基本からわかる 憲法9条を変えなくていいシンプルな理由


憲法9条を国際法の歴史からとらえると全く別の地平が見えてくる? 高橋源一郎編著『憲法が変わるかもしれない社会』刊行を記念して、同書にも参加している憲法学者・長谷部恭男さんと憲法をめぐる対談が行われた。知っているようで知らない〈私たちの憲法学〉!

高橋 みなさん、今日は僕と長谷部恭男さんのトークショーにいらしていただいてありがとうございます。『憲法が変わるかもしれない社会』は、僕が勤めている明治学院大学の国際学部というところで、去年秋に行われた連続公開セミナーを本にしたものです。

憲法が本当に変わるかもしれない事態

 これまで改憲という話は何度もありましたが、まあオオカミ少年みたいなもので(笑)、本当に変わるかもしれない事態になったのは戦後75年で初めてではないかと思います。政府が改憲のスケジュールを出すなか、9条や安保法制をめぐってさまざまな議論がなされています。でも、僕たちが例えば「憲法9条改正に反対する」といった時、きちんとした根拠があって言っているのでしょうか? 実は、ムード的な感じで、「平和憲法がなくなると戦争になっちゃうから駄目でしょう」と言っていないかという疑問が自分自身にもありました。まずは憲法そのものを徹底的に知る努力をしようと思い、講座を開くことにしたのです。

 最初このセミナーを企画した時、「憲法なんて地味なテーマではたいして人が来ないんじゃない」と思っていたら、大学側が「いや、なんか来るような気がする」と言って明学で一番大きい定員520名の教室を用意しました。第1回の講師が長谷部先生だったんですけれども、僕、その日、戸塚駅に降り立って明学行きのバス停にいったら、大量の老人たちが並んでいたんですね。

長谷部 そうでした、ちょうどバス停でご一緒になりましたね(笑)。

高橋 「あれっ、今日、養老院の見学会でもあるのかな。この人たち、どこへ行くんだろう」と思ってたら、全員明学で降りたんです(笑)。あの時はビックリしましたね。520名入る教室は超満員で、外に100名以上あふれていて。聴衆の真剣な熱気は最後まで全く失せることがなく、結局、5回の講座でのべ3,300人以上の方が参加しました。

法とは「私の言う通りにしてください」というもの

高橋 専門家の人たちとひざを交えて話してみて、本当に何度も目からうろこが落ちました。講座の5回目に元『クローズアップ現代』の国谷裕子さんに来て頂いたのですが、国谷さんは長谷部さんのお弟子さんともいえる憲法学者・木村草太さんと本を出しています。その中で木村さんは「憲法を使いこなす」ことを提唱しています。憲法はわれわれの手の届かない高みにあるものでも、「守ってあげる」ものでもなく、「使うものだ」という視点はとくに驚きでした。

 今日は、日本を代表する憲法学者の長谷部さんに、昨年の講座とはまた違った視点からそもそも「憲法とは何なのか」について、お話を伺っていきたいと思います。

長谷部 いきなり難しいお題が来ましたね(笑)。先ほどの木村さんのお話にあった「憲法は使わなければいけないものである」、というのはその通りです。憲法に限らず、そもそも法というものは「道具」です。どういう意味かというと、本来人間はどう行動するかとかどう生きていくか――例えば昼ご飯に何を食べるか、職業として何を選ぶかなど、すべて自分で判断して、自分で行動に移すのが普通です。ところが、法というのは「自分で判断しないで、私の言うとおりにしてください」と言います。例えば道路交通法では、自動車を運転する時に道の左側を通ってくださいという。「自動車を運転する時に右を通るか、左を通るか自分で判断するのはやめてください、私の言うとおり、左を通って下さい」という。なぜなら、「私の言うとおりにしたほうが、あなたが本来すべきことをより効果的にすることができます」というのが背後にある理由です。みんなが左を通れば、事故を起こすこともなく、スムーズに安全に自動車を運行することができる。

 ところが、時に法律の言うとおりにすると、本来すべきことにならないぞ、ということがあります。例えば「市役所の周りではビラを撒くのをやめてください」という条例があるとします。市役所のようなたくさん人が集まるところで勝手にビラを撒かれたりすると街並みも汚れるし、みんな迷惑だというのが条例の言い分です。表向きはそうですが、しかし裏には別の理由があるかもしれません。市役所の前でビラを撒く人たちには現在の市の政策に含むところがあるだろうし、やめてほしいなと。建前としては「市役所の前はきれいにしなきゃ」といいつつ本当の狙いは、政策批判を抑え込むための条例になっていることはあり得るわけです。

