麻雀の点数計算を自動でしてくれるアプリ「麻雀カメラ」登場 アガった手牌にスマホをかざすだけ


 麻雀の点数計算が自動でできるiOSアプリ「麻雀カメラ」が配信されました。アガッた手牌をカメラに写すだけで点数を表示してくれるので、初心者同士でも対局を気楽に楽しめます。

【画像】手動入力の様子

 麻雀の点数計算ルールは非常に複雑で、特に安い手の場合、同じ役でも牌の組み合わせによって1000点から2300点まで変わる場合があります。

 このように、慣れた人でも煩わしくなる計算をアプリは自動化。KDDIの画像認識ライブラリを採用しており、カメラで読み込んだアガリ形を瞬時に把握して得点を算出してくれます。

 配信元のノースショアは、麻雀漫画『アカギ ~闇に降り立った天才~』とのタイアッププロモーションも実施。原作をコラージュした動画「ざわざわ編」「ロン連呼編」「大丈夫編」「きたぜぬるりと編」「向いていない!編」で、アプリの威力をアピールしています。というかアカギも鷲巣も、命張った勝負なんだから点数計算くらい覚えろ。

 今後は対局中にスマホをかざすと、手牌からどの牌を捨てると効率がいいか教えてくれる「サジェスト機能」の搭載を予定。将来的にはMR(複合現実)ヘッドセットに対応させることで、対局中にリアルタイムでサジェストを利用できるシステムの開発も検討しているとのことです。

 ただ、麻雀では「最低限あと何点取ればトップに立てるか」を意識した手作りも重要なので、アプリに任せっきりにせず、最終的には自分で覚えることをおすすめします。

アガったら、倒した手牌をカメラで読み込み。アガリ牌は手牌の上に置くなど、多少のルールがあります


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

菅直人・・・


連荘とか場風とかどうやって把握してるんだろ。それも全部自動計算ならすごいな。


よくわからんが、点計算出来なくても上がり手は覚えれるもんなの?七対子とか三暗刻とかドンジャラ感覚で出来る手だけで上がれるもんでもないでしょ?


そもそも符計算をアプリに頼らなきゃ出来ないような人はアプリが画像を読み込めるように理牌することもできんと思うんだが。


「今後は対局中にスマホをかざすと、手牌からどの牌を捨てると効率がいいか教えてくれる「サジェスト機能」の搭載を予定」それ現実の手合いで使ったら【イカサマ・ゴト行為】なので実質封印される機能。


↑覚えられるよ。なき(くい)タンヤオやなき(くい)ピンフだけ気をつければすぐ打てるようになる


これは助かるわ。数年ぶりに誘われてやると点数計算忘れてる事あるから覚え直すの面倒だし


これはいいものだ。でもリアルで麻雀する機会がなくてな・・・。




この記事へのコメント

人気記事