日本人が中国人を毛嫌いする理由は、中国人が粗野だからではない・・・日本人が分析=中国メディア


 日本、中国、韓国の3カ国は互いに密接に関わり合う一方、互いに複雑な感情を抱いている。複雑な関係性はさまざまな政治的問題によって浮き彫りになるが、これに伴って国民のイメージや感情も複雑化している。中国メディア・東方網は22日、「日本人が中国を嫌う本当の理由は、中国人が粗野だからではない」とする記事を掲載した。

 記事は、「多くの日本人が、中国のことを好きではない。一般的に、日本人が中国を好まない理由は、中国人は礼儀がない、人に対するリスペクトがない、大声で話す、他人に迷惑をかけるといった報道を多く見聞きしているからだと考えられている。日本人は礼儀やマナーを重んじており、そのために中国人の粗野な行為にガマンがならないというわけだ」と紹介した。

 そのうえで「大学で国際関係を学んだある日本の青年は、日本人が中国を嫌いなのは、中国人が粗野であることとは関係がないとの考えを示し、日本人が中国を嫌う本当の原因について分析した」と伝えている。

 この日本人青年の分析によると、日本人が中国を嫌うのは日本人が持っている天性の優越感だという。「自分が一番優れている」という優越感が、中国人や韓国人の前では特に顕著に現れるとのことである。

 しかし、近年中国が急速に国力を強めていることで天然資源の競争や貿易競争など日本にさまざまな影響を直接的に及ぼしており、この状況が日本人に「中国に抜かれてしまう」という焦燥感をもたらしているのだという。記事は、この青年が「日本人の中国嫌いには、恐れや焦りの要素が多分に含まれている」と論じたとしている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)
日本人が中国人を毛嫌いする理由は、中国人が粗野だからではない・・・日本人が分析=中国メディア


(出典 news.nicovideo.jp)


<このニュースへのネットの反応>

つ【鏡】


中国人は礼儀がない、人に対するリスペクトがない、大声で話す、他人に迷惑をかける、以上を総合すると「粗野である」という結論になるんだが…それ以前に毛嫌いする理由は中韓ともに嘘をでっち上げてまで日本を貶して優越感に浸ろうとしてるからだろ


上げて落とす。巧妙な日本叩きのプロパガンダですね。


粗野で礼儀もなってないから以外何もないぞ?静かにするなら犬でもできる


その「被害妄想」に虫酸が走るんじゃ、ボケ


この『日本人青年」とやらの分析がうそ臭いんだけどw本当に日本人?在日とかじゃない?


結論、日本人が中国人を嫌うのは「中国に抜かれてしまう」焦燥感ってこと?←勝手な思い込みで分析の「ぶ」の字もないんですけど


中国人を嫌いな人が多いのは大体が粗野なふるまい起因でしょ。次点で反日工作の反動的嫌悪じゃないですかね。こういう記事仕込んで日本人は高慢だ、という流れにもっていきたいんですか?


また実在するかどうかも不明な「日本人」が登場していますが、支那の人民はコレを読んで信じるの?(世論操作ちゃうの?...ああ、独裁国家だっけ忘れてたわ)


みんな一番になりたがる。アメリカ・ロシアを見ればよく分かることだ。


小並感とまでは言わないけどせいぜい中並感レベルだな。こんなので分析と言えるなら大半の人が分析家になれるぞ


天性の優越感て中華思想に凝り固まった中韓人のものだろ。やたらに日本に噛みついたりこの記事のように嘘をばら撒いて貶めたりするのも自分達よりも優遇されてる(ように見える)日本への妬みや逆恨みからだし。


自分が苦労して脱してきた過去の自分が見えるからだよ。目の前に黒歴史が出てくるから


「中国人が日本を嫌うのは中国人が持っている天性の優越感だという。「自分が一番優れている」という優越感が、日本人や韓国人の前では特に顕著に現れるとのことである。」中国と日本を入れ換えたら何故かしっくり来る


ていうか日本は古代の中国を尊敬していて文化を取り込んでたんだぞ。今の中国は他人を平気で蹴落とす醜い独裁国家だろ。誰だって嫌いになる。


さて皆さんお気づきですか? 我々はらんま2分の1や中華一番など中国文化を愛しています。この記事に虫唾が走るのは現在の中国がチベット人、ウイグル人を大虐*るような、ナチスドイツ以下のクソな国だからですね。


>「自分が一番優れている」という優越感が、中国人や韓国人の前では特に顕著に現れるとのことである。ある日本の青年とやらは中華思想という利己主義の歴史を勉強したほうがいい


品位じゃないかねぇ。敬意を抱くに値しない。中国人や朝鮮人、特に朝鮮人なんてのは卑劣極まりない。そんな奴らを好きになれる訳が無い。


単に侵略しようとしている敵国に対して敵意を持たん方がどうかしていると思うが


約束を守らないからですよ?




この記事へのコメント

人気記事