 そういう時に、「ここは条例の言うとおりにしないで、人間本来の姿に立ち戻ったほうがいいんじゃないのか」と考えることもできるわけです。人間は本来、どう行動すべきかは自分で判断して自分で決めるものだったはず。こうした場合に憲法21条を根拠に、「私としては表現の自由を行使する。ビラを撒いてもいいはずだ」――、そういう判断もあり得ます。そういう意味で憲法は道具なんですね。

「良識」で憲法を道具として使いこなす

高橋 ありがとうございます。憲法はおおまかにいって中身が2つ、人権に関する項目と統治機構の2階建てになっています。ヨーロッパで何百年もかけてたどり着いた人権に関する事項には、今の近代的な市民的自由はみんなで認めましょうというバックグラウンドがあるんですね。長谷部さんは、憲法はもちろん条文も大事だけれども、それのバックボーンとなっている「良識」――近代市民社会に生きている人間にとって「これは当然必要だよね」というものに、何かがあったら立ち戻ればよいというお考えですよね。

長谷部 「良識」というと偉そうな感じがしますけど(笑)、そのとおりだと思います。

「憲法を使う」という観点で考える9条改正問題

高橋 ここからは「憲法を使う」という観点で、みなさんの関心の高い9条改正問題を考えたいと思います。現行は9条に、「戦力を保持しない、戦争はしない」といいつつ、自衛隊があり、防衛費は世界ランキング10位以内に入っています。これは本当に悩ましい問題で、ずっと議論を呼んできました。

長谷部 本書では意味論と語用論の話からこの問題を扱いましたが、今日はもともと9条の持っている意味というのは何だったのかというお話をしたいと思います。高橋さんが先ほどおっしゃったとおり、日本国憲法に書いてある基本権、基本的人権という概念は、それこそヨーロッパで何百年も前から醸成された考え方を受け継いでいますが、9条は違います。

高橋 ああ、確かにそうですね。

戦争に勝った国が「正しさ」だった時代

長谷部 9条は、条文を読んでも日本語としてよく分からないところがある。「国際紛争を解決する手段としては」戦争もしないし武力も行使しない、そうした目的を実現するために戦力も持たない、そういう条文になっています。実はこの「国際紛争を解決する手段」という言い方は、1928年のパリ不戦条約から来ています。ケロッグ=ブリアン協定という、フランスの外務大臣ブリアンと、アメリカの国務長官ケロッグが主導して、最終的にはその当時の世界のほとんどの国が賛成した条約です。この条約は「国際紛争解決ノ為戦争ニ訴フル」ことを禁止すると言っています。

 これはいったい何を意味しているのか? 憲法や国際法の日本の教科書を読むと、侵略戦争を放棄したと説明していることが多い。これは丸きりの間違いではないんですが、少しミスリーディングです。というのも、この不戦条約はそれまでの国際法の常識、戦争に関するものの見方を根底から覆した条約だからです。

 それまでの戦争に関するものの見方は、オランダの国際法学者グロティウスが作った「正戦論」をベースにしていました。戦争は正しい根拠がなければやってはいけないというのが正戦論ですが、グロティウスはさらに、「正しい根拠があって戦争したかどうかは勝ったかどうかで決まる」という考え方でした。

高橋 ムチャクチャですね。

長谷部 国家間の紛争には中立で公平な裁判所は存在しない、少なくともグロティウスの頃には存在しなかった。だから、代わりに、決闘するんです。シェイクスピアの『リチャード二世』の冒頭でも、ボリングブルックとモーブレイが「お前が悪い」「いやいや、悪いのはお前のほうだ」といって、どちらが正しいかを決闘で決めようとする場面があるでしょう。勝ったほうが正しくて、負けたほうは文句を言えないのが決闘。グロティウスは、要は「戦争は決闘です」と言っているわけです。国家間同士、宣戦布告をして、「私はこういう正しい請求原因を持っているから戦争するぞ」と言い合うわけですが、結局はどちらが勝つかによって、どちらが正しいか決まる。

 昔、ペリー提督がやってきて「開国しろ」と江戸幕府に武力による威嚇を行いましたが、あれは当時の国際法の観点からすると、別に違法なことではない。それから何十年かたって、今度は日本が当時の朝鮮国に対して江華島事件(1875年)をおこして無理やり日朝修好条規を結ばせたわけですが、これも当時の考え方からすれば違法ではなかったわけです。

