小学生「地獄のフル装備品」が話題


 「中学生のカバンが異様に重い」と、岩下の新生姜で知られる岩下食品株式会社の岩下社長がツイッターで声をあげた事に端を発した「置き勉禁止問題」。勉強道具を学校から都度持ち帰る事で毎日13kgもの重さを肩から提げて通学している子供たちの健康が心配されています。

 いっぽう、小学生もランドセルは軽量化の一途をたどっているとは言え、書写があれば習字道具を、図工の時間には絵の具セットを、週末には上履き類や給食当番の白衣などなど、あげればキリがないほど。そんな小学生の荷物の多さがこの度話題になっています。

【さらに詳しい元記事はこちら】

 この「地獄のフル装備」は“月刊まんがくらぶ”で「死神見習!オツカレちゃん」を連載中のコハラモトシさんが描いたもの。

 「『置き勉』の禁止が話題になっているけど…小学生って、持ち帰るのは教科書だけじゃないから!時に、こんな事もあるから!」

 と、持ち帰るものの多さを一人の小学生が装備しているイラストにしてツイッターに投稿しています。

 その装備品、ぱんぱんに詰まったランドセルから飛び出たリコーダー、横のフックからぶら下がるのは給食袋に体操服、たすき掛けに肩から掛けている水筒と両手にそれぞれ習字カバン、裁縫セットや絵の具セット、けん盤ハーモニカなど。その小脇には雨具も。金曜日の帰りにしばしばありがちな光景だわこれ……。全部持って帰るの確かに何かの修業じゃないかと思うくらい。

 このイラストには多くの共感と、「追加装備」にこんなものがあるという声が。それを受けてさらにアップデートされたイラストには、学期末版として上記の持ち物に加えて、MAXに詰まったランドセル(辞書入り)、画板、あさがおなどを育てる植木鉢、上履き、そして習字カバンの隣に手からぶら下がるお道具箱の袋という、「地獄のフル装備カスタム!」。そういえば1学期の終業式の帰りにこんな事になっている子、確かに見かけた気が……。

 もちろん、全員が全員こうという訳ではないのですが、面倒臭くてつい持ち帰らなかったツケが長期休みの直前に襲い掛かるんですよね……。特に長期休暇中に私物を置いておくのは防犯上もよろしくないですし、お道具箱の中身は持ち帰ってもらわないと糊やテープや色鉛筆など、補充するものを親もチェックできないので持って帰らせざるを得ないのですが……。低学年はもちろん、高学年になってもこういうチェックは必要なんですよね(小学生の子を持つ筆者の溜め息)。

 先生方もみんながこうならないように、長期休暇の数日前から「今日は絵の具セットを持ち帰りましょう」「終業式には上履きだけを持って帰れるようにしましょう」など促してくれるのですが、そこは小学生、「まぁ最後でもいいや~」→「地獄すぎる」を繰り返すものです。このイラストを描いたコハラさんも「ただ…単に荷物を忘れてたり、疲れて面倒だから、持って帰るのを後回しにしたりで、後々荷物が重なってあんな状態になる事がありました。 その時に、「計画性」の大切さを、身を持って学びました(笑)」と当時を振り返っています。

 何事も計画を立てるのは大事。最近では習字道具や裁縫道具もかなりコンパクトになってきましたが、やはり幾つも同時に持ち帰るには限度があります。夏休みまであと1か月という、親たちにとっては恐怖のカウントダウンの時期です。1年生の場合には最近は親が学校まで夏休み直後にあさがお鉢を回収に行くルールのところもあるようですが、高学年の場合はほぼ自力持ち帰りなので後々後悔しないためにも計画的に荷物を持ち帰ってくるよううちの子にも言い聞かせようと改めて思いました。

<記事化協力>
コハラモトシさん(@kohara_motoshi)

(梓川みいな)

小学生「地獄のフル装備品」が話題


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

ここ数年で劇的に重くなったならまだしも重いのは昔からなんだけど、こうして話題に上がるとマスコミやモンペが最後には学校側で何とかできないのかって言い出すんだよな…それこそ気になるなら親の出番だろうに


置き勉って勉強することを放棄してる奴か、その日に勉強することを明確に決めてる奴のどっちかじゃないとしちゃダメだよね。


この前見たら遠足でもないのにみんな水筒持ってて、自分の時代は水筒なんて持ってってなかったな~とか思った。


へぇ、ランドセルMAXって事は国語算数理科社会英語は当然、他のを見るに図工に習字に体育に音楽までするのか。9時間授業かな?つか絵の具と習字とリコーダーとか持って帰ってる奴、長期休み前以外で見たことないけど


夏休み前とか地獄だったなぁ。


毎日なら大変だが学期末の一日くらい我慢せい。明らかに事前に持って帰れるものある。そもそも計画的に進めないと後々大変なことになる教訓にもなる。って突っ込んだら負けなのかな。


年々とまではいわないが、科目ごとの参考資料は一世代ごとに確実に増えて行ってるからな。かばんの軽量化なんて焼け石に水状態。ホムセンで売ってる二輪のキャリーカートでも使用許可したらいいのでは?


アサガオの植木鉢が無いからやり直し


夏休み前ならまさに画像のようになったわ。ただ日常的に重過ぎるのはランドセルの中身を時間割に合わせて入れ替えてないんじゃないか?


最近は個人用画板もあるのか、学校は共用備品、家庭ではベニヤ板なりたたんだ段ボールなりで代用できそうだが必要なのか?(写メやスマホで写真撮ってきて涼しい屋内で描く方が楽っしょ)


中学・高校でも若干重いと思うほどだったなぁ・・・


全教科カバンにぶち込んで毎日登下校して筋トレしてた頃が懐かしい(笑)


親や教員、それらを食い物にしている教育業者のエゴの象徴。


てか中高剣道部の私からしてみれば学校の教材ごときで重いとか言っている奴はどんだけモヤシなの?


なんだか略奪品抱えまくった引き上げ途中の中支の兵隊みたいな絵面だな


休み前は少しづつ持ち帰られるから良かったが、一気に持って行かなきゃならない休み明けはもう地獄も地獄。ある時誤って全部ぶちまけた時は、通りがかった心やさしき上級生の助けがなければ途方に暮れていただろう


大人になっても地獄は変わらない気がする。腐るほど仕事持ち帰って。


逆に夏休み明けの登校時はこれに自由研究が加わることもある


定期的に持って帰れよって言われてんのに持って帰らなかった結果終業式の後こんな惨状だったな俺


家が学校の近くにあるやつが余裕ぶっこいて煽ってきたあの頃が懐かしい




この記事へのコメント

人気記事