風当たりの厳しさにイベントを中止、除去手術を決断する人も…ガラパゴスな日本のタトゥー事情


 2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向け、外国人訪日客への対応で観光庁が懸念しているのが、タトゥーの問題だ。温泉施設やプールなどにタトゥーの入った人への入場規制を緩和するように促しているが、未だタトゥーに対し根深い反感があるのも事実だ。


 東京・豊島区にある「まえだ湯」で入浴していた、腕にタトゥーが入った男性は「僕みたいにワンポイントで入れている人なんて、ざらにそこらへんにいっぱいいるので、冷たい目じゃなくてもっと温かい目で見てほしい、世間の皆さんに」と話す。


■子どものことを考え、除去手術に踏み切る人も

 サッカーW杯や『ONE PIECE』など漫画・アニメのキャラクター、アーティストなど、入れ墨やタトゥーを目にする機会は決して珍しくはない。しかし全国のホテルや旅館に対し観光庁が行ったアンケートでは「お断りをしている施設」が約56%、「お断りをしていない施設」が約31%、「シールなどで隠すことを条件で許可している施設」が約13%となっており、街で聞いてみても「あまり良くない印象というか、ヤクザの人が入れているイメージがある。身構えちゃうというか、ちょっと暴れ出すんじゃないかみたいな心配がある」「派手に入っているとちょっと怖いかなという印象はある」と、印象はやはりネガティブなようだ。

 東京イセアクリニックの調べによると、「タトゥーが入っている人は恋愛対象になるか」という質問に対し、「ならない」と答えた人は74.9%にのぼっており、「自分の子どもが将来タトゥーを入れたいと言ったらどうするか」との問いには8割の人が「反対」と答えている。吉種克之総院長は「就職を控えている方は健康診断、結婚するときには相手の親族やご両親がいて、タトゥーを取ることが条件になるということはある。あとは自分の小さい子どもたちをプールに連れて行くとやっぱり分かってしまい、仲間はずれにされてしまうこともある」と語る。

 ある会社員の40代男性は「結婚して子どもができた時期からどんどん困ってきた。子どでもをプールや温泉に連れていけない。心苦しかった」と、痛みに耐えて入れてきたタトゥーを除去することを決意した。何度かに分けて行われる手術費用には200万円ほどかかるという。


■嫌がらせでイベントの中止も

 入れ墨を愛してやまない仲間と東京や大阪でイベントや交流を行っている「刺青愛好会」代表のネンピさんは、19歳の時に初めて経験して以来、ほぼ全身にタトゥーを入れている。会場の確保についてネンピさんは「自分の場合は、お店に行ってイベントやりたいというと快く受けてくれる。お店から外には出ないし、何か悪さすることもしないという約束で」と話す。

 しかし、2005年にスタートし、多くの愛好家が集ってきた国際タトゥーコンベンション「キング・オブ・タトゥー」は、会場の確保が困難になったことを理由に、去年を最後に終了してしまった。主催者のKATSUTA☆さんは「都の施設側から借りてくれと言ってきたのに、誰かが苦情というか嫌がらせをしてきたので貸したくないと言い出した。他は施設も借りられず、世の中の流れがそうなっている以上、もうやってもしょうがないなと」と諦め気味だ。

 それだけではなく、入れてから6か月間は輸血や献血ができない、タトゥーの染料に含まれている金属が反応し、火傷を起こす危険性があるため、MRI検査が受けられない場合もある。また、暴力団とつながっている可能性や、針の使い回しによる感染症の可能性から、生命保険の加入を断られるケースもある。ネンピさんも、生命保険の加入ができないままだという。

 アメリカのある調査では、アメリカ人の14%が身体のどこかにタトゥーを入れていれており、18歳〜25歳では36%、26〜40歳では40%にも上っている。一方、日本では全人口の2%にとどまっている。タトゥーが入っている人の働ける環境もアメリカと日本では異なる。アメリカの警察官は半袖から見えるところでなければOKとなっている州もあるが、日本では大阪市が全職員に刺青の有無を調査し、入っている人は人の目に触れない職場に配置したこともある。


 しかし、関東弁護士会連合会の調査では「入れ墨を入れた人から実際に暴行・脅迫・強要などの被害を受けたことがあるか」という問いに95.5%の人が「ない」と答えている。


■練習台に自分の足を…彫り師を目指す若者は

 彫り師の立場もグレーな状態だ。


 昨年9月、医師免許を持たずに客にタトゥーを施述した彫り師が、医師法違反の罪に問われた裁判では、施述するには医師免許が必要との1審判決が出た。訴えられた彫り師は控訴審を戦うため、クラウドファンディングで裁判費用を募っている。