 そうした、誰が正しいかはどちらが戦争に勝つかによって決まるという考え方自体を、パリ不戦条約はひっくり返そうとした。ほぼ同じ時期にできた国際連盟も同じ方向性を目指していましたし、その考え方を延長した先にあるのが現在の国際連合であり、日本国憲法の9条です。「国際紛争を解決する手段として、戦争や武力の行使、武力による威嚇をしない」、つまり「われわれはもう決闘をしません」と言っているんです。だから、決闘の手段としての戦力も持たないし、「交戦権はこれを認めない」というのは、要するに、戦争するための正しい請求原因などもはやあり得ないと言っている条文なんですね。

 でもパリ不戦条約自体、当時から自衛権は否定していません。ここで言う自衛権は、個別的自衛権です。集団的自衛権じゃありませんよ(笑)。自分が攻撃を受けた時に反撃するのはあり、というのが当然の常識だったわけです。ケロッグ国務長官も、アメリカ上院の審議でそう明言しています。それを前提に現在の9条を考えれば、個別的自衛権はありだという、歴代の日本政府がずっと主張してきたことは、それなりに根拠のある話です。

9条の規定も国際連合の規定も、本質的には変わらない

高橋 いやぁ勉強になるな。憲法9条もそういう歴史の過程の中で生まれてきたわけですね。他の国の憲法は戦争については規定してないわけですよね。決闘する権利を認めているからでしょうか?

長谷部 いや、国際連合の憲章自体が国家間の関係での武力の行使を一般的に禁止していますので、もうそれぞれの国の憲法で規定するまでもなく、国連憲章違反になります。

高橋 ということは、9条の規定も国際連合の規定も、本質的には変わらないと考えていいんでしょうか。

長谷部 本質は変わりません。

高橋 それはすごく面白い視点ですね。今まで9条をめぐってもめてきた、自衛隊は戦力にあたるから「持つ・持たない」、「条文を変える・変えない」と言っている議論自体が国際法の観点でみるとそもそもおかしい?

長谷部 今、私が申し上げた結論部分は、日本国憲法が公布された1946年11月3日、同じ日に内閣が刊行した『新憲法の解説』の説明と全く同じです。そこには、国連憲章の下で、自国防衛のための自衛の権利は認められているから、9条があっても心配する必要はないと書いてあるんです。

9条問題ってある意味、国防の問題です

高橋 なるほど。今、安倍内閣が、9条に第3項を付け加える形で自衛隊について明記しようとしている点について、長谷部さんはどうお考えですか?

長谷部 具体的な条文が出てきてからでないと、はっきりしたことは申し上げられないのですが、少なくとも「自衛のための実力を持つことは許されるかどうか」いう議論に関しては、すでに国連憲章で個別的自衛権と集団的自衛権は認められています。となると、フルスペックの集団的自衛権もありなのか?という解釈につながりかねない問題をはらんでいる提案です。ただそこは、具体的な条文案を見てみないと、何とも言えないところです。

高橋 憲法というものは、人間の良識をベースにしていると長谷部さんはずっとおっしゃっていますよね。つまり、どこかから侵略された時には常識的にいって反撃すればいい。これは個別的自衛権ですが、しかし同盟国が攻撃された場合にまで一緒に戦う集団的自衛権は現行の日本国憲法では想定していませんね。

長谷部 先ほどの話の続きで申しますと、いわゆる個別的自衛権はありだと思うんです。これに対して集団的自衛権というのは新しい考え方です。第2次世界大戦終結の頃、「まあ、自己防衛の自衛権だけにしておきましょうよ」というのが大半のコンセンサスだったのを、南米の一部の国が「いや、それでは心細い。一国が攻撃を受けたら他の国が攻撃された国を助けて戦うのもありにしてもらえませんか」と言い出したんです。つまり、他国を防衛する権利ですね。もともと自衛権という考え方の中に個別と集団と両方あったわけではなく、個別的自衛権こそが自衛権だというのが本来のものの考え方です。

