「クソゲーオブザイヤー2017携帯」まさかの「該当作品無し」 ゲーム界“裏の祭り”に何が起きたのか


 クソゲーオブザイヤー(以下「KOTY」)。それは、その年に発売されたゲームソフトの中で、一番の「クソゲー」をユーザーたちが決めるゲーム界の“裏の祭り”である。2004年から実に14年もの続くこの祭りに、今、ある“異変”が起きている。携帯ゲーム機版の大賞が、初の「該当作品無し」となったのだ。

【画像】「KOTY」2017携帯で大賞を争ったゲームソフト

 一体何が起こったのか。携帯ゲーム機は良作ばかりになったのか。小説「ザ・ビデオ・ゲーム・ウィズ・ノーネーム」の筆者で低評価ゲーム愛好家の赤野工作さん(模範的工作員同志/@KgPravda)に話を聞いた。

●そもそも「KOTY」とは

 赤野工作さんの話の前に、「KOTY」自体について簡単に説明をしておきたい。

 この「KOTY」なる不名誉な賞の発祥は、2ちゃんねる(現「5ちゃんねる」)。据え置き機のゲームソフトは家庭用ゲーム板で2004年から、携帯ゲーム機のソフトは携帯ゲームソフト板で2007年から専用スレが立っており、その年一番のクソゲーを決めるべく議論が重ねられている(他にも乙女ゲー、エロゲーなど派生部門あり)。

 大賞の選考基準は投票などではなく、「KOTY」に推したいと思ったゲームをプレイした人間がスレに選評を投稿するというユニークなもの。この選評を元に、最も多くのスレ住人を納得させたゲームソフトが大賞となる。最後は一連の流れをまとめた「総評」が投稿され、ノミネート作品とともにその年の低評価ゲームが総括されるという流れだ。

 ちなみにこの「KOTY」、始まった当初の2004年~2006年は「ゼノサーガ エピソードII」「ローグギャラクシー 」「ファンタシースターユニバース」が大賞に選ばれており、いかに面白くないかよりも「知名度や期待度の割に振るわず評価が荒れたゲーム」が選ばれていた。

 しかし、2007年に「四八(仮)」というマイナーなゲームが、あまりにも筆舌に尽くしがたい内容だったため大賞を受賞。以降、「知名度や期待度よりも内容自体で大賞を決める」という方向転換をするに至り、その衝撃は四八ショック(ヨンパチショック)という名が付けられた程であった。

 以降、「KOTY」はメジャー、マイナーを問わず、実に幅広く大賞を選出するようになった。この方針転換により、大賞はマイナーなゲームが選出されることが増え、「該当なし」となるような事態は今後も起こらないであろう……と思われていた。

●「クソゲーが出ないことは良い事です」

 「KOTY」携帯2017の結果が決定したのは、2018年6月6日。その総評は、以下の通りだ。

----

昨年のKOTYは稀に見る難産であった。

選評の届いていた一作を大賞に据える、それだけの事が遠かった。

2011年の終わりと共に闇へ葬り去られたはずの「Wizardry 囚われし亡霊の街」が2016年の訪れと共に蘇ったのだ。

スレ住民達に誤当地と恐れられた「人生ゲーム ハッピーファミリー ご当地ネタ増量仕上げ」と最後まで据置版KOTY大賞を争った"あの"亡霊である。

諸々の問題で疲れ切っていた携帯スレ住民は為す術もなく亡霊に蹂躙され、検証は困難を極めた。

更にはトドメを刺しにでも来たのだろうか、SSAからの刺客「太平洋の嵐 ~皇国の興廃ここにあり、1942戦艦大和反攻の號砲~」が年末の魔物として現れる。

嵐と亡霊に呑まれ、携帯スレが焦土になりつつも2017年10月吉日、約22ヶ月に及ぶ戦いは「亡霊の大賞受賞」という結果で幕を下ろした。

二度と現世へ迷い出ない事を願う。

****

そうして2017年、もはや住民にかつての力など残っていない。

それを象徴するかのようにスレが立つのが遅れ、候補に上がるゲームは一本も無く、総評案を篩にかける段になった今もスレはPart1のままである。

我々はクソゲーに敗北したのだろうか?

