エース酷使が「高校野球のお手本」なのか 高野連会長「前時代」発言に批判殺到


1人の投手を「酷使」することが、高校野球の「お手本」なのか――。

2018年8月21日、決勝戦後のグラウンドで開かれた夏の甲子園の閉会式で、大会の審判委員長をつとめた高野連会長の八田英二氏が口にした一言が、インターネット上で物議を醸している。

「1人でマウンドを守る吉田投手を...」

この日の決勝では、大阪桐蔭(北大阪)が13-2で金足農業(秋田)を破り、史上初となる2度目の春夏連覇を果たした。金足農は、地方大会から準決勝まで1人で投げ抜いたエース・吉田輝星投手がついに崩れ、東北勢初の優勝を逃した。

こうした試合後、大会審判委員長としての「講評」のため壇上に立った八田氏の発言に、「おかしい」「それは違う」などと違和感を覚える野球ファンが続出している。

問題視されているのは、八田氏が金足農の準優勝を称える中で、

「秋田大会から1人でマウンドを守る吉田投手を、他の選手が盛り立てる姿は、目標に向かって全員が一丸となる、高校野球のお手本のようなチームでした」

と発言したことだ。

吉田投手は今大会、初戦から準決勝まで5試合連続完投。短い登板間隔のなか、決勝までに749球を投げ抜いた。だがそれだけに、元プロ野球選手やスポーツジャーナリストなど多くの識者が、吉田投手の「酷使」を不安視していた。

準決勝から中ゼロ日で行われた決勝戦では、そうした不安が的中してしまったのか、吉田投手は本来の力を発揮できなかった。甘く浮いたボールを大阪桐蔭打線に痛打され、5イニングで12失点を喫した。

実際、決勝後の吉田投手の談話を伝えたスポーツニッポン(ウェブ版)記事によれば、本人は試合後に「4回くらいから足が動かなくなった」と話したという。

「お手本じゃなくて前時代的な理想だろ」

そうした背景があるだけに、八田氏が金足農を「高校野球のお手本」と評したことをめぐって、ツイッターやネット掲示板には、

「エース1人を酷使させることをお手本のようなって表現するのは違う」
「酷使を高校野球のお手本と公に発言しちゃいかん」
「1人で投げきるのが高校野球のお手本?それは違う」
「高校野球のお手本じゃなくて前時代的な理想だろ」

といった批判的な意見が相次ぐことになった。

また、柿木蓮投手、横川凱投手、根尾昂選手の好投手3人を擁し、巧みな継投策で投手の負担を分散させた優勝校・大阪桐蔭こそ「お手本」として評価すべきと訴えるユーザーの姿も。ツイッターには、

「お手本にすべきは金足農業の『エースと心中』ではなくて大阪桐蔭や」
「お手本にしなあかんのは大阪桐蔭なんや。高野連の爺さん、わからんか。わからんわな...」

などと呆れたような反応も目立っていた。

投手の酷使を「お手本」にしてはいけない(写真はイメージ)


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

エース一人で全て投げぬくのが理想かと言えば、違うだろう。しかし、大阪桐蔭のように県外選手中心で選手層を厚くするのが理想かと言えば、それも違うだろう。ネットの反応を紹介しただけで終わってしまう、この手の記事はダメだな


あまり触れられてないけど、吉田選手以外の8人も予選からずっと出っぱなしなのよな。代打も使わなかった。凄いけど、凄いんだけど……これを理想とするのはダメだわ、完璧にブラック企業の思考。日程や酷暑対策も含めて、色々と見直すべきだわ。


じーさんばーさんが感動の涙を流したいがために犠牲になり続ける高校球児たち。


敗戦の恨みつらみが籠った*みたいなイベント。


>delweそんなことはない。選手層の厚くするのであれば県外の選手も呼び寄せるべきであり。その中でレギュラー争いをするべきだ。地元出身集めきれず、かと言って県外選手排除してギリギリの人数になりかねない事態が一番ダメ


ノゴロー君みたい


プロ野球するのには、球団と個人の契約が必要。野球とはチームプレイが物をいうスポーツ。この時点でおかしい日本の野球界。


>茶沢山 それもチョウニチ新聞の人工美談のためにな や朝*


>茶沢山 それもチョウニチ新聞の人工美談のためにな や朝*


一昔前の様に地方予選・大会全て一人で投げ切るのが当たり前の時代よりはマシだけど、監督や他の選手もピンチの時や相手が強い時はどうしてもエースにたよりたくなるわな。本当は連投とかを考えて退会のスケジュールの余裕持たせるのが良いのだろうがね。


先の大戦に翻弄された大会なのに、旧軍的な精神論・根性論思想むき出しってのがひでえ


吉田投手は投げすぎでしょう‼。彼の今後の人生を考えたら、この【負担】は良くないね‼( ・ω・)。


金ばらまいて全国レベルの中学生を引っ張ってきてオレツエーがお手本とも思えんが


甲子園の決勝までメンバー固定でやってきた今回がごく稀なケースやろ。その特別さを讃えただけで、たいして問題のある発言じゃない。揚げ足とりも大変やな


超だるい閉会式だわ


昔から甲子園で活躍した投手って、よく肩を壊すよね


精神論は嫌いなので現実論で言うならば、そもそもプロになるべき選ばれた子とそうじゃない子が混ざってるのが高校野球なので、前者が連投するのはプロになるための自己アピールの場でもあるから、外野がその場限りの感情論でとやかくいうのは無責任。


いやいや、正しいよ。「高校野球のお手本のようなチームでした(皮肉)」と。


若者を痛めつけて悦ぶ本物の老害(笑。


エースに頼りきりで、それが過労で潰れてみんな負けるところなんか。まさにそんな日本社会じゃないかと。社会のお手本(皮肉)




この記事へのコメント

人気記事