 9条問題ってある意味、国防の問題です。国防というのは、要するに公共財としての日本を含めた周辺の国々がなるべく平和でありますように、そうなるために一番効果的な手段とは何なのか? を突き詰める作業です。どういうスタンスをとることが、確率として日本に住む人たちがなるべくひどい目に遭わずに暮らしていくことができるか、そういう計算を冷静にしてその都度判断していくしかありません。私としては、従来政府が取ってきた9条をめぐる考え方――国際法の歴史から見ても個別的自衛権がすでに認められている現状の憲法をどうしても変えなくてはいけない理由が果たしてあるのだろうか、疑問に思っています。  

#2「天皇って人権がなくてヤバくないですか?」に続く        

(高橋 源一郎,長谷部 恭男)

©平松市聖/文藝春秋


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

自衛隊だけで防衛しろ、他の国と協力するなってひどいこと言いますね


近年、あなたたちの主張に反発する層が明らかに増えている様に感じているし、主張の矛盾がますます酷くなっている。50年前の全共闘から主張に進化が見られず、非現実的な理想論に終始していないか。現状のままでは、過激な排除の対象になるのではないかと不安すら覚える。


詭弁だな、自衛隊の存在は戦力以外の言葉では説明できないのは「国際的」に見ても明らかだ、そうやって無茶苦茶な理屈で押し通してお前らは恥ずかしくないのか。


憲法にしても国自体にしても変化が無いなどと言う事は有り得ない。流れなき水は腐る。


なるほどね。外国ではよくあるグレーは白ってやつだね。でも自衛隊の存在を疎ましく思う輩がたくさんいるから自衛隊の明記は必要じゃないかな。それに、国際的に集団的自衛権が標準的に認められているんだから同じ理論で現行のままでも認められるべきでは?そもそも、お花畑どもが騒いでいることは米が吹っ掛けたならそれ自衛になってないからって理由で終わりだし。


その良識が信用できない(特に一般市民に紛れ込んでる外国人や活動家)のせいで根本のルールに明記しなきゃならんのだぞって話なんですけどね?


国連憲章を守ってない国が隣にあるんですけど


あんたらの中ではそうでも、世の中にはこれを理由に文句付けてくる人もいますからね。まずそういう人間を説得して、世界中から9条を理由に日本の軍隊に文句付ける人間を一人残らず消してから言ってくださいね。そうでないと詭弁にしかならない。もう待つことをするつもりもありませんから、早いところ行動した方がいいですよ。


どっちが良い結果に繋がるか知らんけどさ、ハンドルは法律じゃなくて人が握ってるんだよ。憲法を変えようが変えまいがその時の国のトップの舵取りの方が大事だと思うんだ。


素晴らしい考えだ。すぐに戦争を起こし虐殺を始める日本人にちょうど良い考え。やはり個人の自由を尊重すべき。個別的に自衛し他国の戦争に干渉しない。野蛮な日本には武器も持たせず何事も話し合いで解決するように教育・指導を徹底しろ。もっともアベ信者の倭猿共何を言っても無駄だろうが。


個別的自衛権については長々歴史とか話して国際的にも今のままで認められていると説明してるのに、集団的自衛権については「南米の一部の国が~」の部分からアッサリ終って、自衛権は元々個別を指すとまとめられてるけど、そこからどうなって集団的も国際的に認められて他国が隣で攻撃を受けた際に自衛隊も反撃が許さるべきか否かまでの説明をしないのは何でだ。


基本的な、日本を取り巻く状況を無視してどうする。


で、9条変えなくていいシンプルな理由ってどこ?


タイトルでシンプルと書きながらダラダラと長いですね。あと自衛隊の防衛費が世界で10位以内で悩ましいと書いてあり、その後に集団的自衛権を否定してますけど個別的自衛権で日本を他国から防衛するとしたら自衛隊の予算はもっともっと多くしないとやっていけなくなりますよ。


憲法9条を変えてほしくないシンプルな理由 沖縄と尖閣が欲しいのに防衛が厳重になると困る


結論の誘導はさておいて歴史的背景を知る読み物としては面白い記事ですね(笑。


シンプル()


>>国際法の歴史から見ても個別的自衛権がすでに認められている現状。 なら日本の憲法でもそれを認めるのは当たり前の流れでは?9条が現実に即していないのを認めながら変える必要がないというのは論理的ではない


文醜が無くなっていい理由はシンプルでいいなw


自衛権は国連憲章で認められてるから憲法で明記する必要はない?いやいや9条は普通に解釈すれば自衛隊は違憲だよね?無理やり解釈で捻じ曲げてるよね?




この記事へのコメント

人気記事