否、大賞候補となり得るクソゲーが存在しないことは本来喜ばしい事である。

携帯KOTY始まって以来の出来事を祝し、この言葉をもって締めくくりたいと思う。

「クソゲーが出ないことは良い事です」

----

 事情を把握していないければ、文意を理解するのも困難なこの総評。ただこの文章からは、哀愁や無力感、そして諦めといった感情が漂うことだけはお分かりいただけるかと思う。

 「クソゲーが出ないことは良い事です」。そうだ、まさにその通りだ。ぐうの音も出ないまっとうな正論である。しかし、なぜだ。なぜこんな悪のり好きなスレッドの5ちゃんねる住人が、正論を述べているのだ。ありえない。こんな正論がまかり通り、総評として選出されるなどありえないことのはずだ。こんなきれいな言葉は、ゲーム雑誌で業界人がろくろを回しながら語るべきである。

 また、総評にも書かれている通り、携帯ゲーム板の「KOTY」2017のスレは選評が届かないまま終わってしまったのだ。さらに、もう2018年も折り返しを過ぎているというのに、なんと2018年のスレは“立っていない”。「KOTY」2018携帯のスレは、現在も存在してないのである。

 一体どうしてこのような事態に至ったのか。事情に詳しい赤野工作さんに詳しい話を聞いた。

―― 2017年の「KOTY」携帯ですが、単に該当作がなかったのか、それともスレ自体の勢いが落ちているのか、どちらなのでしょうか。

赤野工作:まず結論から言えば、私は両方かな、と思っています。

 2017年のKOTY携帯機版のスレッドには、年初からあまり書き込みが多くありませんでした。それは直接的には、2016年スレの大賞選定が2017年9月ごろまで遅れてしまったため、2017年のスレに書き込む人が減ってしまったことが大きな要因です。

―― なるほど、前年の選定遅れもあったんですね。

赤野工作:2016年のKOTY携帯機版は、過去にKOTY据置機版で名前が上がったゲーム2作の移植作で争われていました。片方は、12月に発売されたシステムソフト・アルファー(以下「SSA」)の「太平洋の嵐」(※編集部注:もう1つはアクワイアの「Wizardry 囚われし亡霊の街」)。「KOTY」常連のSSAの作品ですから発売前から注目されていました。「KOTY」には総評作成にあたって「検証プレイした人の選評を待つ」というポリシーがありますから、「太平洋の嵐」も検証プレイに名乗りをあげた人が選評を書いてくれるのを待っていたんですが……結局夏になるまで、選評を書く人は現れなかったんです。

 SSAのゲームは遊ぶのに時間がかかるので検証に時間がかかるのも仕方がありません。ただ、わざわざゲームを遊んで「選評」を書こうとする人が減ってしまったという事実は否めないかなと思います。スレ自体の勢いが落ちたというのは正にその通りです。

―― 確かにSSA作品は軽く触ってというわけにはいかないですしね。

赤野工作:一方で、該当作が無かったというのもその通りです。KOTY携帯機版が対象としているハード(3DSとVita)が、ここ数年で新作リリースをどんどん減らしているのは確固たる事実ですから。スレでは「そもそも携帯機のゲームって今年何が出たっけ?」みたいな書き込みも見ました。みんな2018年のスレを続ける気ももう無いって感じですしね。ただし、この結果を招いた主な原因が、携帯ゲーム機のリリース本数の減少と、「KOTY」携帯機スレ自体の過疎、そのどちらにあるのかはなんとも言えません。

 「2017年KOTYが大賞無しになったのは、2016年の大賞選定の遅れが影響して、今年は選評を出す人が現れなかったからだ」とは言いましたが、そもそも前年の選定の遅れは「選評を出す人間がなかなか現れなかったから」こそ起きてしまった出来事じゃないですか。つまり2016年の時点で既に、「KOTY」携帯機スレからは選評を書く人材と、ゲームを自ら検証しようとする人材がほぼ枯渇していたということです。もっと言えば、そうした傾向は2015年の時点から存在していました。一昨年の選定も意見対立で遅れに遅れ、結局大賞が決まったのは6月でしたから。

 携帯ゲーム機の下火と、5chの下火、そのちょうど2つの転換期が重なってしまったのかな、と思ってますね。

―― 確かにその通りですね……。

赤野工作:おかしな人達が「これは『KOTY』だ!」って出来の悪い選評を持ち込んでくることも無くなったし、かと言って住人たちが出来の良い選評の為に「何か候補作に突撃するか」って事も少なくなったし、携帯機版に関しては、今年が節目なのかな、と。

