタンフォード監獄実験


自分語りになるけど、優れた結果は出せているものの集団圧力とか過度の上下関係があって、クソきつい部活を最近やめたけど超心地いい。それで食っていくとかストレスがないとかなら構わないけれど、俺みたいな「なんとなく抜けにくい」とかならさっさと抜けた方が良いことに気づいていない人は多いと思う。




この記事へのコメント

人気記事