 世間の風当たりに負けじと、彫り師を目指す若者たちもいる。2年前に現役彫り師に弟子入りした勝人さん(23)は「師匠のSNSの投稿をずっと見ていて、見るのもかっこいいが、彫るのもかっこいいなって」と話す。

 練習台には自分の足を使う。まさに身を削る修行だ。「錆びたカッターでグリグリやっているというのをよく聞く。その感覚。でも、その痛さと振動、感触も覚えていかないといけない」。ほとんどの彫り師は反社会勢力、いわゆる暴力団と接点を持つこともなければ、そのような人たちに入れ墨を入れるようなこともないという。今後についても「あまり深くは考えていない。自分の好きなことだけやれるっていうことだけでもう幸せ」と前向きだ。

 タトゥーに悪いイメージを持つ人たちがいる一方で、芸術性や幸せを感じる人もいる。ネンピさんは「タトゥーを入れることによって、タトゥーが大事だから傷つけられないということで、リストカットを克服した女の子たちもいる」と話す。


 ファッションデザイナーのハヤカワ五味は「イラストレーター志望から彫り師を目指す子もいる。もっとフラットに肌にマークが入っているぞくらいに思える日が来るといいなと思う」、AV女優の紗倉まなは「日本では隠すことが美徳とされている部分がある。これだけ色んなことが多様化しているので、もう少し許容範囲を広げてもいいのではと思う」とコメントしていた。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)


▶放送済み『AbemaPrime』は期間限定で無料配信中



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

自分の体を自分の意志で傷つけるキチ◯イ行為だからね。白い目で見られるのは当たり前。それを覚悟の上でやるなら別にいいけどね。つか、入れ墨が解禁されている外国に行けば?


こいつら「身体に墨を入れる」ことを安易に考え過ぎだろ。それが「刑罰の証」として機能してきたこの国の刑事政策上の伝統と、「無法者の証」として理解されてきた一般社会の習俗に鑑みれば、社会から白い目で見られるのは当然のこと。


日本じゃ刺青は罪人の証だったからね仕方がないね!なにがガラパゴスだよ


日本の場合 刺青施術を違法な状態で実施してるところがほとんどなので理解は進まない。理解して欲しいなら刺青施術専用の国家試験でも設立したら?


ワンピを引き合いに出す意味がわからん。なら現実世界で政府相手に殴りかかったり三刀流したりしていいんだな?


マンガと現実の区別もつかないのか…(呆れ)


タブータトゥー面白かったなあ。


日本だと普通の人は刺青してない以上


軽い気持ちでいれるならシールでいいじゃん


実際、タトゥーしてるの反社会的なチンピラがほとんどだし。タトゥーよりしてる本人に問題があるケースがほとんど


入れ墨やってる人で言動行動服装がマトモな人なんか見たことない。それに会社に入れ墨持ちが居ることが判れば(更生目的は別)顧客が離れる。


日本じゃずっと、犯罪者の烙印とイコールだったものにカッコいいというのは・・・暴走族やヤクザなんかをやたらともてはやすマンガも跡を絶たんが、あれと同じ感覚なのかもしれんな。つまりは、精神が幼稚かつ反社会的。法で禁止した上で犯罪者への彫りだけ復活させてしまうのはどうよ


よそはよそ。うちはうち


記事内の画像を見れば風当たりの厳しい理由がわかりそうですが


何でもかんでも日本に自分たちの文化を押し付けようとする欧米人は自分がされた場合を考えろと言いたい。そして日本の文化が嫌とか海外の方が素晴らしいという日本在住(日本人とは言って無い)は自分に合った母国へ帰ればいい


何でもかんでも時代遅れだのガラパゴスだの言やあ許されると思うなよ。


誰が何を言おうと生理的に無理。


別に入れるのは個人の自由だろうけど感染症の危険はあるしできないことは当たり前のものばかり。それと彫師に関しては真皮に達するものだから特殊な免許でというのはほぼ不可能だと思うよ。そも自分の意見で彫って嫌だからなくすというものに保険は適応できないし、彫りはするけどなくすのはできないなんて職業としても無責任すぎる。人はキャンバスじゃないんだよ。


入れるなら服の中とかじゃなくて顔面に入れてくれ。それ位の気合みせてくれよ


MRI検査に関しては色をつける方法と検査の方法の関係でダメだ、って話なんだから風当たりとは違う様な……




この記事へのコメント

人気記事