海上自衛隊:最新鋭イージス艦「まや」進水 8隻態勢に


 海上自衛隊の7隻目となるイージス艦(約8200トン)の進水式が30日、横浜市磯子区であり、「まや」と命名された。建造時から弾道ミサイル防衛(BMD)能力を持つ最新鋭艦で、装備などを取り付けた後の2020年3月に就役予定。21年に就役する建造中の同型艦と合わせ、海自のイージス艦は8隻態勢になる。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

命名・進水式が行われた海上自衛隊の新型イージス艦「まや」=横浜市磯子区のジャパンマリンユナイテッド横浜事業所磯子工場で2018年7月30日、本社ヘリから竹内紀臣撮影


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

「はぐろ」という予想が外れてしもうた・・・。「かが」に続き二連敗。


「みらい」はよ


空母もほとんど無いのに、イージス艦ばかりというのはおかしな話だ。 母屋が無いのにセコムに入っているようなもんだ


ニンジンスレイヤー 守るものは空母だけじゃないからね


矛のない盾だけの国防は、いずれ破綻する


列島空母化計画は整然と取り計らわれていくようであられたい... 


現状の防衛大綱を見るかぎりでは「鳳翔(ほうしょう)」の名を冠する空b…護衛艦を建造できるようになるには、もう少しだけ超えなきゃならんハードルがあるから防衛省を責めても仕方ない。いずもの空母化を契機として一歩一歩進めるしかない。


隣国は核の話ばかりで危険がいっぱい、予算増やして法律変えて欲しい


中華イージスは現状で052C×6隻+052D×13隻+055×6隻の25隻体制。さらに年内に追加で5隻が進水するよ。 そして中国は電磁カタパルト搭載の超大型空母3隻を同時に建造中。全長350m級、6隻体制。遼寧で艦載機搭乗員の訓練も同時進行。これが、ガッチリ輪形陣を組んで、太平洋を蹂躙するワケだ。原潜も核もあるし。勝ち目なさスギィ!


カーニバルダヨーカーニバルダヨーカーニバルダヨーカーニバルダヨーカーニバルダヨーカーニバルダヨーカーニバル


対空性能が高そう(提督並感)


防衛費3倍増と人員大幅増して多用途運用母艦5隻と護衛する艦も建造、F-35C・E-2D・EA-18Gも5隻分確保すべし!


こんごう流れかw金剛型4隻の麻耶w


「はる」を期待してたんだけど、、、やはりもう少し時間が必要かぁ、、、


>ヌコ大好き  いくらやりたくともグンカノアシオトガーとかいう言葉を鵜呑みにする*が多すぎてできないんだよなぁ・・・。


摩耶は重巡だったかな? 次は鳥海? 核実験で沈まなかった長門も復活させて。


かつての米国との建艦競争を、いま中国相手にするとは思いませんでしたね。そして1隻当たりの性能を言い出すのは、数の勝負に負けがみえてるからでは?  旧海軍の命題「百発百中の艦一隻は、百発一中の艦百隻に対抗し得るか?」はどうなりましたか?


高雄型重巡洋艦 摩耶


その名に恥じず、空からの攻撃に強い兵装ですね。


新しい護衛艦は「まや」ですか。声が脳内再生されますね。鳥海さん共々、艦これACに改二が早く実装されないですかね。




この記事へのコメント

人気記事