―― 「該当作品無し」は2017年限りのアクシデント的なものではなく、起こるべくして起こった節目的なものだったと。

赤野工作:まだまだ元気のある「KOTY」据置版の方は、いまだに「KOTY」の名前を利用するためにおかしな人達が気に入らないゲームの不満を持ち込んでくる事も多いですし、住民も目ぼしいタイトルにはこぞって検証プレイに名乗りをあげていますから。おっしゃる通りです。「KOTY」携帯機版の方は、節目を迎えたんでしょうね……。

―― 3DSもVitaもいいかげん現役選手としては苦しい年齢ですし携帯の方は仕方ないといえば仕方ないですね……。

赤野工作:とはいえ……毎年の「KOTY」最終スレの立った日を見ると一目瞭然なのですが、「KOTY」据置版もここ数年、1カ月ずつ総評が出来上がる月が遅れてきているんです。

 これはもちろん、「前年より時間をかけてゲームの検証プレイができている」という良い傾向なのです。でも、単純に携帯機版の前例にならって考えるなら、「KOTY」据置機版も以前に比べると総評を完成させるのが難しくなってきたという前兆かもしれない。特に2017年の据置機版は最後の最後まで住人の意見対立をまとめきることができず、今年は本当に夏まで大賞が決められないんじゃという雰囲気もありましたから。5ちゃんねる自体の人口減少に並行して、KOTY据置機版もこのまま緩やかに運営が遅れていく可能性もあるんじゃないか、とも思います。

―― 候補ゲームの数自体は変わったと思いますか。

赤野工作:携帯機の方は、絶対数が減るのに比例して、低評価をつけられるソフトも減っていると思います。据置機の方はDL販売が当たり前になって、むしろ一時期より低評価を付けられるゲームは増えていると思います。

―― となると、据え置きもペースが落ちてきているのは住民側の影響が大きいのかもしれませんね。

赤野工作:実際、海外のメーカーのゲームが日本でもDL販売されて、国内でボロボロの評価をつけられるパターンは多いですからね。今だとPS4の「HORSE RACING 2016」とか! でも言っときますけど面白いですからねあれ!

----

 ゲーム業界の拡大とともに「5ちゃんねる」内で大きな存在となっていた「KOTY」だが、今になり、大きな転換期を迎えているのかもしれない。決して名誉はないものの、10年以上の歴史を持つ「KOTY」は今後どうなっていくのだろうか。

 「クソゲーが出ないことは良い事です」。かみ締めたくなるこの言葉。「面白くないゲーム」が生まれなくなり、「KOTY」そのものが役目を終えられるのか。誰もいなくなり存在そのものが過去のものとなってしまうのか。その答えが分かるのは、まだ先になりそうだ。

「クソゲーオブザイヤー」2017携帯総評。初の「該当なし」となった


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

2018年は名前忘れたけど小室の音楽のスマホゲーム


これは神ゲーでしょうか?良ゲーでしょうか?


「クソゲーが出ないことは良い事です」本当にそれな。


「ハァーイ、ジョージィ…」


スレの荒らしと同じだ、人気が無ければ叩くやつも出ない。クソゲーを語られないのは今の日本のゲームが盛り上がってない証のようなもんだ


自分としては「闇なくして光輝けず」と考えているのでクソゲーがなくなるのはむしろ悪い兆候と思うな


そもそも前年度越えしてこそみたいな感じだろうし…インフレしすぎたんじゃね?


クソゲーでなくバグゲーが多い気がする。


大手メーカーのタイトルをノミネートさせないためにマイナーゲームばかり並べて納得させようとしてるだけだよねいつも


毎年言ってるけどね、そのセリフw


無いにこしたことはないんじゃない?


ていうか選定ってそんなに時間かかってたんだ。年明けたらすぐに決まるんだと思ってた


クソゲーあったじゃん。たった1年で2バージョンのマイナーチェンジを出しときながらDLCレベルの追加しか無くて、そのくせ直すべき部分の大半が直ってないどころか悪化した部分も多数で、過去キャラもことごとく汚されて、そんなものをシリーズの集大成とか開発者が言ったやつ。


クソゲーが出ないのは良いことです 至極その通りなんだが、KOTYでそれを言われるとなんというかw


大手メーカーでも大賞取ってるクソゲーあるぞ。主にバンナムだが。(空のパンツと仮面ライダー)


たまたまクソゲーが出ない年があったって良いだろw


出ないのは素晴らしい、、でも本数が減ってとかなら悲しいその辺どうなんだろう


本当にないのか


「ゲーム界に忖度した」って勘違いされるから、何が何でも出すべきじゃないか?


まぁスマホゲームが携帯ゲームにとって代わるし、多少はね?




この記事へのコメント

人気記事