「平和主義のメッキが剥がれてきている」戦後日本が抱え続けた“平和主義と日米安保の矛盾”の歴史を解説【話者:白井聡】


 6月17日放送の『日本国防論~宮台・白井・伊勢崎・孫崎・伊藤インタビュー集~』。

 1948年に軍隊を廃止したコスタリカは、軍事予算をゼロにしたことで、教育や医療や環境に予算を充て、国民の幸福度を最大化する道を選びました。独自の安全保障体制で平和国家を構築したコスタリカに、私たちが学べることは何なのか。

 そして、「日本の国防のかたち」とは、どうあるべきなのか。政治学者であり、京都精華大学人文学部専任講師である白井聡氏へ、日本が目指すべき「国防」のかたちについてインタビューを実施しました。

コスタリカが平和国家を構築するまでの軌跡を描いたドキュメンタリー映画『コスタリカの奇跡~積極的平和国家のつくり方~』
(画像はAmazonより)

―関連記事―

「最も良い防衛手段は、その手段を持たないこと」コスタリカに習う平和国家の作り方とは【話者:伊藤千尋】

複雑怪奇なメディア戦争の恐るべき戦略――ドキュメンタリー『クリントン財団の疑惑』がヒラリーに与えた衝撃

「“平和憲法”は残してもいいと思うが戦争状態になった時の“戦争憲法”も必要」日本のこころ党員が『憲法9条と自衛隊』をテーマに議論


文学、映像、絵本……日本の文化の柱は「戦争体験の表現方法」

白井聡氏。

白井:
 非常に勉強になりましたし、やはりあれを見ると我が国の有様を振り返って非常に反省をさせられるという気がしますね。コスタリカも日本も平和国家だということを看板にしてるわけですよね。しかし、その内実が何なのかと言うと、コスタリカの平和主義には芯がある。

 それは一朝一夕にできるものではないし、長い苦難、革命がまずあり、そしてピンチもあったけれどそれを一生懸命守り抜くという形で、幾つもの山を乗り越えながら保持してきたものなのだ、と。この社会に共有されて政治的に確立された理念である、と。だからこそ強いわけですね。それに対して日本の戦後の平和主義ってどうなんだろう? と自省を迫られます。

 戦後日本の平和主義が政治的にはあやふやなものでありつつも、一応それは支えられてきたわけで、その柱が、戦争体験ということだろうと思うんですよね。戦争体験をベースにして、ある意味、戦後日本の文学であれ、映像であれ、漫画・アニメ、絵本であれ、あの経験をどう捉えるのかということが、戦後日本の文化の柱を支えてきたんですよね。しかし、その世代が今、次々と鬼籍に入って退場しつつある。

 そうなると今、日本の平和主義って何だったんだろうかってことが本当に問われてきてますね。で、実はその実質はなかった、あるいはあまりにも巨大な矛盾をはらんだものだったということが、明らかになっちゃってきてると思うんですよね。そういう意味で非常に日本の有様について反省させられる番組だったと思いますね。

コスタリカから日本が学べること

 やはり人口規模が大きく違うので前提条件が違うところがあり、また産業構造もかなり違うでしょうから、当然(コスタリカの考え方を)直輸入できるかっていうと、そうできない部分もいろいろあるとは思います。ですが、ドキュメンタリーでも強調されてた部分だと思うんですけど、どれだけ国民が理念を内面化してるかというところ、これが最も学ぶべき点じゃないかと思いますね。

 今般の日本の現状は本当に、戦後の日本人が平和主義を本当に内面化してきたの? かということが非常に鋭く問われる状況になってきてると思うんですよね。例えば、僕が出した『国体論』という本には「戦後日本の平和主義というのも結局、ある意味では誤魔化しによって始まったものだよ」と。「今、それが誤魔化せない状況になって、メッキが剥がれてきちゃってるんだよ」ということを書いてるわけなんですけどね。

 そこで問題は、どこに誤魔化しの核心があるかということなわけです。歴史的起源から言うと、平和主義の象徴であり核心をなす憲法9条は、何のために導入されたのか。それはいろんな要因があるわけなんですけど、非常に大きかったのが、いかにして天皇制を守るか、つまり国体護持を実現する手段であったわけです。そのことは即座に大変な矛盾を生むことになったんですよね。

