在日中国人100万人突破&観光客大挙襲来で、中国語が日本中を席巻―中国メディア


2018年7月25日、鳳凰網は「在日中国人は100万人突破、観光客は大挙襲来、中国語が日本中を席巻」と題する文章を掲載した。
文章は冒頭、「1980、90年代の在日中国人の多くは生活のため、活路を見出すために日本に渡った。その後、中国経済の急速な発展に伴い、日本で暮らす『中国新移民』が増加。この国で無視できない大コミュニティーになった」と紹介。仕事や勉強で日本に移り住む中国人が大幅に増えたことを指摘し、「日本国籍を取得した人や不法滞在者などを含めると日本国内の中国人はすでに100万人を突破したと推測される」と続ける。
そして、東京の複数の区に大小さまざまな「チャイナタウン」が形成されていることや、至る所に「中国」という文字が記された看板があることを指摘。「中国人観光客による『爆買い』にとどまらず、最近は不動産分野で中国人の『爆住』現象が見られる」と説明し、「日本は今、中国語を重視せざるを得ない状況。高校では中国語の学習が奨励されている」「多くの日本人から『今は英語が第2の言葉だが、20年後は中国語が分からないと不利になるはず』との声が上がっている」などと伝えた。(翻訳・編集/野谷

25日、鳳凰網は「在日中国人は100万人突破、観光客は大挙襲来、中国語が日本中を席巻」と題する文章を掲載した。写真は銀座の中国人観光客。


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

簡体字は1950年代に中華人民共和国で制定された、従来の漢字を簡略化した字体体系。主な使用地域、簡体字は、中華人民共和国、シンガポール、マレーシア。繁体字は、台湾、香港、マカオ。


簡体字と繁体字。繁体字は読めるけれど、正しい表記は出来ない簡体字圏のネイティブもいるという。相互変換できる翻訳は貴重。繁体字で、営業時間、電話などは、ほぼ日本語と同じであるそう。


わざわざ海渡ってこっちこなくても広い大陸があるじゃねぇか。不毛不潔だけど。


もう学生の9割が中国人の高校もあるくらいだからね少子化対策う~ということでバリバリ大陸から招き入れちゅう




この記事へのコメント

人気記事