LGBT:ゲイ公表の都議が講演 多様性ある町づくりを


 ゲイであることを公表している東京都豊島区議の石川大我さん(44)が京都府京丹後市で性的少数者(LGBTなど)をテーマに講演した。石川さんは講演で、性的少数者について「子や孫を守ることであり、まさに命の問題。ダイバーシティー(多様性)を大切にする町づくりをしてほしい」と語った。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

性的小数者の問題は「命の問題」と語る石川大我さん=京都府京丹後市峰山町で2018年7月14日午後1時35分、塩田敏夫撮影


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

そのうち、「ゲイの俺を受け入れないお前は差別主義」だとノンケが責められる時代がくるな


ゲイやレズは公共のトイレはどうすんだ、同性に入ったら痴漢or痴女だよな。


自分は好きなだけ差別するがそれを咎められるのは嫌って...都合の良い脳味噌してんな


『子や孫を守ることであり、まさに命の問題』・・・それはLGBT以前の当たり前の話。それ以上の特権を貪ろうとしているのが今のLGBTを取り巻く輩


多様性って言葉を都合よくしか使わないことに違和感。LGBTを受け入れること、あるいは受け入れないことも「多様性」という括りに入る。「寛容性のある社会」と「多様性を認める社会」は同義ではない。


こういう公で声上げる連中なんて信用に値しない。上手い汁吸いたいがために動いてるようなもんで、実際LGBTとかそんなのどうでもいいと思ってる輩ばかりだからな。


公表しつつ都議になるのと、都議になってから公表するのでは全然違うと思う。


LGBTって多様性を認めないどころか自分らに賛同しない人を排除しようとするファシストじゃん


最近こういう「理解してもらって当たり前」感覚で声高にする奴ほんと増えたよね。本来は自分の内に秘めておくか、限られた人間としか共有するべきものなのに。


まさにノイジーマイノリティ。ごく少数のクレーマーの発想。認めろ認めろ優遇しろ優遇しろの一点張り。文句を言おうものなら差別だ差別だと言論弾圧。だから嫌なんだよこういうやつらは


日本ってLGBTだからで*要素ありましたっけ?キリスト教圏とかは本気でヤバかったとはきいてたけど。あと差別しないことと優遇することは全く違うからその辺は理解したうえで活動してくれよ


でもこのおっさんが下北沢と新宿二丁目の*には評判よくないよ。綺麗ごとばかりで*の性欲と向き合ってないもん。ラブオイル校長の方がまだ頼れる


具体的にどうしろっていうんですかね


「子や孫を守る」とかいうならむしろ駄目だろLGBTは。次の世代を増やし守る事だけが人間の価値ではないけど、少なくともその意見は論理的におかしい(もしくはこの記事の意見の抜き方に悪意があるか無能)。


LGBTの人たちに聞きたい。小児性愛・動物性愛・対物性愛の人が同じように活動しても応援できますか。できるなら認めるけどできないなら独善的に思える。


活動の協力を求めてくる人に話が行き過ぎてるのでそこまでは賛同できないと寄付を断ったら、あいつは差別者だって周囲に言って回ってた。あれ、企業相手とかだと寄付を頼みに行く行為自体がもう脅迫になってると思う。


*はみにくくきたない


オタクの国会議員がいてもいいしLGBTの都議会議員がいてもいいですね(笑。


この人達はロリコンやショタコンといったカミングアウトしたくても出来ない性的少数者をも擁護する覚悟があるんでしょうか?


この議員、性的少数者に関する事を講演したという。私は性的少数者の存在を否定する訳ではない。ただ、性的少数者であることをダシに、社会性を構築するものではないはずである。厚かましい。




この記事へのコメント

人気記事