細野氏:事務所「公選法に抵触せず」5000万円借り入れ


 細野豪志元環境相(無所属)が2017年10月に行われた衆院選の期間中、東京都内の証券会社から5000万円を借り入れていたことが、関係者への取材で判明した。細野氏の事務所は「個人の借り入れで、使うことはなかった。公選法には抵触しないと考えている」と説明した。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

細野豪志氏


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

野党なら無問題


安倍首相を批判する発言をしたら、マスゴミが途端に手のひらを反して擁護しだすだろ。


、などと意味不明な供述を繰り返しており余罪も含め徹底的に追求する構えです」


なお、このような借金の返済に政治献金を使うと、支持者に漏れなく還付金の便宜供与があります。


まあ事務所はそう説明するだろうねw




この記事へのコメント

人気記事