 どうやって天皇制を維持するのかが問われる場面で、一方で(終戦時に昭和天皇は)退位すらしないわけですよね。これは諸外国から見ると、あるいはアメリカの世論からも、非常に厳しい視線があったんです。そんな中で、マッカーサーをはじめとする対日政策を直接適用する立場にあった人々は、なんとかして昭和天皇および皇室の存続を守り抜きたいと考え、日本の支配層もそれに賛同した。そのとき、要するに、「もう完全非武装の国になりますよ」というところまでやらなければ、これは世界中のみなさんが納得してくれない、ということだったわけです。

 だから、憲法9条は天皇を守り抜くために必要とされたという文脈があったわけですよね。だから、最初のコンセプトとしては、自衛権すら完全に放棄してるっていうことなんですね。吉田茂【※】が国会で当時はっきりそういう答弁をしてます。「これはひどいじゃないかと、一方的に侵略される場合にはどうするんだ?」という野党側の質問に対して、「これまで自衛権の名のもとに軍拡競争が行われ、結局のところ侵略的な戦争が行われてきたんだ」、と。

※吉田茂
東久邇宮内閣や幣原内閣で外務大臣を務めたのち、1946年に内閣総理大臣に就任。

 「だから、我が国は率先してこの自衛権を否定すると、放棄するんだっていうところにこの憲法の画期的な新しさがあるんだ」ということを吉田茂は答弁で言ってるわけなんです。だから、明らかに憲法9条の最初の考え方はそのようなものだったんです。かつ同時に、当時は国際連合によるグローバルな安全保障体制ができる、つまり各国は自発的に自衛権を放棄して主権国家間の戦争が廃絶されるだろう、という楽観的な展望が見えていた。日本はそうした流れの先駆けになりうると考えられていたわけです。

 しかし、世界の趨勢(すうせい)はそうならなかった。つまり、東西対立が厳しくなってくる。そういう中で、共産主義の脅威が日本の戦後の体制にとっての脅威だと、日米の支配層は強く感じるようになってきたわけですね。

 その脅威に対して何が必要なのか、日米安保体制が必要だって話になったわけですね。つまり、サンフランシスコ平和条約とともに占領が終わって、米軍がいなくなってしまう。となったときに、いわゆる共産主義勢力の直接的な侵略は無理にせよ、日本の左翼勢力を通じた、間接的な侵略の企みが起こることを、天皇をはじめ、保守支配層が恐れたんですね。そのための抑えとして、米軍がずっと居続けることが必要だということで、だから、サンフランシスコ講和条約とワンセットで日米安保条約が結ばれたわけです。

ここに大変な矛盾が生じるっていうことなんですよ。どういうことかというと、戦前からかなりの程度連続してるところの、保守支配層、つまりあの軍国主義の体制を担った勢力が、日本の権力の中枢に居続ける。このことが国体護持の実質的内容です。そしてそのシンボルが、昭和天皇の引き続きの在位だったと言えますけれども、そのためには一方で絶対平和主義が必要だったわけですよね。こんなに改心してますと。他方で、この体制を支えるために日米安保体制も必要となった。絶対的な平和主義と日米安保体制が相互補完的に共存する状況が生まれたわけですが、それが長い年月を経て結局どういうものになっていったのか。とにかく米軍というものは、第二次世界大戦後も常に戦争をし続けるわけですよね。冷戦体制下においても大中小の戦争をやり続けたわけですし、冷戦が終わってもやはり、様々な紛争に主体的に関与し続けるわけですね。

 まさにこのドキュメンタリーでは「(アメリカは)中米で一体何をやってきましたか?」っていう話がかなり強調されてますけど、要するに地球上のいろんなところで間断なく戦争をやっている。そして、地球の少なく見積もっても3分の1くらいのエリアのアメリカの作戦は、日本における広大な米軍基地を抜きにしては絶対にできるはずがないんですよね。



