日本、終盤のボール回しに海外ファン辛辣 「突破に値しない」「ノーサムライ」


消極的な戦術で突破の日本に海外ファン大ブーイング

 サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会は28日、1次リーグH組で日本はポーランドに0-1で敗戦。同組で勝ち点で並んでいたセネガルも敗れたため、勝ち点、得失点差、総得点で並び、フェアプレーポイント(警告数)の差で2大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めた。終盤約10分間の消極的な戦術に、海外ファンは大ブーイング。「ノーフェア、ノーサムライ」などと批判的な見方が相次いでいる。

 後半14分にポーランドに先制を許した日本。一方で、同時刻のH組のもう1試合。セネガル-コロンビア戦も後半の29分に、コロンビアがセットプレーから均衡を破った。

 このまま終わればコロンビアが首位通過。日本とセネガルは勝ち点4で並ぶだけでなく、得失点差、総得点で再び並び、フェアプレーポイント(日本=警告4、セネガル=警告6)の差で日本が2位。この情報が伝わるや、日本は積極的に攻めるのをやめ、ボール回しに終始しこのままのスコアで終わらせる戦術を取った。

 会場のファンから大きなブーイングを浴びたが、W杯公式ツイッターがこの試合の結果を受けて「ポーランドが初勝ち点獲得、日本は決勝トーナメントに入り込む」とツイート。すると、コメント欄には海外のサッカーファンからの辛辣なメッセージが相次いでいる。

「恥ずかしい試合」
「日本フェアプレーは?」
「日本のラスト10分は恥ずかしい、ワールドカップであの光景は見たくない」
「グループリーグ突破に値しない」
「ノーフェア、ノーサムライ」

 日本でも「立派な戦術」「こういう日本は見たくなかった」などと賛否を呼んでいたが、海外のファンからするとフラストレーションがたまる内容だったようだ。(THE ANSWER編集部)

海外ファンからは「突破に値しない」とコメントが多い日本【写真:Getty Images】


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

サムライがダメというなら…もうニンジャしかないんじゃないですか


ニンジャなら許された!?


侍は逃げるよ、「逃げの戦術」は新撰組が有名だ。逃げすら勝つ為の戦略なんだから正に侍そのものじゃないか。忍者ならなおさら・・・・NINJAやサムラ~イの習性は知らない。


https://twitter.com/kakaka1216/status/1012543697878044672これ見ても同じこと言えるの?


ポーランドが1点で満足しちゃったからねしょうがないね


それじゃあニンジャブルーに今すぐ変えよう!


スシもあるぞ!


サムライって、家を守るためならなんでもやったんだよなあ。


七人の侍の菊千代の名台詞を思い出す。「百姓ってのはな、けちんぼで、ずるくて、…一体百姓はどうすりゃあいいんだ!」サムライジャパン改め、百姓ジャパンだな。その方が一周回ってカッコイイ


そこまで言うならば玉砕して敗退したほうが潔いですか?突破できなかったらできなかったで批判来ますよね?結局的に叩きたいだけじゃないですか


ルールの中で戦略の選択肢としてあったんだから仕方ない。責めるならそんなプレイが可能なルールでしょうに、選手や監督ではない。




この記事へのコメント

人気記事