精神病患者の身体拘束、どこまで許されるか 死亡したNZ青年「拘束を外してほしい」と要望していた


とりわけ精神病院で多い患者の身体拘束を主題にしたシンポジウムが2018年 7月22日東京で開かれた。主催する医療事故被害者らの「医療の良心を守る市民の会」 (永井裕之代表) が初めて精神病問題を取り上げた。

医者「自殺した場合には家族から追及される」

講師の 1人は、長谷川利夫・杏林大学保健学部教授。神奈川県内の精神病院で10日間の身体拘束をされていたニュージーランドの青年が17年 5月死亡した事件をきっかけに「精神科医療の身体拘束を考える会」を立ち上げた。

長谷川医師はまず自身の拘束体験から拘束の方法や種類を紹介、体がほとんど動かせない状態では何も考えられなくなることを強調した。拘束は法律(精神保健福祉法)では自殺、自傷行為の切迫などごく限られた条件下で認められているが、実際には安易に行われ、しかも年々増えている。

看護記録によると、ニュージーランド青年は看護師と穏やかに会話し、何度も拘束を外してほしいと要望していた一方、「精神運動興奮状態にあり、放置すれば患者が受傷する恐れあり」などの弁解的な文章が書かれていた。長谷川医師は身体拘束の多くは人権侵害であり、実施過程の可視化など外部のチェックが必要と強調した。

続いて三枝恵真弁護士が身体拘束の法的根拠や基準、危険性を解説した。拘束の違法を訴えた訴訟は少ないが、違法、適法の判決ともある。拘束時の患者の言動を確認するのは困難なため、指定医の判断が追認されやすい。危険な実例として三枝弁護士は、入院から 8日間拘束されていた54歳女性が16年 1月、肺血栓そくせん症で死亡したケースを紹介した。必要性のない拘束でそくせん症の予防措置もされておらず、遺族は 7月に損害賠償請求訴訟を提起した。

会場からの指定発言として木下正一郎・医療問題弁護団事務局長は「精神科医療における身体拘束に関する意見書」を弁護団ホームページで公開したことを報告した。拘束は原則として違法で、あくまで例外的な場合に許容されるもの、との明確な意見だ。

精神病院からは岩下覚・桜ケ丘記念病院 (東京都) 院長も講師として加わり、自院の入院や拘束の実態を公表した。岩下医師は拘束の問題点、減らすべきとは認めたものの「拘束しないでいて、患者が転倒したり、自殺した場合には家族から追及される」との悩みも吐露した。 (医療ジャーナリスト・田辺功)

精神病院での拘束問題、どうすべきか


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

ええっ!身体拘束なしで突然暴れる若い男性の介護を!?


例え不慮の事故でしんでも家族にボロクソ言われるんでしょ


拘束してもしなくても悪く言われそう


拘束しないで転倒したり自*た場合一切責任を負いません、という誓約書を交わしたら?もちろん弁護士立会いのもと。なんらかの保険を掛けなきゃキチ◯イを自由にするのはマズいでしょ。


精神病の場合は、拘束してもよいという同意書を用意しろ、家族が同意しないのなら受け入れを拒否しろ。


それで受け入れ病院減ったら、患者も家族も得しないだけなんですが。ほんと、自分が面倒見るわけじゃないからって、好き勝手言ってくれるよね。


これだから介護や医療は精神削られるんだよな、家族と患者の板挟みで責任は全部こっちにまかせるくせ、勝手に直してくれるとか思ってんだから。ついでに動かないでと言うのも虐待、椅子から落ちないようベルトしても虐待な。


拘束あり:なんて非人道的なことしてるんだ!! 拘束なし:そんな奴らちゃんと管理しとけよ!! なにしても文句言われるだけという


人道という暴力で潰される医師、介護士という弱者。そりゃあ、何をしてもいいって話じゃないけど、プロだから、仕事だからという言葉や理想で丸投げするのも酷い話だよ。


拘束を認めないと法律で決めて拘束したら監禁罪で逮捕しろ。


薬もダメ、拘束もダメとなると手段がない。力づくで制圧しろとでも?


自傷だけじゃなく患者側が暴行を行うケースもあるから仕方ない処置だと思うよ。


法律で拘束を全面的に禁止すれば、医師が責任を問われることはない。


法律で拘束を全面的に禁止すれば、医師が責任を問われることはない。


統合失調症で被害妄想に取り憑かれて暴れ回る成人男性というものを一度でも目の当たりにすれば、例え身内でも陳腐な理想論など吹き飛ぶわ。拘束大いに結構、一生閉鎖病棟に閉じ込めておいて欲しい。


普段まともで急におかしくなるタイプと常にまともじゃないタイプがいるが後者なんて差別による暴言ではなく間近で接する機会があっての実感として「正直動物園の檻の中」で、職員は飼育員。なのでいつ患者が暴力をふるうか自爆するかと恐怖を感じる。続く→


そもそも人を勝手に監禁しておいて暴力で抗議したら拘束するなんてのは無法国家もいいところだ。


精神病の隔離病棟や介護施設は現代の姥捨て山


要はケースバイケース。暴力を振るうような人の場合拘束等も選択肢に入れていいと思う。逆に、『楽したいから』で安易に拘束を実施するのは忘れて放置して病状悪化の可能性もあるので止めた方がいい。医療従事者の苦労はわかるが、「自分の担当時間に*れると面倒なので交代前に*た」みたいな異常者を医療現場から排除出来て無い現状、白紙免状を渡すのは怖すぎる。


いや病院に預けておいてそれはないだろ・・・文句言うなら自分達で管理しろよってできないから病院に預けてんだろ?ふざけた連中だな




この記事へのコメント

人気記事