“夢の国”が一転、修羅場に……ディズニーで男児にケツを触られた女性、母親からフルボッコに


 7月半ばの週末、上海ディズニーランド内にあるファンダンゴ劇場で事件は起こった。

 ショー終了後、出口に向かう観客たちで混雑する中、8歳の男の子が、故意か不注意か、前にいた若い女性のお尻を触ってしまった。すると女性が男の子に向かって注意したようで、それを聞いた母親が「私の息子をチカン呼ばわりするのか!」と、烈火のごとく怒りだした。

 母親は女性に対し罵詈雑言を投げかけると、いきなり殴りかかった。一度は同行者の女性に制止されたものの、それでも気が収まらない様子で、人さし指を突き出して文句を言い続け、またもや殴りかかった。

 そのうちに一度は止めに入った同行者もなぜか加勢し、女性に罵声を浴びせながら小突いたりしている。

 しばらくしてスタッフが駆けつけ、当事者の女性たちをその場から連れ去り、ファンダンゴ劇場で繰り広げられた場外乱闘は幕を閉じた。

 その後、人民調停委員会の調停により、母親が女性に対し1,000元(約1万7,000円)の慰謝料を払うことで合意したという。

 この時の模様を映した映像を見た中国のネット民たちは、「悪ガキの背後には、こういったモンスターペアレントがいるんだよな」「母親のこんな姿を見せられて、この男の子の心理教育が心配だな」「こんな母親ばっかりだから、注意されると逆ギレする子どもが増えるんだよな」などとあきれた様子のコメントを残している。

“夢の国”とも呼ばれるディズニーランドだが、上海にあるディズニーランドでは、せっかく高い入場料を払って入っても、夢もへったくれもない、中国社会という現実に引き戻されてしまうようである。

(文=佐久間賢三)

野次馬が取り囲む中、黒い服の母親が罵声を浴びせる


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

記事の写真、たぶん実際の現場の写真だよな。どこの国に行っても、こういうことをやら*奴の顔って特徴的な*さがあるよね。


コマンドー「ふざけやがってえええええええええ」


ネズミーランド上海支部の事だろーなあーと思ったらやっぱり上海だったw


ハハッ!


入場者は夢の国の住人じゃないからなあ


悪夢の国と化したか


ネズミ―さん地下にご案内して


中国人と仕事してたことあるけど、彼らは「組織の一員として頑張ります」と口では言っていても頭の中は自分の事だけしか考えてないというのが自分の感想。だから仕事でミスを指摘されるなどして、プライドを傷つけられたと感じると感情剥き出しで逆ギレ、泣く、終いにはこれは差別だと言い出す始末。こういう記事を観ると「やっぱりなあ」と素直に納得するわ


素直に謝罪すると付け込まれて慰謝料とか取られ兼ねない社会情勢が先制攻撃を選択させ、その内自分の言葉に興奮して収まらなくなった。そんな感じかなぁ。


「何だ中国の話か」じゃ済まないってのがな


どうせ中国だと思ったら、やっぱり中国かよ


こういう人は謝ったら*病気なのか 普通自分の子供が人様に迷惑かけたら恥抱くだろ逆ギレかい ・・・ぬいぐるみが二体増えそう


夢の国からレッドパージ!(谷底へ突き落す)


まず中国人は謝ったら負けって文化があるからな。仕事のミスで始末書を書くように指示したら来なくなった。どう接すればいいのかわからん。


モンペ天国の日本はこの件笑えないぞ


まずは自分の息子が迷惑をかけたことを謝れよ。


多分故意ですね 親が親ですから


面子を重んじるくせして自ら進んで恥をかこうとする。中国人は不可思議だ


期待してたのと全然違う現実を見せつけられて絶望した


これで慰謝料17000・・・普通に傷害罪だと思うんだけど、これで済まされる側はたまったもんじゃない




この記事へのコメント

人気記事