安倍首相、党首討論「使命終えた」=参院6増案に理解


 安倍晋三首相と野党党首らによる今国会2回目の党首討論が27日、行われた。立憲民主党の枝野幸男代表が7点にわたって安倍政権の問題点を指摘したのに対し、首相は「全体についてはお答えできない」と反発。その上で「党首討論の歴史的使命は終わった」との認識を示した。今後、与野党間で党首討論の見直し議論に発展する可能性がある。

 首相の発言は5月30日の党首討論後、枝野氏が記者団に「歴史的な役割は終わった」と述べたことを踏まえたもの。27日は制度導入後最多の5人が首相との論戦に臨み、45分間を分け合った。野党側は党首討論より、十分な質問時間が確保できる衆参両院の予算委員会を重視している。

 枝野氏は、自民党が国会に提出した参院議員定数を6増する公職選挙法改正案について「国民の理解を得られるか」とただした。首相は「1票の格差」是正に触れつつ、「1県に1人の代表が必要という声も地方で強い。これに答えを出さなければいけないという責任感で出された案だろう」と述べ、理解を示した。

 国民民主党の大塚耕平共同代表は、外国人労働者の受け入れを拡大する政府方針について「拙速感が否めない」と批判。首相は「実際に人手不足が生じている」と指摘し、雇用環境への影響はないとの見解を示した。 

〔写真説明〕立憲民主党の枝野幸男代表(右側前列手前から4人目)との党首討論で発言する安倍晋三首相(左)=27日午後、国会内

立憲民主党の枝野幸男代表(右側前列手前から4人目)との党首討論で発言する安倍晋三首相(左)=27日午後、国会内


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

┐(´д`)┌ ヤレヤレ


まあ、今の野党なら言われても仕方が無いなぁ、、、


枝野が時間を守らずに延々と「演説」して反論時間を与えない「党首討論」こんなの討論じゃないわな。


つーか、また一部の切り取った発言っぽいから、どういう場面で全体でどう言ったのかわからんからねえ。タイトル的にはこれが一番印象悪くできる物だったから採用したんですね。としか。


1票の格差にこだわると地方はさらに見捨てられ、一極集中が嵩んで結局は国そのものが衰退してくんだよな…


「党首討論の歴史的使命は終わった」討論の体をなさない野党により意味のない話をする場となってしまった。の暗喩ですね


一方的に負け犬の遠吠えをしまくり、議論の余地すら与えない時点で、負けたも同然。立憲民主党は国会にいる資格を失った。


そもそも野党側から「党首討論より委員会審議を重視しろ」という声が上がったからこそ、わざわざその要請に耳を傾けて対応してるのに、あたかも「安倍首相のほうから党首討論を取り止めようとしている」印象操作の記事タイトルは悪質すぎるだろ。こんな姑息なことするからマスコミへの信用が堕ちるんだよ


今の野党じゃ学級会以下のことしか出来ないもんな


1票の格差を考えると島根県<東京都世田谷区、になってしまうからな


捜査機関の目こぼ*つ造拷問をいつまで許しておくの?民主党政権の捜査機関の改革をアホな国民がつぶさなければもっとマシな世の中になっていた。


安倍さんは外国人受け入れに積極的だな。野党に釘刺される始末・・


まともで現実的な対案を出して国をより良くしようとするなら、どんな党でも国民の支持は得られますよ? それが出来ないから今の野党は要らないと言われているだけで。


与党の足を引っ張ることしかせず、具体的なビジョンも見せることなく、こき下ろすだけが目的に変わっている上、自分たちの疑惑疑念部分には触れず誤魔化している野党を誰が信用するというのだろうな。


やる必要はないな。そもそも野党がいらない。早く日本から出ていけ


討論をする気の無い野党党首相手にご苦労様です


1つの質問のときにいくつも先に質問するとどういう質問にどういう返事なのか国民からよくわからなくなるから、1問1答するんだけどね。それを4つも5つも連続でまくしたてるのと更に質問できないように長く答え続けるだと、国民蚊帳の外だから、余計必要性が増した事になる。


これ、とあるまとめサイトで映像を観たけどどうも「討論」じゃなくて「演説」だったみたいだね。去年、与野党の質問時間の配分を見直した方がいいという自民議員からの声があったが、見直した結果がこれなのか見直していない状態でこれなのか今一分からんな。見直していないなら早急に対応してほしい。


あれだけダラダラダラダラ喋ってたくせに、時事は安陪の方を多く書いてて草、まあ載せるような内容でもないけど、どうせまた半年後とかには同じ事言ってんだし。




この記事へのコメント

人気記事