(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

コスタリカ、コスタリカとウザい。日本はコスタリカとは置かれている立場が違うんだよ!故意に「コスタリカは、侵略を受けたら国防軍を編成する。その装備は、平時は警察や国境警備隊が保有している」等を隠す奴等は4ね。「反日特亜の手先」と見做さざるを得ないな。


そのコスタリカは外敵が侵略するメリットの少ない小国ゆえに、常備軍を抱える経済的余裕もないから平時は軍を持たないってだけで、日本の安保法制反対論者たちが毛嫌いしてる非常事態での徴兵制を憲法で規定してる国なんですけどね?都合の悪い部分を隠し、あるいは目をそらして一面だけを賛美してるところが9条信者はお花畑だって言われるんだよ。


写真の面やポーズに説得力なさすぎてで狙ってんのかと思った 人を見下してまーすってな顔して面白いギャグだな こいつはメッキすらできてなくて草


このインチキ、まだやってんの?


どれだけ国民が理念を内面化してるかというところ、これが最も学ぶべき点じゃないか=洗脳が足りてないからまだ反撃できるようだ 偉大なる何某様の侵略に備えて洗脳を徹底しろ!こういう意味でしょw


コスタリカの名前は良いリトマス試験紙になってると思うよ


コスタリカは常備軍を廃止して、その権限を警察に移管しただけ、もっと簡単に言えば、警察官は、有事の際には軍人にして戦うって事。別に国防を放棄した訳でも軍備を持つ事を辞めた訳ではない。こんなもんネットでちょいと検索掛ければ判る。


コスタリカは日本以上にアメリカに国防を委託しているだけなんだが…そこから目を逸らしてる時点で「僕はお花畑です」って全力アピールしてるに等しいんだよ


安全というメッキが剥がされそうになっている原因は中国と北朝鮮でしょ。


不完全な情報を流して意見を操作するなんて古い手法だねぇ、、、


写真から意識高い系臭が半端ない


コスタリカコスタリカうるせえよなんかの呪文か?自衛隊をなくす(ノ´∀`)あー無理無理、四千年の歴史(笑)とウリナラ国家がなくならない限り無理


七魅堂隠居氏 そうだねぇ。昔なら不都合な情報を隠して「自分はこれだけのことをまなんできたんだ!」と言い張って大衆の支持を得られたんだろうけど、ネットのある現代だと色々調べられるから「私は貴方たちに無抵抗平和主義者になることおしつけます」という姿勢が丸見えだもんね。


大体において近年の中国の行動を大雑把に見ても、「日本の護衛艦にレーダー照射を行う」「領空侵犯」「潜水艦が潜航したまま日本の領海に近づく」等の海の警察の海上保安庁では対処不能な事態が複数発生しているのに、この記事でもコスタリカ関連の他の記事でもそれらに対する解決策も提示しないまま「平和が―」と叫んでるだけでなんの役にもたってない。


白井聡は朝鮮民族だな。 朝鮮人はいつも下を見る。こんな悪い奴が日本にいる。こんな*が東大に居る。後進国のコスタリカに見るべき政策はない。民主主義かも怪しい。反社会組織と政府組織は同一のコスタリカ


コスタリカの上部だけを盛んにアピールする奴らは、DQⅤの「光の教団」に見えてくる。


こんな程度の低い偏向報道すらネットがなければ一般人には看破するのは困難だったという事実


なんちゅーか、ネット環境が無かった時代の大衆煽動をまだやってんだよね。新聞とかのオールドメディアと同じで、若者から相手にされてないんだよな。


コスタリカなんて導入部分でしか話してないし、「米軍を置いておくにしても、設置当初の戦後とは状況が違うんだから、前例踏襲ではなく目的意識を持つべきだ」くらいの論調なのに上の方のコメントは何が見えているんだ・・・?数時間前までは別の記事だったのか・・・?


またコスタリカか。同じく武装せずに侵略されたチベットを挙げてから言ってねって話。ごく稀な例を挙げて真似してもそうなる保証はないんだから。最もその稀な部分も色々と無理矢理こじつけてるみたいだけどね。




この記事へのコメント