ガクブル!中国山奥の村の通勤方法が「命がけ過ぎる」と話題に



通勤通学と言えば、朝多くの方が体験する非常に憂鬱な行動ではありますが、とりわけ日本においての通勤通学は、電車・バス・車などが該当します。もちろん徒歩もありえます。その際に必ずといっていいほど、危険はつきまとうわけで特に小学生の通学中に・・・という非常に残念なニュースは度々聞きます。さてそんな中こちらのケースは非常に恐ろしいわけです。-命がけの通勤

こちら現在話題となっております中国の雲南省のニューリス・リュウ自治区「ラジミ山村」です。そしてこの村の宿命というのが、この「ヌー川」と呼ばれる大きな川。これを毎回渡らなければなりません。その渡る手段として使われているのが、今回紹介する「ロープ」です。ワイヤーで吊ってそしてそれにぶら下がるだけというシンプルで、日本の公園にもありそうなレベルのものですが、本当に恐ろしいです。


ーヌー川は普通に渡れない。


ちなみにに、橋でもあればいいのにと思うのかもしれませんが、とにかく危険な川。橋などかけることが出来ないようで、むろん歩いて渡るのは不可能。ということでこちらのロープで渡るという手段となっているようです。

しかしこのケーブル、いつか切れてしまうのではないかと不安でたまりませんがメンテナンスがどのようにされているのか心配ではあります。



掲載元
http://www.dailymail.co.uk/news/china/article-5769675/Just-zipping-shops-mountain-dwellers-soar-angry-rapids-China.html

画像掲載元:DailyMail

(秒刊サンデー:たまちゃん

画像が見られない場合はこちら
ガクブル!中国山奥の村の通勤方法が「命がけ過ぎる」と話題に


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

役所はなにしてんだよw赤ん坊背負って渡るとか正気とは思えん 習慣として慣れて自転車感覚になってんのかね?


橋がかけられない、危険な川ってどういう危険があるのか全く説明が無い、駄記事ですね。


今更だしもっと危険なやつよくテレビでしてるよね


橋が架けられないというより架けれるけど事故が起きた時に責任とるのが面倒というのが正しいような


ロープを通せるんだから橋掛けられるだろ。単に建築費用とかメンテとかの負担を負いたくないだけだろこれ


元記事の元記事によるとギザギザの岩が川底に潜んでいて流れが速いから橋を架けるのが難しいらしい。川幅が狭いところで吊り橋ならいけるかも?


だって、中国でしょ~?漢民族以外は福祉なんて無い国だし、都会以外はインフラさえ無いのは当たり前じゃない。水道や電気がない所がまだあるんだから。


土人国家のニュースとかいらないんで




この記事へのコメント

人気記事